2012年04月11日

ネット炎上する悪いヤツには(物理的な)制裁を 「予告犯」1巻 ネットネタがリアルすぎる

予告犯 筒井哲也氏のコミックス「予告犯」1巻【AA】が10日に発売になった。コミックス情報では『高度に情報化された現代のテロリズムを描く、緊迫のサスペンススリラー開幕!!』を謳い、 ネット炎上する悪いヤツには(物理的な)制裁を下す「しんぶんし(新聞男)」とそれを追う警察のお話で、2ちゃんまとめブログも登場するなどネットネタがリアルすぎ。
-

筒井哲也氏のコミックス「予告犯」1巻【AA】
「インターネット社会が震撼する戦慄のテロリズム!!」

ネット動画で犯行予告 「明日の予告を教えてやる
今回のターゲットは東京の某ネットサービス企業に勤める会社員」

Webサービス会社の人事担当が32歳専門学校卒の志望者との面接をバカにしながら実況
実際に類似した事件があり、炎上してる

「32歳の男が入社面接を受けるという状況は
こいつらにとっては声に出して笑いたくなるほど滑稽な話らしい」

「こんなクズ野郎には制裁だ 俺が必ずぶちのめしてやる」
実際に類似した事件があり、炎上してる
K-BOOKS秋葉原新館
COMIC ZIN秋葉原店
ゲーマーズ本店

筒井哲也氏がジャンプ改で連載されているコミックス「予告犯」1巻【AA】が10日に発売になった。

オビ謳い文句は『インターネット社会が震撼する戦慄のテロリズム!!』、裏表紙オビ『彼の名は"シンブンシ"。その"予告"は次々現実となり、悲劇の連鎖を呼ぶ!現代社会の歪みが生み出したテロリスト、その目的と正体とは――!?』で、ネット炎上する悪いヤツには(物理的な)制裁を下す「しんぶんし(新聞男)」とそれを追う警察のお話。

作品紹介によると『集団食中毒を起こした食品会社に制裁を加える」……動画サイト「ユアチューブ」に犯罪を予告する動画が投稿された。警視庁「サイバー犯罪対策課」はその犯行予告が"ピットボーイ"というネットカフェチェーン店のいずれかの店舗から投稿されたことを突き止めるが、そのとき、予告どおり石川県の食品加工会社で火災が起きてしまうのだった。インターネットを介した恐怖のテロリズムが始まる…。マジコン厨、ネカフェ、援護リプ、OTPトークン…ネットのリアルな描写が話題を呼ぶ、新世代クライムストーリー!』というお話で、ネットネタがリアルすぎ。

『予告犯』1巻には2ちゃんまとめブログも登場(たぶん痛いニュース)し、いずれも実在するネット炎上をネタ元にした、集団食中毒事件を起こし逆切れ会見した会社ゴキブリを揚げたアルバイト、専門学生(30)の面接をネットで実況したWebサービス会社の人事担当、性犯罪を擁護したR大学生に対して、動画サイトで予告をした上で、「放火」「監禁」「監禁殴打ネット実況」「監禁アナル極太挿入」など、「しんぶんし(新聞男)」が物理的な制裁を加えてる。

インターネット動画投稿サイトで犯行予告動画を投稿する謎の男。果たして予告された事件は起きるのか…!? 高度に情報化された現代のテロリズムを描く、緊迫のサスペンススリラー開幕!! コミックス情報

なお、コミック「予告犯」1巻【AA】の感想には、何かよくわからん気まぐれBlogさん『うわぁ〜、これは犯罪者だとわかっていてもついつい支持してしまいそう!それぐらい、爽快感がハンパないわ!!』『悪しき物事に対して、ネットで予告して個人で鉄槌を下す。そんなテロリストの行動と振り回される警察の行動との行く末が気になる作品です。w』、今までに購入した漫画、ゲームのメモさん『とある出来事をきっかけにこの道に走った犯人のICTを駆使した巧妙で狡猾な犯行手口と、それを一つ一つ見破り犯人を追う警察、両者の頭脳戦ももちろん面白い。それに加えて、現代社会ならではの、この事件の展開とその背景が現実以上にリアルで恐怖を感じるほど』などがあり、この作品を爽快と思うか、恐怖と思うかは、人によって感想が別れるっぽい。

「予告犯」1巻コミックス情報 / 筒井哲也氏のホームページ

しんぶんし(新聞男)「こんなふざけた連中には制裁だ。俺がきっちり火を通してやる」

ネット炎上「本人を叩くだけじゃ満足できないのよ それだけ暇人が多いってことね」

動画サイトで予告をするしんぶんし(新聞男)

「日本全国どこにでも出没して制裁行為をおこなう”しんぶんし”という架空のキャラクター
それを複数の人間が同時多発的に演じる」

「明日の予告を教えてやる 集団食中毒事件を起こした某食品加工業者だ」
「辺り一面真っ黒な…ゲホッゲホッ 真っ黒な煙に覆われています!!」
「"これ"が欲しかったんだろ? すぐに食わせてやるよ……」
「俺がこの世で最も憎んでいるものはお前達の中から自尊心を奪い取ろうとする何かだ」
「お前達が今鬱積させているその感情を少しくらいは救ってやることはできる」
「俺が殺す 必ず殺す」

【関連記事】
画像:ジャンプ改新創刊「予告犯(1)」発売
ザ・松田 2巻 「ムカつく外道は、この俺様がぶん殴る!」 どう見ても東京電力
trash.2巻 「腸や贓物が飛び散りまくり」
ブラックエンジェルズ ザ・松田1巻 「ヒーローは死なないっ!」「いんだよ、細けぇ事は!」
殺し屋も組長も全員女子高生 「trash.」1巻 臓物ぶちまけ
長澤真/瑪瑙之竜1巻 「必殺仕事人?いやいや特攻野郎Aチーム?」

【関連リンク】
集英社 / ジャンプ改
「予告犯」公式サイト
「予告犯」1巻コミックス情報
ジャンプ改 × pixiv 試し読み期間限定公開中
筒井哲也氏のホームページ「STUDIO221」
筒井哲也 - Wikipedia

株式会社ネットマイルの人事が専門学生(30)の面接をネットで実況
【ユッケ食中毒】 えびす社長逆切れ会見 「生食用の肉など流通していない!」
立教大学4年生が「レイプは女が悪い。別に悪いと思わない」と発言し大炎上
吉野家のバイトが店内で「テラ豚丼」を作りニコニコ動画にアップ→大炎上
ケンタッキー・ゴキブリ騒動で、元バイトの少年が私大付属校を「自主退学」

【感想リンク】
彼らの辿り着く先はどうなるのか。 凄く2巻が凄く気になる作品です
テロリストの行動と振り回される警察の行動との行く末が気になる作品です。w
狡猾な犯行手口とそれを一つ一つ見破り犯人を追う警察、両者の頭脳戦ももちろん面白い
なにこれすげぇぇ! 衝撃作って感じだわ(>_<)
ネットの描写が妙にリアル。面白いけど読み返したいとはあまり思わなかった
いつこれが現実になってもおかしくないという恐怖。だからこそ面白い


予告犯 1 (ヤングジャンプコミックス)予告犯 1 (ヤングジャンプコミックス)
筒井 哲也

ZETMAN 17 (ヤングジャンプコミックス) ディメンションW(1) (ヤングガンガンコミックス) イキガミ 10 (ヤングサンデーコミックス) 銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス) 花のズボラ飯(2)

by G-Tools

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51332884