2012年04月02日

第2期アニメ化決定記念! 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」インタビュー

第2期アニメ化決定記念「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」インタビュー アニメ コンテンツ エキスポ 2012のイベントステージで、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の第2期アニメの製作がサプライズとして発表された『俺の妹』。最新情報と言えばアキバBlogということで、伏見つかさ先生、三木一馬副編集長と、アニプレックスの柏田真一郎プロデューサー、宣伝担当の高橋ゆま氏に、第2期についてアレコレを訊いてみた。
-




■『俺の妹』アニメ第2期が決定!

―――興奮冷めやらぬ昨日の『俺の妹』第2期TVアニメ化決定の発表でしたが、イベント会場はいかがでしたか?

三木一馬(アスキー・メディアワークス 電撃文庫副編集長。以下、三木):大成功でしたね!

高橋ゆま(アニプレックス「俺の妹」宣伝担当、以下高橋):ありがとうございます! ACE2012で「『俺の妹』のイベント」って言っちゃうと「第2期かな」とわかってしまうので、一昨年の『俺妹フェス』でやった「ゆーいちのまんま」というトークコーナーと絡めて、「これ『俺の妹』なのかな? 違うのかな?」と思っていただきながら、花澤香菜さん・竹達彩奈さんのCDデビュー記念イベントを楽しんでいただき、最後に「ドン!」と盛り上がる計画でございまして。

そうやって完璧な計画を立ててタイトルも決めたら、ACEのイベント応募サイトに、『俺妹』って書かれてて……。



(一同笑い)

高橋:夜中に三木さんから「ゆまさん何か出てますよー。プププw」みたいなメールが届いて。

伏見つかさ(以下、伏見):あれって、あえて情報を漏えいさせるという、ゆまさんの作戦なのかなって思っていたんですけど。

高橋:何が作戦で何が真実なのか……策に溺れました(笑)。「『俺の妹』なのかな?」っていう疑問符を植えつけようとしたんですけど、普通に直球を投げてしまい、三木さんに夜中の3時くらいにお電話をして謝って……。でもおかげさまでイベントを通して、お客さんに直接第一報を届けられて、次の一歩を踏み出せたのが嬉しいです。

三木:このあたりが「宣伝をコンテンツに」というスローガンを掲げているゆまってぃの強みと弱みですよ(笑)!

―――千葉市の市長さんからVTRでコメントもいただきましたよね。

三木:以前お伺いしたときに、アニメの第一話を観ていただいてたらしく、それを知っていましたので、ダメもとでご相談したら……「いいですよ」と快諾いただきました!

伏見第一話って、一番危険じゃないですか!

(一同笑い)

三木:実は以前もイベント(電撃文庫 秋の祭典2011)には、お手紙でコメントを頂いていたのですが、今回はビデオレターとなりました! 会場である幕張メッセは、"千葉市"にあるんですよ! それをアピールしてもらおうと思いまして……!

伏見:他にも千葉市では、千葉モノレールと「俺の妹」のコラボ記念切符を作ろう! という企画をやっていただきまして、大好評だったそうです。双方に良い結果が出るのは嬉しいですね。

高橋:こういうことも含めてお客さんに楽しんでいただけたらハッピーですね。

■第2期のスタッフ陣は!? 気になる所をプロデューサーに訊いてみた

――――と言うことで、ここでこの方が初登場です!

柏田真一郎(アニプレックス・『俺の妹』担当プロデューサー。以下、柏田):第2期に向けてちゃくちゃくと準備を進めている仮プロデューサーです。

―――ファンとして凄く気になるのが、シリーズ構成の倉田英之先生、キャラクターデザインのかんざきひろ先生は今回も参加されるのか、放映時期はいつ頃なのかと言うところなんですが。

三木:肝心なクリエイターの皆さんは、今招集をかけています! ということだけお伝えしておきましょう! あの、『主人公のピンチにみんなが虫の知らせではせ参じる』みたいな……!

伏見:ピンチじゃないですよ(笑)!

柏田:放映時期については、まだ発表したばかりですので言えないんですが……「気長にお待ちください」とだけ。

――ストーリーとしては、どうなりますか?

三木:当然、前回のつづきとなりますが、第一期は一区切りしたところで幕引きでしたので、第二期も良いかたちでスタートが切れそうです。

伏見:まだ言えないことばかりなのですが、第二期から「俺の妹」を知った方が入りやすいようにはしたいですね。

三木:今進めていて唯一気になるのは……第一期『俺の妹』名物であった、「言えないくらいの大問題がまだ起きてない」というところくらいでしょうか……。

柏田:それはいいことじゃないですか(笑)!

