2012年07月24日

終末のマリステラ1巻 「軍服を着た天使達。撃って孕んで世界を救え!」

終末のマリステラ 高野千春氏のコミックス「終末のマリステラ」1巻【AA】が23日に発売になった。コミックス情報では『可憐な天使たちと、奇怪なクリーチャーの壮絶バトル!独特の世界観で紡ぐ終末叙事詩』を謳い、ZIN秋葉原店のPOPは『海から来るのは人類の敵。立ち向かうのは軍服を着た天使達。撃って孕んで世界を救え!』だった。
-

高野千春氏のコミックス「終末のマリステラ」1巻【AA】
「生と死とともに叡智を孕め!!」

ZINインフォメーション紹介「緻密に組まれた独特かつ魅力的な世界設定の中、少女たちのハードな戦いと容赦のないドラマが展開する」

ときわ書房本店blog「とにかく、作品中通して感じる本気度が凄いのです
K-BOOKS秋葉原新館
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
ゲーマーズ本店

高野千春氏がコミックフラッパーで連載されているコミックス「終末のマリステラ」1巻【AA】が23日に発売になった。

オビ謳い文句は『生と死とともに叡智を孕め!! それが天使たちのつとめ――!!』、裏表紙オビ『破滅へ向かう人類の希望となるか――最強美少女天使軍団、降臨!』で、コミックス情報は『可憐な天使たちと、奇怪なクリーチャーの壮絶バトル!独特の世界観で紡ぐ終末叙事詩』になってる。

COMIC ZINインフォメーション紹介によると『荒廃した世界、わずかに残った大地。旧世界の情報が溶け出し、混沌とした情報の海となった大気が満ちる世界で細々と暮らす人類。情報の海から襲撃してくる有翼海洋生物たちに対抗するため旧世界の叡智から生み出された「天使」と呼ばれる少女たちが立ち向かう――! 緻密に組まれた独特かつ魅力的な世界設定の中、少女たちのハードな戦いと容赦のないドラマが展開する』で、ZIN秋葉原店のPOPは『海から来るのは人類の敵。立ち向かうのは軍服を着た天使達。撃って孕んで世界を救え!』だった。

とにかく、作品中通して感じる本気度が凄いのです。先程まで隣にいた味方を次の瞬間にはあっけなく失っていく様な、自然環境すら敵として牙を剥く全く容赦の無い戦闘はまさに軍隊のソレであるし、この終末の世界に現れた天使や神の様な存在も、高度な情報や技術によるものであるという、残酷なまでのサイエンス・フィクションぶりであります―まぁ、要するにガチなSFなのですが、もっと細かくジャンルで括るとするならSF軍事青春群像モノ?…いや、SFですね、やっぱり ときわ書房本店blog

なお、コミックス「終末のマリステラ」1巻【AA】の感想には、KONの徒然日記さん『1話目から主要メンバーだと思われたキャラが死んだりとタイトルやストーリーからしてそうですが結構暗めな話です。1巻から聖地を取り戻すために絶望的な任務を任されますがさらに学徒兵も連れて行くということで次の巻でもいっぱい死ぬんだろうな・・・カバー裏に学徒兵一覧が載ってましたが何人生き残れるのか・・・』、古槍さん『また良い感じに荒削りな変態硬派漫画だ。フラッパーは普段ノータッチなのでこういう漫画を見つけると嬉しさ倍増。この作画の面倒くさそうな設定は同人ならまだしも商業でやってけるのかなぁ。ちゃんと百合百合してたぜ!でも全員死にそうだぜ!』などがある。

「終末のマリステラ」1巻コミックス情報 / 高野千春氏のホームページ「BivalvE」

「真潮に翼を立てるな 流されるぞ」
有翼海洋生物
「後始末の指揮は任せた」
「私は…私たちは人です」
「現状を永らえる程度で
しかない」
「我ら第六団は学徒隊を率いて聖地奪還を行う」


【関連記事】
えめすめす1巻 「ちょっと不思議なおっぱい至高のラブコメディ」
コミックフラッパー7月号 デンキ街の本屋さん番外編「みかんBOOKS編ですよ!!」
デンキ街の本屋さん(2)発売。 アキバ店員「俺たちの事すぎて愛が止まらない」
34歳無職さん(1) 「朝起きて、掃除して、ゴロゴロして・・・そんな無職ライフ」
煩悩寺(2) 「イチャイチャバカップルの悶絶ラブコメ!!」
水あさと デンキ街の本屋さん(1) 「デンキ街のディープで楽しい本屋の毎日」

【関連リンク】
メディアファクトリー
コミックフラッパー / コミックフラッパー編集部Twitter
「終末のマリステラ」1巻コミックス情報
高野千春氏のホームページ「BivalvE」 / Twitter
高野先生の渾身の一作は、しゅうまつだけど週明け月曜発売です!
家族である私達は応援するしか出来ないので、これからも精一杯応援していきますよ~!!

【感想リンク】
カバー裏に学徒兵一覧が載ってましたが何人生き残れるのか・・・
才能が花開こうとする瞬間に立ち会うことができる最後のタイミング
意外と面白かった。女の子×銃器の組み合わせは最強でござる
いきなり触手プレイが始まったこの国こわい
濃すぎてなにが起きてるか若干わからなかったです、でもつまらなくはない
ファンタジーな『ガンスリンガーガール』みたいな…殺伐してて凄く好きだ!
ちゃんと百合百合してたぜ!でも全員死にそうだぜ!
終末のマリステラ 1巻 感想 高野 千春 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51351262