2012年05月18日

魔法先生ネギま!38巻 「ついに最終巻!赤松先生、9年間おつかれ様でした!」

魔法先生ネギま!コミックス「魔法先生ネギま!」最終38巻【AA】が17日に発売になった。表紙はネギ・明日菜を始め100名を超えるキャラが描かれ、メロン秋葉原店では『連載から9年!ボクらはアノ時、まだ中学生だった。感動と青春をありがとう』POPが、ゲーマーズ本店では『ついに最終巻!赤松先生、9年間おつかれ様でした!』POPが付いてた。
-

赤松健氏のコミックス「魔法先生ネギま!」最終38巻【AA】発売
ゲーマーズ本店POP「ついに最終巻!赤松先生、9年間おつかれ様でした!」

メロンブックス秋葉原店
「連載から9年!ボクらはアノ時、まだ中学生だった。感動と青春をありがとう」

ゲーマーズ本店2F ゲーマーズ特典はオリジナルイラストカード
とらのあな秋葉原店A
K-BOOKS秋葉原新館
アニメイト秋葉原

赤松健氏のコミックス「魔法先生ネギま!」最終38巻【AA】が17日に発売になった。

『魔法先生ネギま!』は、Wikipediaによると『物語は魔法使いの少年、ネギが30人(実際は31人)の女子中学生のクラスの担任となるところから始まる。序盤は”子供先生”のネギが個性的な女子生徒達に振り回される”ドタバタラブコメ”風の展開を見せていたが、話が進むにつれて本来のテーマである「父親越え」が表面化し、それに係わる者達との”バトル”路線と、従来の”ラブコメ”路線とが交互に描かれるようになる。〜ネギは彼女たちに支えられながら、魔法使いの世界で英雄だった父の足跡を追って成長していく』だった作品で、週刊少年マガジンで2003年から2012年の9年間連載された全355話。

最終巻となる38巻コミックス情報は『麻帆良学園体育祭のどさくさに紛れ、ネギに告白する女子が続出! そんな中、何と、ネギに想い人がいることが発覚!? それが誰かを知るために、3?A強豪軍は、ネギに襲いかかる!! 大ピンチのネギを、数少ない味方のアスナは守りきれるのか!? そして、世界の平和を守るため、アスナが100年の眠りにつく日が刻々と迫る。今までの楽しい日々に別れを告げ、迎えた未来とは!?』で、表紙にはネギ・明日菜を始め100名を超えるキャラクターたちが描かれている。

発売日のアキバでは、ゲーマーズ本店では『ついに最終巻!赤松先生、9年間おつかれ様でした!』POPが、メロン秋葉原店では『連載から9年!ボクらはアノ時、まだ中学生だった。感動と青春をありがとう』、『TVアニメもやった。劇場版も観た。OVAも買った。新房先生を始めて知った作品だった。貴方は誰が好きでしたか?(中の人も含めて)』POPが付いてた。

コミックス「魔法先生ネギま!」最終38巻【AA】の感想には、カートゥン☆ワールド-漫画の世界さん『良い思い出を振り返ると連載開始当時からずっとハマって毎週楽しみにしていました。エロサービスだけでなく魔法バトルを加えたのも良かったですね。あと個人的には主人公が年下でヒロイン全員が年上というおねショタカップル作り放題だったのもツボでした♪』、gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)さん『キャラ毎の魅力をバッチリとアピールしつつ伏線の回収をする一方、新たに想像の余地を残したりと、最後まで読み応えのある内容で大満足でした』、大炎上さん『ついに最終巻発売。思い出をありがとう』などがある。

なお、作者の赤松健氏は最終38巻カバー折り返しで『皆様、長らくご愛顧ありがとうございました。 9年間続いた”魔法先生ネギま!”は、この38巻をもちまして、一旦終了となります。‥‥”一旦”というのは、またいずれ復活するであろうということを意味します。チャオ的に言うと、この巻で示されたラストは、数ある並行世界の一つに過ぎません。”ネギま!”にはまだまだ多くの謎が隠されており、それらを描いていくと100巻は軽く超えてしまうでしょう。(笑)』などをコメントされている。、