伏見:脚本会議をやっていて感じるのは、今回も頼りになるプロデューサーで良かったなあということです。「大丈夫です。どうとでもなります」というのが、脚本会議における柏田さんの口癖なんですよ(笑)

柏田:だって、何かあった時に頭を丸めればいいのは私と三木さんだけですからね(笑)。

伏見:「こういう企画はどうでしょう?」って冗談半分で言うと、たいていの場合「ああ、できますよ」っておっしゃるので、毎回驚いてしまいます。

柏田:いやいやいや! 伏見先生は「ガ○○○出してくれ」とか言うんですよ。それは勘弁して下さいって。世の中には不可能もあります(笑)。

―――(笑)。そんな柏田さんが第1期で好きなシーンはありますか?

柏田:やっぱり3話ですかね。ラストで一段落ついて、オープニングが流れてっていう。そこから最終話に向けてコンスタントに良い話がありますが、原作を追っていくだけでも、動かしたら面白いだろうなっていうエピソードばかりなので、逆に言うと第1期以上に面白くしようという心意気で作っています。

―――アニメでファン層が広がったという感覚を、原作読者として感じます。

三木:ファンレターの数が100倍になって、女の子のファンが増えました。『私も同じです、桐乃の気持ちがわかります』と共感を覚えていただけたみたいです。本当に感謝です。

伏見:中学生でオタクな女の子から『あんなお兄ちゃんが欲しいです』ってお便りをいただくことも多いですね。

―――中学生と言えば、『俺の妹』のオープニング曲『irony』で中学生にして歌手デビューをされたClariSさんのお二人のファーストアルバムが今月発売されます。

ClariSファーストアルバム「BIRTHDAY」

高橋:はい、「BIRTHDAY」というファーストアルバムが4月11日に発売します。『irony』もそうですし、『魔法少女まどかマギカ』の『コネクト』や『偽物語』の『ナイショの話』も含めて。これもすべて『俺の妹』から始まったわけですからね。

三木:僕らが知ってるClariSさんは新人さんだったんですけど、今や大アーティストですよ! 本当にどれも良い曲ですからね、まぁ僕らは踏み台……。

―――いえいえ! むしろファンの方たちと一緒に、「俺たちが育てた!」と宣言したいところです。

高橋:そうですよ、三木さんのドヤ顔と共に!(笑)

三木:それ、100%僕がDisられる流れじゃないですか(汗)!

――ほか、アニメ第二期になってパワーアップするところなどございましたら教えてください。

高橋:パワーアップ……ハードル上げるなぁ……。次回予告部分でじゃんけんをして、第三勢力として名乗り出るとか……。

三木:ゆまってぃ、『あれ』行きましょう。

高橋:え、でも『あれ』まだ決まってないすよ(汗)。

三木:大丈夫、上の許可はあとから取ればいいんですよ(キリッ)。

高橋:よくねえよ(笑)! えっとじゃあ触りだけ……。今回、アニメ第一期と違うところと言えば、先ほど言及したから、というわけではないですが、「"宣伝"も『俺の妹コンテンツ』の一つである」をコンセプトに、様々な、皆様に楽しんでもらえるような施策を考えています。

三木:いまもタレント化企画として、桐乃さんと黒猫さんにはいろいろ各社さんの商品ピーアールのタレント活動をしてもらっていますが、これがさらにバージョンアップしたプロジェクトがありますので、皆様、アニメ第二期が始まるその前から、期待して待っていてくださいませ!

高橋:ちなみに、そのリンク先にある「千葉マツダ」さんの広告モデルを桐乃さんと黒猫さんが担当したとき、本当にそれがきっかけで車(デミオ)が一台売れました!

■PSP『俺の妹P 続』発売延期の真相は……!?

