2012年03月24日

黒咲練導/放課後プレイR 「ちょいヤン入ってる美少女がTRPGとか…(ガタッ」

黒咲練導氏のコミックス「放課後プレイR」【AA】が23日に発売になった。電撃PlayStationによると『今までのシリーズと少し変わっていて"本格的ゲーム4コマ"。おなじみの面々がTRPGに興じて…?』で、メロン秋葉原店のPOPは『ちょいヤン入ってる美少女がTRPGとか…(ガタッ」』になってた、テーブルトークRPGリプレイ4コマ。
-

黒咲練導氏のコミックス「放課後プレイR」【AA】発売
「放課後プレイ初の"本格的"ゲーム4コマ堂々完成!」

テーブルトークRPG ゲーム機などのコンピュータを使わずに、紙や鉛筆、サイコロなどの道具を用いて、人間同士の会話で遊ぶ“対話型”のロールプレイングゲーム

「今回あなた達にお願いするのは
廃棄された地下下水道の浄化制圧任務になります」

戦闘中。サイコロを振って命中判定
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原店
特典:描き下ろしイラストカード
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード

黒咲練導氏が電撃PlayStationの付録漫画冊子『電撃4コマ』に連載されてた4コマ漫画「放課後プレイR」【AA】が23日に発売になった。

黒咲練導氏は、最初のコミックス「放課後プレイ」発売時には 「その辺のエロマンガよりエロい」と人気になり、アキバのお店では一日で「200冊以上が完売」「重版再入荷」「壊滅間近」という売れ行きで、「なんという癖になる痛甘さ…」な2冊目「放課後プレイ2」と、「エロすぎてちんこたった!」な「放課後プレイ3」も出ている。

今回発売の『放課後プレイR』は、電撃オンラインによると『内容は今までのシリーズと少し変わっていて、上のキャッチフレーズにもあるとおり"本格的ゲーム4コマ"。おなじみの面々がテーブルトークRPGに興じて……?』で、放課後プレイ1〜3に登場したキャラクター達がテーブルトークRPGをやってる、テーブルトークRPGリプレイ4コマ。オビでは『放課後プレイ初の「本格的ゲーム4コマ」堂々完成!』を謳い、メロン秋葉原店のPOPは『中ニ病担当「ちょいヤン入ってる美少女がTRPGとか…(ガタッ」 他担当「分かったから仕事しろ」』になってた。

ゲームとオタトークが巻き起こす恋愛戦争☆人気作家・黒崎練導先生最新刊!シリーズ初の本格的ゲーム4コマとなる、ファン待望の『放課後プレイR』がついに単行本化!彼女さんや彼氏さんを筆頭としたお馴染みの面々が、テーブルトークRPGに興じて行く事に☆ライト&ディープなオタクネタを交ぜて、頬が緩みっぱなしの甘い展開を繰り広げちゃいます!マニアックな微エロとゲームを織り交ぜた、純愛4コママンガの最高峰を是非お楽しみ下さい♪ メロン通販「放課後プレイR」

なお、「放課後プレイR」【AA】について、本屋さん戒厳令さん『何が驚いたって、まさかのTRPGネタですよ奥さん!!いやもうビックリだ。なぜに4冊目にして、いきなりTRPG?!』と紹介し、東雲あずみさんの感想は『放課後プレイ1〜3の面々が集まって自作TRPGに興じるお話。あるある感あったり、毎度のエロティック感があったりと楽しい1冊でした』とのこと。

「好きな武器を選んで購入してちょうだい」
プレイヤーキャラクター一覧
「このクリーチャーのエサ場に侵入してしまったようです」
「このクリーチャーのエサ場に侵入してしまったようです」
「あっ…は」
「βは死亡しました」

【関連記事】
C- 黒咲練導作品集 「フェチズムとエロチシズム、人間の黒くてどろっとした話」
「放課後プレイ3がエロすぎてちんこたった!」
放課後プレイ2 「なんという癖になる痛甘さ…。エロ可愛過ぎる先輩」
ワンフェス2009[夏] 放課後プレイ「彼女さん」のフィギュア
重版分も壊滅間近 もう無いかも
黒咲練導 エロすぎる「放課後プレイ」 重版再入荷
「放課後プレイ」バカ売れ 200冊以上が1日で完売
アキバ瞬殺のエロすぎる 「放課後プレイ」 再入荷
「放課後プレイ」 コミックスも同人誌も壊滅 アキバ店員の予想を超える売れ行き
黒咲練導:放課後プレイ 「その辺のエロマンガよりエロい」

【関連リンク】
アスキー・メディアワークス
電撃PlayStation ONLINE
シリーズ最新作! 黒咲練導先生の『放課後プレイR』単行本化決定!
黒咲練導氏のpixiv
黒咲練導 - Wikipedia
放課後プレイ - Wikipedia
放課後プレイとは- ニコニコ大百科
TRPGってなに?
テーブルトークRPG - Wikipedia
TRPGとは - ニコニコ大百科

放課後プレイ初の「本格的」ゲーム4コマ同道完成! 「放課後プレイR」発売
まさかのTRPGネタですよ奥さん!!
あるある感あったり、毎度のエロティック感があったりと楽しい1冊でした



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51329465