「魔法先生ネギま!」最終38巻コミックス情報

「い..います...」
「って先生いねぇっ!?」
「これ以上ネギ先生に
手出しはさせません!!」
「バイバイ またね!」
「もう一度みんなに会いたい」
「ハックシュンッ」

【関連記事】
映画化も決定した「魔法先生ネギま!」 ドラマCD付き33巻限定版
ネギま!30巻限定版 OAD「魔法先生ネギま!〜もうひとつの世界〜」第3話付き
ネギま!28巻限定版 「ホントどこの触手アニメかと思ったぞ!」
OAD魔法先生ネギま!〜もうひとつの世界〜 「エロレベルは原作そのまま!」
魔法先生ネギま! 脱がされる限定版 「25巻の被害者はせっちゃん!」
OAD付 魔法先生ネギま!23巻限定版 発売
魔法先生ネギま!21巻 「教師と教え子の問題のシーン」
ネギま!20巻発売 ネギま!実写版は、やっぱり「総スルー」
ネギパ!13巻発売 「余談ですが、赤松健先生は年商2億らしいですよ」
ネギま!19巻発売 「実写ドラマ化」を祝うPOPは無かった
ネギま!16巻限定版発売 「ノーブラ&おぱんつ」「乳首トーン」よりも「千雨さんキス」
ネギま!15巻限定版、「妙にエロく書き込まれてる感じ」のDVD付き
「ネギま! 14巻限定版」発売、夜には無くなっていたショップも
ネギま!13巻「アーニャ〜!他に言葉が必要か?」「とりあえずエヴァがよい。よいよ」
ネギま!12巻 POPいろいろ キーワードは「エロい」「尻」?

【関連リンク】
講談社 / 週刊少年マガジン
「魔法先生ネギま!」最終38巻コミックス情報
赤松健氏のホームページ「AI Love Network」 / Twitter
赤松健 - Wikipedia
赤松健氏運営:絶版コミック無料配信サイト「Jコミ」
魔法先生ネギま! - Wikipedia
魔法先生ネギま!とは - ニコニコ大百科
魔法先生ネギま!研究所 / 単行本38巻の変更点

魔法先生ネギま! 「ついに最終巻!赤松先生、9年間おつかれ様でした!」他(秋葉原)
感涙の最終回「魔法先生ネギま!」最終巻発売(ややネタバレあり)(大阪・日本橋)
単行本最終巻で赤松先生「またいずれ復活するであろう」 やる気満々みたいだね
「魔法先生ネギま!」最終38巻にて赤松先生が意味深なコメント!

【感想リンク】
取り敢えず次回作は乳首ありで滅茶苦茶エロいラブコメ漫画を描いて欲しいですw
伏線の回収をする一方、新たに想像の余地を残したりと、読み応えのある内容で大満足
衝撃的で大団円な最終巻に、いろんな想いが蘇って涙しそうになった巻でした。w
私としては いいんちょとのシーンが格別の思いでした
内容自体は気になる部分もありますが基本的には大満足です
壮大な物語だったが、綺麗にまとまっていて、概ね面白かった
たくさんの感動、ときめき、ドキドキ、もうたくさんたくさんありがとーうっ(ノд<。)゜
描き切れなかった物語は多かったと思うが、余韻のあるこの終わり方は好き
くぅー最高でした。もう表紙は人数多すぎて判別できてませんね
またネギま!が連載したら読んでみようと思います
多分自分が一番ハマった漫画だと思う
ネギま!っと言う作品に出合えて良かった
ファンとしては1日でも早く、これに続く"ネギま"関連の作品を読みたいものです!
最終巻は数多くの並行世界を生み出すことになると思います
結局明日菜の出番なしか・・・続編に期待してね?ってこと
とりあえず、続編で伏線の話をやってくれることに期待!



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51339778