―――「俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない」、遊ぼうと思っていたら延期されました……。

二見鷹介(バンダイナムコゲームス『俺の妹P続』プロデューサー、以下二見):申し訳ありません!! もともと1.5倍のアッパー版くらいの気持ちで作っていて、当初考えていたのが追加CGで50枚、差分も含めて70枚くらいだったんですが、差分を含めて250枚とか……もう『2ですかコレは?』っていう規模になってしまい、気づいたら3月でした。伏見先生や三木さんと打ち合わせをしている中で、どんどんアイディアが増えていったんですよ。僕も楽しくなっちゃって、そしたら「あれ? 間に合わない……」って。

三木:子供かw

二見:「やれたら楽しいけど、やらなくてもいいです」という暖かいお言葉を頂いてたんですけど、完全にやったのは僕のせいです。

伏見:延期は残念でしたが、秋葉原で行われた「ゲームの電撃 感謝祭2012」や、バンダイナムコライブTVの番組に出演させていただいて、大変盛り上がりました。

三木:謝罪会見でプロデューサー自ら土下座するという! あれは圧巻でしたね。土下座というのは、こんなにも美しい……。

二見:癖にならないように頑張ります(汗)。

伏見:でも本当に二見さんのこだわりは凄くて、原作サイドからA案とB案を出すと、二見さんは更にパワーアップさせたC案を作ってしまうんです。

一同笑い

二見:例えば他のキャラクターが話してる所の背景に桐乃と黒猫がいるんですが、PSPの解像度だと、ほとんどわからないんですよ。よく見ると、あ、いた。みたいなレベルで(笑) それと、今回は前作も入っているんですが、『俺の妹ポータブル』1作目のセーブデータを持っているとおまけシナリオなどが入っていて良いことが起きます。ですが1作目を買ってなくても、頑張れば全部見れるようにはなっています。この情報は、ここが初出だと思います。 もうひとつ、スマートフォンの「俺の妹がこんなに可愛いわけがない iP」に新垣あやせが追加されます。衣装がタナトス仕様になっているオリジナルです!

■今話題の「桐乃?さん」って一体何者? 

二見:すみません、ちょっといいですか。最近ちょっと話題の桐乃?さんなんですが。

桐乃?さん

―――これはつまり……パチもんですか?

二見:パチもんじゃないですよ! 宣伝隊長です。実は桐乃?さんの実写PVを撮りに千葉まで行ってきて、ブロマイドもちゃんとフォトスタジオで撮りました。

―――かなり本格的なモデルですね。でも中に入ってるのはオッサンですか?

二見:何言ってるんですか……桐乃?さんです。

三木:やっぱりスカートめくったらぶち切れるんですかね?

二見:やめてくださいよ、女の子なんですから! 店舗さんなどで出張を希望したい方がいらっしゃいましたら、ぜひ募集しています。2ショットも撮れますよ!

三木:二見さんがすごいプッシュしてくるんですよ、いくらでも呼んでもらえれば行きます!って。

柏田:生き生きしてますよね(笑)。

二見:ほんと、みんな魅力がわかってないと思うんですよ。気持ち悪いと思っているんでしょうけど、動くとめちゃくちゃ可愛いんです。よく、2回目に会うと可愛いと言っていただけてます。

三木:気持ち悪いとは思いませんけど、なんというか、「イラ可愛い」というか……。

二見:なぜ!?

三木:写真をみると、すごく媚びてるじゃないですか、ポージングとか……。

二見:桐乃?さんはユーザーフレンドリーなんです。すでに店舗さんから問い合わせが来ていますので、4月の中旬以降だと思うんですけど、新しい写真と共に店舗さんで会えると思います。

三木:どこで会えるのかは、桐乃と黒猫のTwitterをチェックしてると情報が流れるかもしれません。

―――店舗では、『魔法少女まどかマギカポータブル』とのコラボもあるんですよね?

二見:はい。3月15日に発売した「魔法少女まどかマギカ ポータブル」と当初は発売日が近く、売り場用に共同のポップを作って、桐乃とまどかの二人が並び立つポスターやPVも作らせていただきました。すべてやらせていただいたんですが……ごめんなさい。

―――二見さんのソウルジェムが濁る! こちらもお店で見かけたらチェックして下さいと言うことで。話をアニメに戻しますが、伏見先生と三木さんからアニメの第2期についてコメントをいただいてインタビュー前半を締めましょう。

伏見:もう一回動くということで凄く嬉しいですね。周りがみなさん頼りになる方々ばかりなので安心してます。今回もガッツリ関わらせて頂く予定なので、ファンの皆さんも期待して欲しいです。

三木:その通りですね!

伏見:今は第2期の特典をどうしようか考えているところなので、これを読んでいる皆さん、今回のプレゼント応募のコメントか、桐乃と黒猫のTwitterに意見や要望を書いていただければ、もしかしたら今なら叶うかもしれません。本気で検討しますので。

三木:ユーザーさんが「続きを楽しみにしてくれて、求められている」という『好意』の、その最たる結果としてこのプロジェクトが進んでいます。本当に皆様ありがとうございます。皆様のご意見はやり甲斐に繋がりますし、作品の送り手として、もっとも嬉しいことです。第1期同様に、全員が良かったねと思ってもらえるように頑張りたいです。

――それは最高の考え方ですね。

三木:話をまとめますね。というわけで、今回のTVアニメ第二期、そのキーワードは「TVアニメ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』第二期の桐乃がこんなに可愛いわけがないと思われるくらい頑張ると俺たちが約束したな? あれは嘘だ。――いいやッ!! 嘘じゃない!! 頑張るねッ!!」で行きます!!!

――長いし意味不明です。……ところで、アニメ第二期はタイトルどうなりますか?

(急に一同シーンとなる)

伏見:…………(柏田氏を見る)。

柏田:…………(高橋氏を見る)。

高橋:…………(三木氏を見る)。

三木:………………考えて……ない、ですね。

――え? 決まってないじゃなくて、考えてないんですか!?

三木:こ、これを機にアニメ第二期のタイトルを募集してもいいですか? 正直思いつかないんですよ、僕たちじゃ……。皆様のアイディアを、お待ちしています……!

高橋:勝手に募集しちゃダメでしょ(笑)。ただ、それもみんなで楽しむ『俺の妹』らしさではあると思うので、下記にあるグッズプレゼントに送っていただくとき、合わせてタイトルも募集させてください。良いものいただきましたら、本当に採用しますので!

インタビュー後半へ続く

取材・文:かーず(かーずSP)、平和(平和の温故知新@はてな)、ノトフ(ノトフのブログZ

ここで『俺の妹』新刊発売記念
伏見つかさ先生サイン入りグッズプレゼント
■受付メールアドレス:oreimo2@gmail.com
■受付期間:2012年4月2日(月)〜2012年4月20日(金)
■ハンドル/ペンネーム (本名ではなく)
■メール件名に必ず「俺の妹サイン入りグッズ希望」とお書きください
■アニメ&原作の「俺の妹」に期待することがあれば教えてください
■TVアニメ第二期のタイトル案があればお書きください
■ほか、伏見つかさ先生、かんざきひろ先生への応援メッセージがあればお書きください
・当選者への当選お知らせメール 9月末頃予定
・申込は1人1件まで。複数申込は無効。申込多数の場合抽選となります
・当選発表は、当選者への当選お知らせメールをもってかえさせていただきます
・当選お知らせメールの際、お届け先とお名前をご返信ください

【関連記事】
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」9巻発売記念 伏見つかさ先生インタビュー 前編 / 後編
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 9巻 「桐乃・京介以外の面々による特別編!」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(8) 「高坂京介、貴様付きあっているな!」
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」8巻発売記念 伏見つかさ先生インタビュー 前編 / 後編
アキバBlogが登場する「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」BD1巻発売
「原作俺妹 売れすぎワロタw」 アキバだとゲマは完売してる
俺の妹がこんなに可愛いわけがない7巻 「シリーズ最大級の山場到来!?」
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」7巻発売記念 伏見つかさ先生インタビュー
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」アニメ放映インタビュー
禁書目録II vs 俺の妹! 日経新聞の広告コラボ、その舞台裏に迫る
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 アニメ化記念インタビュー
俺の妹(6)発売記念 伏見つかさインタビュー
アニメ化決定「俺の妹」6巻発売 平積み45面展開
俺の妹(5)発売記念 伏見つかさインタビュー<前編> / <後編>
海外留学した桐乃はどーなるのか 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」5巻 発売
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(4)発売記念 伏見つかさインタビュー <前編> / <後編>
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(4) 「色んな意味でクライマックス」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(3) 発売記念イ ンタ ビュー -前編- -後編-
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(2) 発売記念イ ンタ ビュー -前編- -後編-
重版再入荷 初版よりもタクサン → また売り切れ
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 売り切れてる
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 かーずSP・ アキバBlogが名指しで登場

【関連リンク】
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 公式サイト
俺の妹がこんなに可愛いわけがない - Wikipedia
伏見つかさ氏のブログ 「LUNAR LIGHT BLOG」
かんざきひろ氏のブログ 「tabgraphics_blog」

アスキー・メディアワークス / 電撃文庫
アニプレックス / 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」アニメ公式サイト
バンダイナムコゲームス / 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない」公式サイト
ClariSオフィシャルサイト

この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51327343