2012年02月28日

【コラム・ネタ・お知らせ 】ある出版社の売れ行きの見方と、ネット情報の見方

好きな石丸電気はゲームワン!GA文庫のサトです。今回はちょっとコラムっぽく、出版社の売れ行きの見方とか、ネット上で目にする売れ行きに関する見方の一部なんかを書いてみたいと思います。あくまで一編集者の個人的な見解で、業界の一般例でも、当社の見解を代表してる訳でもありません(よし、エクスキューズは入れたから好きに書こう)。
-

GA文庫編集部のサトです。作家さんと話していると、こんなセリフが出てくることがあります。

「いやー、新刊が売れてないみたいなんで〜」

売れ行きというのは普通、出版社側の営業から編集に、編集から作家さんにお知らせする情報というイメージでした(中には作家さんにはお知らせしないスタンスの方もいらっしゃいますが)。ですが、最近は作家さん自ら、売れ行きを知ることも多いみたいです。

「それどこ情報? どこ情報よー?」と聞いてみると、

「○mazonのランキングが〜」
「○阪屋のランキングが〜」
「○リコンのランキングが〜」
「同期の作家さんが〜」
「なんでいつも徳島店は除かれるんですか、徳島disってんの!?」
等々のご意見。

中には公式の発売日前に「ボクは、もう、ダメだー」とブルーになる症候群の作家さんも割といまして、そんな方がネットのそういう情報でさらにブルーになることもあります。編集側で、まだ売れ行きを観測できてない段階で、そんな話題になることも最近増えてきましたので、出版社では、こういうデータで見てますよ〜という一部をご紹介。


■○販POS

大手取次のPOSデータ。取次とは本の流通さんです。ここの特徴は「データ公開」扱いにすると、他社さんの搬入数、実売数、返品数なんかが取れちゃうところ。

当社は公開扱いなので、非公開のK社さん系、S社さんは見られませんが、公開扱いのM社さん、K社さん、S社さん、S社さん、H社さんなんかは見ることができます。もちろん向こうからは当社のデータが見られます。公開扱いの出版社は、互いにガラスの牌でマージャンをしているような感じなのかもしれませんね。

大手取次○販POSデータ
アニメ化以降で伸びているか等も観測可能

ライトノベルは毎月刊行、という面では月刊誌的ですが、書店さんの平台としては毎月1日、10日、15日、20日、25日、月末と各レーベルの発売日で入れ替えが発生するので、売れ行きは週刊誌的、初速勝負な面があります。そういう初速の観測として、このPOSは使用しております。

当社では全国に搬入されてから7日分と14日分のデータを観測します。搬入日は発売月によって月曜になることもあれば、金曜になることもあります。そのバラつきを7日の観測で、土日を含んで平準化するイメージです。この方法で、2006年の創刊から全アイテムを見ているので、当月の新刊同士の上下ではなく、全ての商品中で、どのくらいの売れ行きなのか、前の巻の何割が買っているかが、割とフラットに見えるのじゃないかと思います。


■大手チェーン店POS

2チェーンを有名どころでは使用していますが、そのチェーン全体の搬入数でブレるので、取次POSほどは使用していない状況です。他社さんの話では、こっち重視のとこも多いとか。前述の取次POS非公開のK社さん系、S社さんの調査に使用することがあります。

そういう情報と比較して、「ネットの情報はこう見ています」という一例までにコメントを。


■○mazonのランキングが〜

・ある程度、上位にいかないと、売れ行きの上下に一喜一憂する必要はありません。あえて決めるなら、300位以下は、ほぼ気にする必要がないです。2,000位と20,000位に、あまり差がある訳ではないかと。

・ランキングが上位になる方が嬉しいですが、全国書店の売れ行きと、ランキングの相関関係はないことも多いです。

・ネットで特に人気の作品、という傾向が最近は目立ってきました。ネット書店では、シェアが他の倍の商品とかもあります。当社の例としては「のうりん」「踊る星降るレネシクル」等。「のうりん」は、その後にネット以外の全国書店で売れ出したパターンですね。

