2012年03月30日

マフィアの世界 完全バイブル 「こちらはロアナプラの観光パンフレットになります」

マフィアの世界 完全バイブル「マフィアの世界 完全バイブル」【AA】がメロン秋葉原店に29日に入荷した。「マフィア」「「コルス」「ギャング」「暴力団」「洪門」「青幇」「麻薬カルテル」など解説をした本で、表紙には『中二病必携!クリエイターがゲーム・シナリオ・小説のために知っておきたい基礎知識』、メロンのPOPは『こちらはロアナプラの観光パンフレットになります』だった。
-

マフィア解説本「マフィアの世界 完全バイブル」【AA】発売
「こちらはロアナプラの観光パンフレットになります」

ロシアンマフィア
「現在では、ロシアの経済の三分の二が裏社会に牛耳られている」

ユニオン・コルス
「ユニオン・コルスは、コルシカ島出身者たちによる結社だ」

マフィア解説本「マフィアの世界 完全バイブル」【AA】が、メロン秋葉原店に29日に入荷した(発売日は31日)。

表紙・裏表紙イラストは「ブラック・ラグーン」で知られる広江礼威氏で、メロン秋葉原店にはブラックラグーンに登場する都市をネタにした 『こちらの本はロアナプラの観光パンフレットになります』POPが付いてた。

「シチリア・マフィア」、「ロシアン・マフィア」、「コルス」、「モーターサイクル・ギャング」、「広域暴力団」、「洪門」、「青幇」、「中南米麻薬カルテル」、「ユーロ・マフィア」、「ストリート・ギャング」、「ヌドランゲタ」、「サクラ・コロナ・ウニータ」、「カモッラ」について、組織の歴史事件など、組織図や写真・イラスト入りでその組織について を多いものでは20ページにわたって解説し、書籍情報によると『コミック・映画・小説・ゲームに登場するマフィアの組織図、歴史、事件を完全解説』『世界的にも有名な組織の実態や組織の成り立ち、現状を紹介・解説』なマフィア解説本。

三輪士郎氏輝竜司氏かんたか氏颯田直斗氏環望氏松竜氏山中虎鉄氏による描きおろしイラストや、広江礼威氏のインタビューや、マフィアなどの組織が登場する映画・漫画などの紹介もあり、 表紙では『中二病必携!クリエイターがゲーム・シナリオ・小説のために知っておきたい基礎知識』、裏表紙は『アンダーグラウンドワールドを創作するヒントがこの一冊に!!』になってた。

なお、「マフィアの世界 完全バイブル」【AA】の表紙イラストなどを描かれた広江礼威氏は、自身のブログにて『表紙のデザインすごくブラクラッぽいですが(笑)表紙の女の子は僕のオリジナルではなく、小池倫太郎君が原作をやってるキャラです。松竜さんデザインなのかな?僕自身は直接漫画等には関係していませんが、見かけたら手に取ってあげてください』などを描かれている。

「マフィアの世界 完全バイブル」書籍情報

「国際化する犯罪組織」
「シチリア・マフィア」
「カルジェロ・ヴィッツィーニの葬儀は村人総出」
「アメリカ・マフィア」
「未成年だがれっきとしたギャングの正規メンバーである」
「ロシアン・マフィア」
関連年表
「広江礼威インタビュー」
「カネと暴力で全てを飲み込むのがマフィアだ」
マフィアの登場する
映画・マンガなど

【関連記事】
図解ガンファイト 「これぞ大人の中二病本!! いつロアナプラに行ってもOK」
不思議の国のアリス フルカラーイラスト集 「アリスの旅路は美麗にして激動」
ブラックラグーン ロベルタリベンジ編完結 「死へのダンスを踊り狂う一匹の獣!」
銃とミリタリーと女の子 広江礼威イラスト集発売
ブラックラグーン6巻発売 表紙は「キリング・マシーン」ロベルタ
「ツンデレ」とは無縁なブラックラグーン

【関連リンク】
笠倉出版社
「マフィアの世界 完全バイブル」書籍情報
広江礼威氏のホームページ「VIOLENT DOGS DIVISION」 / ブログ / Twitter
広江礼威 - Wikipedia

ブラックラグーン-BLACK LAGOON- オフィシャルページ
ロアナプラ | Black Lagoon Wiki
ロアナプラとは - ニコニコ大百科
ロアナプラみたいなところにいたけど質問ある?【一応閲覧注意】

マフィア - Wikipedia
ギャング - Wikipedia
暴力団 - Wikipedia
カモッラ - Wikipedia


「マフィアの世界」完全バイブル
著者:マフィア研究会
販売元:笠倉出版社
(2012-03)



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51330621