2012年04月26日

岩原裕二「ディメンションW」1巻 無尽蔵の次元エネルギー装置が実用化された近未来

岩原裕二「ディメンションW」 無尽蔵の次元エネルギー装置が実用化された近未来に舞台にした、岩原裕二氏のコミックス「ディメンションW」1巻【AA】が25日に発売になった。新刊折込紹介『ダーカー ザン ブラックの岩原裕二最新作!!』で、作品紹介は『腕利きの回収屋であるマブチ・キョーマは、謎の美女と遭遇する。それは新次元「W」の扉を開く運命の出会い…! 』になってる。
-

岩原裕二氏のコミックス「ディメンションW」1巻【AA】発売

「オレの目的はその不正コイル ケガしたくなきゃあ大人しく差し出せ小僧ども」

「私はミラ 百合崎ミラ…姉さんにもらった大切な名前があるんです」
とらのあな秋葉原店A
特典:4Pリーフレット
COMIC ZIN秋葉原店

アニメ「DARKER THAN BLACK」のキャラクターデザインやコミックなどで知られる岩原裕二氏がヤングガンガンで連載されている、無尽蔵の次元エネルギー装置が実用化された近未来にしたコミックス「ディメンションW」1巻【AA】が25日に発売になった。

オビ謳い文句は『カガクとヒトの"来るべきセカイ" 岩原裕二、待望の最新作!! 近未来SFアクション!!』で、とらのあな秋葉原店Aには『科学の進歩は人類を完全な幸福へと導くのか――?』ポスターも貼ってあり、コミックス1巻表表紙は『暗闇で光る蓄光カバー!!(表紙オビ)』になってる。

蔦屋の日記さんの連載開始時感想には、『相変わらずコテコテなまでに王道というかステロな設定の話を描くのが上手い。B級ハリウッドSF映画みたいな安定感。漫画を読み慣れてるならありがちな設定のはずなのに面白い。どこまでもスタンダードで、シンプルで、だからいい。・・・終盤でぐだぐだというか説明過多になっちゃうことも多いけど。でもまぁ、この人の作品というか、描くキャラはそれだけで魅力があって好きだ』があった。

次元間電磁誘導装置、通称"コイル"と呼ばれる発明品の誕生によりエネルギー問題が解決した2072年――。不正コイルの"回収屋"を生業とするマブチ・キョーマは、とある依頼の最中に謎の少女ミラと遭遇する。それは、X・Y・Zに続く次元軸「W」の秘密へと近づく運命の出会い……? 人類と科学の未来を示すプログレッシブSF、始動!! 裏表紙

なお、コミックス「ディメンションW」1巻【AA】の感想には、80kgさん『癖のある人物たちが魅力満載に描かれ、テンポのいい展開が爽快感を感じさせます。サイバーパンクTRPGのメタルヘッドとかトーキョーN◎VAとかやってた人は、またプレイしたくなること受け合いです(ヤソはなりましたw)先の展開がわからないのでまだまだなんとも言えませんが、個人的には久しぶりに脳髄にビビビと来るような作品でした。今後ももンのすごく楽しみです。いやはや引きこまれました』や、蔦井 雪奈さん『岩原裕二先生の新作はハードボイルドSFアクション! 第四の次元軸W軸、コイルの製作者を襲った事件の真相、ミラの正体、キョーマの過去、怪盗ルーザー……謎だらけでワクワクしますね』などがある。

「ディメンションW」1巻コミックス情報

「フフフ 期待してるよ
マブチ・キョーマ」
「タダで次元の向こうのエネルギーを使い放題……」
「会えて嬉しいぜ ロボット」
「ダメ お父さん そんなことをしたら……」
「お二人は……殺されました 2年前 私の生まれた日に」
「うわあ」

【関連記事】
画像:岩原裕二「ディメンション ダブリュー(1)」発売
DARKER THAN BLACK 漆黒の花「ダーカーシリーズのラストピース、ついに完結!」
「怒涛の展開」 DARKER THAN BLACK 漆黒の花 3巻
瞬殺だったコミックス 「DARKER THAN BLACK -漆黒の花-」1巻 再入荷

【関連リンク】
SQUARE ENIX / ヤングガンガン
「ディメンションW」1巻コミックス情報
「ディメンションW」作品紹介(試し読みあり)
YGC『ディメンションW』(1)巻発売記念フェア開催!!
岩原裕二 - Wikipedia

Dimension W:テレビアニメ16年1月スタート 声優は小野大輔、上田麗奈
『ディメンションW』 アメリカのアニメ・エキスポでアニメ化を発表 (2015/7)
岩原裕二、久々のオリジナル連載「Dimension W」スタート(連載開始時)

【感想リンク】
今後ももンのすごく楽しみです。いやはや引きこまれました
すっごく爽快なアクションが、読んでて清々しい気持ちにさせてくれます!!
個人的にはとてもオススメです
灯り消したらディメンションWの表紙が光だしてびっくりした
深み感じさせるSFだったワクワクしつつ続巻待つ
映画みたいでおもしろい
岩原裕二先生の新作はハードボイルドSFアクション!謎だらけでワクワクしますね
ディメンションW 1巻 感想 岩原 裕二 - 読書メーター


ディメンションW(1) (ヤングガンガンコミックス)ディメンションW(1) (ヤングガンガンコミックス)
岩原 裕二

ヨルムンガンド 11 (サンデーGXコミックス) 黄昏乙女×アムネジア(7) (ガンガンコミックスJOKER) 蒼き鋼のアルペジオ 5巻 (ヤングキングコミックス) 死がふたりを分かつまで(17) (ヤングガンガンコミックス) 天獄 ―HEAVEN'S PRISON― 7 (ヤングジャンプコミックス)

by G-Tools

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51335663