2012年06月02日

至道流星/好敵手オンリーワン2巻 「コーイチローがデート!?」

至道流星 好敵手オンリーワン講談社ラノベ文庫6月新刊、至道流星氏のライトノベル「好敵手オンリーワン」2巻【AA】が1日に発売になった。コーイチローを美少女の幼なじみが取り合ってて、1巻では『優勝賞品。一生コーイチローを奴隷化できる権利!』とかになってた作品で、2巻オビは『コーイチローがデート!? この状況に焦る弥生と水貴は――』になってる。
-

著:至道流星氏、イラスト:武藤此史氏のライトノベル
「好敵手オンリーワン」2巻【AA】発売

「バカッ!コーイチローのバカッ!」「俺が何をしようと自由だろ!?」

「お返事って……」「この前……頑張って告白したこと……」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

講談社ラノベ文庫6月新刊、著:至道流星氏・イラスト:武藤此史氏のライトノベル「好敵手オンリーワン」2巻【AA】が1日に発売になった。

『好敵手オンリーワン』は、1巻の折り込みチラシ謳い文句は『優勝賞品。一生コーイチローを奴隷化できる権利!』、作品情報では『神社の一人娘、桜月弥生。教会の一人娘、天都水貴。美少女二人と孝一郎は幼なじみだ。仲良く過ごしていた三人だが、孝一郎の一言をきっかけに、テストや体育、ラブレターの数まで、あらゆることで弥生と水貴が勝負するようになる。審判として巻き込まれる孝一郎のさらに余計な一言から、「どちらの家がより資金を増やせるか勝負する」という内容に変わる。しかも賞品は――「孝一郎を一生奴隷にする権利」!?』になってて、著者の至道流星氏は、Wikipediaによると『本業は会社の経営であり、別名でノンフィクション原稿の執筆や漫画原案などを担当している』作家さんみたい。

今回発売になった2巻はCOMIC ZIN『主人公・孝一郎をめぐる、弥生と水貴の勝負、ますますヒートアップ中!』で、2巻オビは『コーイチローがデート!?この状況に焦る弥生と水貴は――』などなど。

一郎の不用意な一言がきっかけで始まった弥生と水貴の勝負は、さらに不用意な一言により、孝一郎自身を好きにできる権利をかけての事業拡大=お金もうけ勝負となり、ますますヒートアップしていた。そんな中、学校での進路指導をきっかけに、孝一郎は自らの進路について考える。今までは何となく3人で過ごしてきたが、いつかは離れなければいけないのではないか。そうなったときに自分のやりたいことはあるのか……。悩む孝一郎は、つい弥生と水貴と喧嘩をしてしまう。さらには、水貴が新しく始めた事業が暗礁に乗り上げて――。至道流星が贈るトライアングル商業ラブコメ! 2巻書籍情報

なお、「好敵手オンリーワン」2巻【AA】の感想として、がみlllさん『なんかまた壮大ば話になってきてる・・・』や、slighさん『期待していた経済分が少なくて残念』、ライトノベルを楽しんで読もう!さん『ビジネスネタは、明朗会計全国一律お祓いサービスと、牧師派遣自宅結婚式サービスのそれぞれ一つとかなり控えめ。あとはもうすぐ円安になるという予言くらい。全面的にラブコメにシフトしているのだ。個人的には、これまでの路線に回帰し、そこで第一人者として君臨するのがお薦め。なぜなら普通のラノベ作家には、ビジネス分野にノウハウを持っている人などほとんどいないのだから』などがある。

著者:至道流星氏のブログ「SIDOU.net」 / イラスト:武藤此史氏のブログ

「まぁまぁの客足ね」
「思い切って告白してみなさいよ」
「抵抗せず、俺の胸に顔を沈めた」
「コーイチローのことなんてもう知らないッ!」
「弥生は頬を染め、いくらか上気している」
「コーイチロー…私…」

【関連記事】
好敵手オンリーワン 1巻「優勝賞品。コーイチローを一生奴隷化できる権利!」

童貞熱血ロボットラノベ 「神童機操DT-O」2巻発売
セクシャル・ハンター・ライオット(2)「緑里を守るため、性欲を高める」
ラノベ 彼女がフラグをおられたら(2)「今度のフラグはリア充フラグ!?」
デッドエンドラプソディ 「生き返ったら、妹が最強魔術師になっていた!しかも同い年!」
セクシャル・ハンター・ライオット(1) 生パンツで性欲を高めて戦うバトル+学園コメディ

【関連リンク】
講談社
ラノベ文庫 / 6月新刊一覧
「好敵手オンリーワン」2巻書籍情報
著者:至道流星氏のブログ「SIDOU.net」
イラスト:武藤此史氏のブログ「T2Cミ'ω'彡」 / Twitter
至道流星 - Wikipedia
表紙裏のあらすじがいまいち
どうもかなりの部分、実話に基づいているようですね(1巻関連)

【感想リンク】
なんかまた壮大ば話になってきてる・・・
期待していた経済分が少なくて残念
これまでの路線に回帰し、そこで第一人者として君臨するのがお薦め



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51342530