2012年04月15日

真空管ヘッドフォン。削り出しアルミハウジング&真空管アンプ回路2つ 価格は28万円

真空管ヘッドフォン秋葉原UDXで14日に開催された電子工作イベント「エレキジャックフォーラム in Akihabara 2012」で、サークルJH科学の同人誌に登場するの女の子のヘッドフォンを実際に制作された同人「真空管ヘッドフォン」の展示をしてた。削り出しアルミ合金ハウジングに真空管アンプ回路2つを内蔵したものみたいで、価格は28万円

-

池内紀勝氏サークルJH科学の「真空管ヘッドフォン」 価格は28万円
秋葉原UDXで14日に開催されたイベント「エレキジャックフォーラム」で展示

John Hathway氏のイラスト「Electric Lolita -超伝導のマリア-」に登場の女の子が
着けているヘッドフォンを実際に作ったものみたい

左右ハウジングは真空管

JH Electronics「架空の電気会社"JH Electronics社(John Hathway Electronics)"による 表現の作品」

秋葉原UDXで14日に開催された電子工作&自作派ホビー・エンタメ・イベント「エレキジャックフォーラム in Akihabara 2012」で、池内紀勝氏サークルJH科学の同人『真空管ヘッドフォン』の展示があった。

今回の「エレキジャックフォーラム」で展示された『真空管ヘッドフォン』は、John Hathway氏のイラスト「Electric Lolita -超伝導のマリア-」に登場する女の子が着けているヘッドフォンを、池内紀勝氏らと共に実際に制作されたものみたいで、展示概要『ハウジングに真空管アンプを内蔵した世界初のヘッドホンで,オリジナルのテーマ・ソングを再生し,JH科学の世界観を表現する.』な、左右ハウジング(イヤーカップ部分)はアルミニウム合金削り出し&左右のそれぞれに真空管アンプ回路入りのヘッドフォン。

解説パネルによると「真空管アンプ回路を左右2つ内蔵」、「電池による長時間駆動と安全性」、「真空管がワンタッチで交換可能」、「国内のアンプ設計技術者やメーカー技術者による洗練されたアンプ回路テクノロジー」、「超高級低ノイズケーブル」、「町工場削り出しアルミニウム合金ハウジング」、「国内一流メーカーの技術を採用」、「専用設計のヘッドフォンスタンド、ケースが付属」とのことで、ハウジング部分に印字してあったJH Electronicsは『架空の電気会社"JH Electronics社(John Hathway Electronics)"による表現の作品で法人の電気製品の基準を満たさない上で作られています』とのこと。ちなみにこの同人『真空管ヘッドフォン』は予約受付中で価格は28万円

「エレキジャックフォーラム」での『真空管ヘッドフォン』の展示を見られたrhythmsiftさんつぶやきには、「カッコイイ」「かっこ良かったデスネ! 」「なにこれかっけー 」「いいなー 」「スゲェ目立つ!効果の程が気になる」などの反応があり、実際に装着&試聴された方の感想は『 でか!っという第一印象とは裏腹に軽かったです。音は中低域が魅力的でやはり、温かみのあるサウンドでした!』とのこと。また、真空管はほとんど発熱しないみたい。

ちなみに、この『真空管ヘッドフォン』は、2011年7月に中野で開催された個展「JH科学展〜John Hathwayの世界〜」でも展示されたみたいで、ITmediaでは『真空管ヘッドフォンは、アルミニウム合金削り出しのボディにアルマイト加工を施し、両チャンネルに真空管のアンプを内蔵している。真空管は取り替えることもが可能で、管によって音質の変化も期待できるという。電池管という消費電力が小さい管を使っているため、電池駆動が可能。一部DENONの技術も使っているという』などと紹介してた。

サークルJH科学のホームページ / 池内紀勝氏のTwitter

「真空管ヘッドフォン」全体

「町工場削り出しアルミニウム合金ハウジング」

「真空管アンプ回路を左右2つ内蔵」



イヤーパッド部分
実際に装着するとこんな感じ
同人誌やイメージCDも販売

【関連記事】
サークルれすぽん 「美少女回路」搭載のFPGA基板。配線回路が美少女絵
エレキジャックフォーラム in Akihabara 2012開催 電子工作&自作派ホビーイベント

冬をテーマにした「ヘッドフォンx女の子」フルカラー同人誌
オーディオと美少女のコラボ 「Soundgirl duo 音響少女」
絵師さん52人のヘッドフォン娘 「ヘッドフォン少女画報」発売
「Soundgirl 音響少女」 世界初の連動イベント 18日(木)〜21日(日)
ピュアオーディオ+萌え 同人誌「Soundgirl 音響少女」発売
「究極ヘッドフォン娘本!」 新・萌えるヘッドホン読本 発売
ヘッドホン解説+萌え 同人誌「萌えるヘッドホン読本」

【関連リンク】
「エレキジャックフォーラム in Akihabara 2012」
真空管ヘッドホン・アンプ クリエータ 池内 紀勝 氏 / @try_lab × JH科学
池内紀勝氏のTwitter
池内紀勝氏:この真空管はほとんど発熱しません
サークルJH科学のホームページ / Twitter / pixiv
「Electric Lolita -超伝導のマリア-」(pixiv)
ヘッドフォンインタビューVol.01 ジョンハサウェイ(JH科学)

大きいのに軽い!音質は真空管!温かみのあるサウンド
音は中低域が魅力的でやはり、温かみのあるサウンドでした!
真空管ヘッドホン見てきました!そして試聴してきました!
秋葉原UDX 4階のエレキジャックフォーラム、真空管ヘッドホンがすげーかっこいい
電子工作イベント『エレキジャック・フォーラム in Akihabara 2012』に行ってきた
真空管アンプ内蔵の「真空管ヘッドフォン」がカッコイイ
個展「JH科学展〜John Hathwayの世界〜」(2011年中野)

【 エレキジャックフォーラム感想リンク】
「エレキジャック・フォーラム」に行って来た!
とにかく会場の人だかりと熱気がすごかった
真空管ヘッドホンがすげーかっこいい
あいにくの雨でしたが、人はいっぱい集まっていました
基調講演、トークショー、展示と、大変刺激を受けさせていただきました
もっと早くからわかっていたら、いろいろイベントに参加したかったずらよ
意外にも女性の方とか居て驚驚きました
展示はいろいろと楽しいのがありました



この記事はよもやま カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51333606