ネットから人気が火がついた「のうりん」。 ステマじゃないですよー

■○阪屋ランキングが〜

・ネットによく貼られることがある500位まで見られるデータ。ご存じの方も多いでしょうが、その週の相対比較なので、発売月の異なる作品の順位と比べてもブレが激しいです。また発売日によって集計期間がブレる面もありますね。

・前述のPOSデータで、自社商品、他社商品を比較したところ、参考値としては「二桁順位は売れている」「100位台〜300位台は測定期間でブレる」「二週で400位以下、圏外は厳しい」くらいじゃないかと思います。これはデータが悪い訳ではなく、測定期間が「何日分なのか?」「そこに土日は含まれるのか」等でブレるという面です。

・そのため○阪屋のランキングによる売れ行きと、出版社の認識している売れ行きには差異があることがあります。作家さんは、あまりネット情報を鵜呑みにしない方が良いかもしれません。


■○リコンのランキングが〜

・上位ならばネット上でも見られるランキング。有料サービスで、さらに下の順位までも見られますね。

・集計期間の問題は、○阪屋さんと同じですが、協力店に大手さんが多いので、より全国的な売れ行きに近いですね。まぁ、それがお仕事ですから当然といえば当然ですが。

・基本は、出版社側でとった売れ行きデータと作品の上下は同じになることが多いですが、その週の売れ行きで、観測できる実売部数の下限が異なるので「○リコンに載ったけど重版してない」「○リコンに載らなかったけど重版」という事例は普通にありますね。


以上、一編集者の個人的見解でした。

人によっては「当たり前の情報」、人によっては「余計なこと言いやがって」、人によっては「お前がそう思うんならそうなんだろう、お前ん中ではな」と思われるかもしれませんね。

元々は、本に限らず、ネットに作品の売れ行きを調べることが好きな方々がいて、その人たちは一定の前提を踏まえて、話題のネタにしていたようなのですが、それがネットの様々なところに拡散して、ひとり歩きをしている印象です。その過程で、誤解を生んでることも多いので、参考までに書いてみた次第です。

作品の話題じゃないネタだったので、最後にGA文庫の新作「ブラパン!」をご紹介。

笠原曠野×Nardackが贈るGA文庫大賞《奨励賞》受賞作「ブラパン!」
恋と友情と腹パンと……熱き青春が迸るバトルコメディ堂々登場!

3月のGA文庫(……のカバー見本) 「織田信奈の野望」のアニメは今夏予定!

売れ行きもしっかり分析しつつ、今後も多くの人に楽しんで貰える作品を出していきたいと思います。押忍。

GA文庫編集サト

【バックナンバー】
獲れたて!のうりん情報! ドラマCD新キャストも!?
「GA文庫マガジン Vol.2」&GA文庫電子書籍版情報!
「這いよれ。ニャル子さん」&「織田信奈の野望」アニメ情報。
GA文庫で去年一番売れた本は一体なに?
「俺修羅」小説&コミックで、しゅららら☆キャンペーン開催。
GA文庫のキャラクターグッズ情報&アニメイトフェア
信長は女の子。?「織田信奈の野望」TVアニメ企画進行中
SAN度目の真実。「這いよれ。ニャル子さん」TVアニメ化。
GA文庫「お前のご奉仕はその程度か?」2巻&ドラマCD情報
美少女いっぱい。夢いっぱい。カントクさんポリフォニカ画集。
GA文庫「俺修羅3」発売記念、裕時悠示先生ミニインタビュー
GA文庫「のうりん」 重版&ドラマCD化決定と絶好調。
9月はGA文庫新人賞受賞作が目白押し&新人フェア。
あなたの家に"等身大"サブリナをお届け。もちろん宅配便で。
GA文庫「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」の舞台裏

この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51325047