2012年06月07日

魔法少女育成計画 「騙す、出し抜く、殺し合う。魔法少女達の生き残りゲーム」

魔法少女育成計画 このライトノベルがすごい!文庫6月新刊、遠藤浅蜊氏のライトノベル「魔法少女育成計画」【AA】が6日に発売になった。オビは『騙す、出し抜く、殺し合う。魔法の力を得た少女達の理不尽で無慈悲な生き残りゲーム』で、いつも月夜に本と酒さん『裏切りや騙し合いは当たり前、友情や愛情が悲劇を生む容赦も救いもないストーリー』みたい。
-

著:遠藤浅蜊氏、イラスト:マルイノ氏のライトノベル「魔法少女育成計画」【AA】発売

いつも月夜に本と酒さん「バトルシーンもなかなかに血生臭いが、それ以上に総勢16名の群像劇の形で綴られていく心理描写が壮絶」
アニメイト秋葉原
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原店
特典:フルカラーイラストカード

このライトノベルがすごい!文庫6月新刊で、著:遠藤浅蜊氏、イラスト:マルイノ氏のライトノベル「魔法少女育成計画」【AA】がアキバでは6日に発売された。

新刊折込チラシでは『脱落するのは一週間に一人。騙す、出し抜く、殺し合う。魔法の力を得た少女達の理不尽で無慈悲な生き残りゲーム』になってて、いつも月夜に本と酒さん『そのまま小さな女の子向けの着せ替えゲームなどに使えそうなキャラクターデザインで、やってることは人間のエゴがむき出しの殺し合いという第一印象からもの凄いギャップなのだが、中身はさらに黒かった。バトルシーンもなかなかに血生臭いが、それ以上に総勢16名の群像劇の形で綴られていく心理描写が壮絶。裏切りや騙し合いは当たり前、驕ったものは蹴落とされ、友情や愛情が悲劇を生む容赦も救いもないストーリー』とのこと。

「魔法少女育成計画」【AA】には16人の魔法少女が登場し、このラノ文庫編集部ブログ『遠藤浅利先生の新作がスタート。今度は魔法少女だ!イラストはマルイノ先生。かわいい魔法少女による、血みどろのバトルを見逃すな』で、メロン秋葉原店のPOPは『魔法少女vs魔法少女 16人の魔法少女による苛烈なサバイバル! 生き残れるのは半分のみ…殺るか、殺られるか、究極の魔法少女ラノベ刊行!』 になってた。

大人気ソーシャルゲーム『魔法少女育成計画』は、数万人に一人の割合で本物の魔法少女を作り出す奇跡のゲームだった。幸運にも魔法の力を得て、充実した日々を送る少女たち。しかしある日、運営から「増えすぎた魔法少女を半分に減らす」という一方的な通告が届き、16人の魔法少女による苛烈で無慈悲なサバイバルレースが幕を開けた… 裏表紙

なお、ライトノベル「魔法少女育成計画」【AA】の感想には、随想さん『正義とか愛とかを夢見てなった魔法少女が、殺し殺され騙し騙されの闘争に自ら突き進んでいく様子は、実に悪趣味で胸糞悪い話ですね(誉め言葉)。また、魔法少女の正体も、必ずしも正義に燃える少女達だけではないのもえぐい』、いつも月夜に本と酒さん『後半になって一気に加速し全く気が抜けなくなる展開と極限の緊張感、ゲテモノではあるが夢中で読ませる引き込み力のある作品だった。ダークな話が好きな人は是非』や、ラノベ365日さん『こいつはすげぇ! 最っ高のクゥウウウウウウウウウウッッッル!!!この不条理に満ちた惨劇! 嫌いじゃない!』などがある。

「魔法少女育成計画」書籍情報

「まさか小雪も魔法少女になるなんてな」
「シスターナナは一見すると修道女にも見えた」
「破れ寺の中がしんと静まり返った」
「私達には現状を打開するアイディアが必要です」
「先輩の寝首掻くなんて無理ゲーデスね」
「スノーホワイト」と「リップル」

【関連記事】
画像:ラノベ 魔法少女育成計画。「こんなの絶対おかしいよ!」
しずまれ! 俺の左腕 「ネトゲ大好き!な魔王サマとのデンジャラス・ラブコメディ!」
大間九郎/オカルトリック 「いいカンジに病んでたり狂ってたり、SAN値がゴリゴリ」
モテモテな僕は世界まで救っちゃうんだぜ(泣)3巻 「爆乳武将系美女参戦!!」
秋葉原UDXで行われた、第2回「このライトノベルがすごい!」大賞授賞式
改題が話題になったラノベ「モテモテな僕は世界まで救っちゃうんだぜ(泣)」発売
暴走少女と妄想少年 「半殺しにします? それとも、内蔵・流・し?」

かずみ☆マギカ3巻 「まどマギよりも鬱展開の濃さが凄いし、尋常じゃない(;´Д`)」
森山大輔/妄想奇行 「妄想具現化で自身が書いたラノベの魔法少女に変身」
トーキョー・ガールズ・デストラクション(1) 「女子高生たちのバトルロワイヤル」
まどかが殺される時間軸 「魔法少女おりこ☆マギカ」2巻 完結
大奥のサクラ 現代大奥女学院 「恋と青春のハーレム!(そしてときどき殺し合い)」

【関連リンク】
宝島社 / このライトノベルがすごい!文庫
「魔法少女育成計画」書籍情報
このラノ文庫編集部ブログ
このラノ文庫6月新刊カバー公開 / 6月このラノ文庫新刊特典情報
イラスト:マルイノ氏のホームページ「不安定な学校」 / pixiv

魔法少女育成計画:魔法少女ラノベがテレビアニメ化 ラルケ制作
魔法少女が生き残りを賭け戦う「魔法少女育成計画」年内アニメ化決定(2015/3)

【感想リンク】
魔法少女のキャラそして能力が個性的で面白い。能力を活かしたバトルも盛り上がる
「アンチマジカル」と「まどかマギカ」と「バトルロワイヤル」のごった煮という感じで面白い
ワクワクしながらいざ読んでみると、予想以上に鬱な内容に衝撃
一章読むごとに落ち込みました。えぐい
ありとあらゆるやり方で魔法少女が殺し殺され
魔法少女でバトルロワイアルって、なんという悪趣味っ!!
この作品の魔法少女は……ずばり暗黒系です
タイトルに反してとんでもないカウンターパンチをしてくるお話です。面白い。そして衝撃的
このマスコットキャラがゲスい
魔法少女を16人にまで増やすだけ増やしておいてから、この発言
醜い心で、人を憎んで、騙して、蹴落とす。このギャップが、たまらなく愛おしい
こいつはすげぇ! 最っ高のクゥウウウウウウウウウウッッッル!!!
人の死をシステマティックに処理しているのが怖いです
実に悪趣味で胸糞悪い話ですね(誉め言葉)
個人的には嫌悪感がかなり強かった
総勢16名の群像劇の形で綴られていく心理描写が壮絶
えげつなく酷い展開の連続。良い感じに悪趣味
うん、素直にこれは面白かったです
魔法少女ラノベランキングトップクラスの出来かもしれない
夢中で読ませる引き込み力のある作品だった
大変胸糞悪い話で素晴らしい(誉め言葉)
今まで読んだこのラノ文庫の中では一番面白かった
「魔法少女育成計画」感想 - 読書メーター
「魔法少女育成計画」感想 - ブクログ


魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)
著者:遠藤 浅蜊
販売元:宝島社
(2012-06-08)
販売元:Amazon.co.jp


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51343373