2012年03月24日

コミック版 変態王子と笑わない猫(2) 「デレた後の威力は何この反則技」

変態王子と笑わない猫さがら総氏の同名のライトノベルを、お米軒氏がコミカライズされたコミック版「変態王子と笑わない猫。」2巻【AA】が23日に発売になった。裏表紙は『建前だらけの学年トップの美人・小豆梓を見つけた陽人は、梓にデートの約束を取り付けるが...?』になっていて、謎鳥さんの感想は『本音が垣間見えてデレた後の威力は何この反則技』。
-

お米軒氏のコミック版「変態王子と笑わない猫。」2巻【AA】発売
「”私、小豆梓は結婚します!”――って、うにゃあああああ!?」

「こんなデート 楽しみでもなんでもなかったもの」

「二人きりで!お お お弁当も二人分しか作ってないんだから他の人は邪魔なの!」
ゲーマーズ本店
特典:ブックカバー
メロンブックス秋葉原店
特典:イラストカード
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード

さがら総氏の同名のライトノベルをお米軒氏がコミカライズされた、コミック版「変態王子と笑わない猫。」2巻【AA】が23日に発売になった。

折込チラシでは「変態はド変態の夢を見る」を謳い、オビは『横寺陽人との初デートに出かけたはずの梓がまさかの結婚エピソードに突入――?”私、小豆梓は結婚します!”――って、うにゃあああああ!?』で、裏表紙によると『建前だらけの学年トップの美人・小豆梓を見つけた陽人は、梓にデートの約束を取り付けるが...?』なお話みたい。

謎鳥さんの感想
には『真理に深く追求したストーリーを彩るヒロインの神々しさ。本作を知った当初は月子かわえぇ!の一言に尽きたのですが、今回読んでみたら梓も可愛くてたまらない。初登場のときはツンケンしてるキャラと思ってたらとんでもない。本音が垣間見えてデレた後の威力は何この反則技』などなど。

なお、コミック版「変態王子と笑わない猫。」2巻【AA】の感想には、徒然なる一日さん『第1巻同様に画の可愛さは文句なしですし、ストーリーもとても読みやすかった。本音と建前、陽人と梓・・・この2人のやや一方通行的なやり取り、そして双方向になっていく過程は、ツッコミどころも満載でしたが、締めはとても綺麗に纏められていました』、斉藤むむむさん『原作の文章とノリを上手くマンガに落とし込んでてテンポがいいのう』、、naisさん『今巻も原作に勝るとも劣らない良い作品となっておりとても楽しめました。このコミカライズは原作を知らない人でも十分に楽しめる内容となっていると思います』などがある。

「変態王子と笑わない猫。」2巻コミックス情報(試し読みあり)

「うにゃあああああ――!?」
「発情期――!!しんじゃえバカヘンタイ――!!」
「あなたに発言権は
ないわよ!!」
「そうすることでしか前に進めないのです」
「でも わたしはしゃべります」
「とってもうれしい」



【関連記事】
コミック版 変態王子と笑わない猫。1巻 「主人公の変態さにワロタwww」

変態王子と笑わない猫。5巻 「変態王子……ついに時を超える!!!!」
変態王子と笑わない猫。4巻 「女の子の魅力まんさい!」短編集
「変態王子と笑わない猫」3巻 さがら総先生・カントク先生インタビュー 前編 / 後編
爽やか系変態ラブコメ 変態王子と笑わない猫3巻 「今度は妹王座決定戦だ!」
変態王子と笑わない猫2巻 「1巻バカ売れ。これが噂の爽やか系変態ラブコメ!」
「爽やか系変態ラブコメ」 変態王子と笑わない猫

【関連リンク】
メディアファクトリー / 月刊コミックアライブ
「変態王子と笑わない猫。」2巻コミックス情報(試し読みあり)
コミックアライブ編集部 ブログ
特典情報まとめ&27日発売アライブでも表紙で登場!
お米軒氏のブログ
「変態王子と笑わない猫。」公式サイト
変態王子と笑わない猫。 - Wikipedia

MF文庫J
原作ラノベ「変態王子と笑わない猫。」1巻書籍情報
原作著者:さがら総氏のTwitter
原作イラスト:カントク氏のホームページ「5年目の放課後」 / pixiv
さがら総 - Wikipedia
カントク - Wikipedia

【感想リンク】
小豆梓の心を理解し紐解くための小豆梓のターン!
変態王子と笑わない猫。の第2巻です!!
いやいや、梓かわいすぎでしょう!!
本音が垣間見えてデレた後の威力は何この反則技
第1巻同様に画の可愛さは文句なしですし、ストーリーもとても読みやすかった
原作の文章とノリを上手くマンガに落とし込んでてテンポがいいのう
鋼鉄の王怖ぇぇぇぇえええ!! 漫画版の鋼鉄の王は、迫力が桁違いすぎるよ・・・
このコミカライズは原作を知らない人でも十分に楽しめる内容となっていると思います
こまめちゃんかわいすぎじゃーんであります
ラストのインパクトが強すぎ
最後のアレだけでもお金を出す価値がある
変態王子と笑わない猫。2 感想 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit