2012年03月08日

トリアージX 4巻 「おっぱい好きな人 充実したお風呂シーン有り」

トリアージX 佐藤ショウジ氏のコミックス「トリアージX」4巻【AA】がアキバでは7日に発売になった。裏表紙は『自らの過去に決着をつける美琴の戦い。そこに正義はあるか――?』で、メロン秋葉原店のPOPは『僕達の木場先輩が大活躍 おっぱい好きな人 充実したお風呂シーン有り』になってた。
-

佐藤ショウジ氏のコミックス「トリアージX」4巻【AA】発売

メロン秋葉原店「おっぱい好きな人 充実したお風呂シーン有り」

「そもそも一人で髪も洗えねーとはへなちょこだなあ どうやって生きてきたんだ」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:描き下ろしブックカバー
メロンブックス秋葉原店

「学園黙示録HOTD」の作画もされている佐藤ショウジ氏が、ドラゴンエイジで連載されているコミックス「トリアージX」4巻【AA】がアキバでは7日に発売になった。

『トリアージX』は1巻『美女たちもオッパイ全開で大満足』、2巻『巨乳おっぱい たゆん!たゆん!』、3巻『ふぅ…今回もいいおっぱい漫画でした』な、『法の目をかいくぐり生きながらえている凶悪犯罪者たちを闇に葬り去る秘密組織・ブラックラベルに所属する高校生・三神嵐と木場美琴の選択と覚悟と闘いの記録である――!!(作品紹介)』。

今回発売になった4巻オビ謳い文句は『美琴、孤独な戦い そこに正義はあるか!? セクシー&バイオレンスアクション最新刊!』で、新刊折込チラシの担当オススメPointは『シリアス展開に突入している本巻ですが、ヒロインたちの巨乳率はもちろんMAX! 千影の××なシーンや、囚われた早紀ちゃんが大変なことになったりと、セクシーな見所も雑誌時からさらにパワーアップです!』になっていて、メロン秋葉原店では『僕達の木場先輩が大活躍 そして、犯人の正体を知ったっ美琴は… おっぱい好きな人 充実したお風呂シーン有り』POPがついてた。

自らの過去に決着をつける美琴の戦い。そこに正義はあるか――?
兄の無念を晴らすべく独断で兜組に乗り込んた美琴は、現われた連続放火殺人犯・FEVERの正体が千影だと知る。自分と同じ何かを感じた友・千影の冷酷な行為に、自らの「正義」を問われる美琴の下した決断は―!? 「トリアージX」4巻コミックス情報

なお、「トリアージX」4巻【AA】の感想には、屠られ日記!さん『シリアス最高潮の4巻だ! いやー、「トリアージX」侮っていたよ。単なるおっぱい漫画じゃなかったよ。ってかダレだよ、おっぱい漫画だなんて失礼なこというヤツは!(お前だ)3〜4巻にかけて美琴の過去を清算する物語になっていましたが、ここまで重たいものになるとは思いませんでしたね』などなど。あと、巻末には設定資料・解説キャラクター紹介も載ってる。

「トリアージX」4巻コミックス情報

「兄さん…必ずケリはつける」
「貴…様…ッ 卑怯だ…ぞ」
「今の私には
先生しかいない!」
「もちろん正義のためさ」
「千影は壊れてしまった。何度も抱いてやったのにな…」
「お前はッ ブラックだ」


【関連記事】
佐藤ショウジ/トリアージX 3巻「ふぅ…今回もいいおっぱい漫画でした」
佐藤ショウジ/トリアージX2巻 「巨乳おっぱい たゆん!たゆん!」
佐藤ショウジ/トリアージX1巻 「美女たちもオッパイ全開で大満足」

学園黙示録HOTD7巻BD付限定版 「おっぱいが揺れまくる!おっぱい乱舞!」
トリプルファイヤー2巻完結 「美女・メカ・冒険・バトル、オトコノコの夢、満載!」
学園黙示録HOTDフルカラー版 3巻と4巻発売 おっぱいも裸もカラー
「学園黙示録HOTD FULL COLOR EDITION 」 おっぱいも大判カラー
「乳首が大きい巨乳ビッチ」が、店内視姦され中
「学園黙示録HOTDシークレットボックス」 おっぱいトリプルセット発売
学園黙示録HOTDカラー冊子 「GALLERY OF THE DEAD」 おっぱい!おっぱい!
学園黙示録「HOTD=本当のおっぱいはとてもデカい」
「学園黙示録 HOTD」 原作コミックスがとら・メロンでほぼ完売
佐藤ショウジ/トリプルファイヤー1巻  「闘争×誘惑×冒険!」 巨乳美女も

【関連リンク】
富士見書房 / ドラゴンエイジ
「トリアージX」4巻コミックス情報
「トリアージX」特設ページ
佐藤ショウジ氏のホームページ「S.S.S.S.」
佐藤ショウジ - Wikipedia
トリアージX - Wikipedia
とらのあな通販「トリアージX」4巻
COMIC ZINインフォメーション「トリアージX」4巻

売れ筋は、やはり[トリアージX 第4巻]ですかね。相変わらずエロイです(笑)
侮っていたよ。単なるおっぱい漫画じゃなかったよ


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit