2012年08月02日

天乃一水/壊胎新書 「アブノーマルでインモラルな天乃一水ワールド!!」

天乃一水/壊胎新書 天乃一水氏の大人向けコミックス「壊胎新書」【AA】がアキバでは1日に発売になった。オビ謳い文句は『異物挿入×子宮直責め×胎内放射 容赦ない過激描写の濁流が本能を刺激する俊英・天乃一水のダークサイドを完全網羅!!』で、メロン秋葉原店のPOPは『アブノーマルでインモラルな天乃一水ワールドへご招待!!』だった。
-

天乃一水氏のコミックス「壊胎新書」【AA】
「アブノーマルでインモラルな天乃一水ワールドへご招待!!」

異物挿入:ペットボトル
「1本じゃ足らねえのかよ?ったく・・・欲張りな女だなテメェはよ・・・」くぱぁ

ペットボトル2本目で悦んでる  「あがががgぐひぃぃ」ビクビク

異物挿入:頭
「そんなプレイ俺が一生面倒見るしかねぇだろ! このガバマン女がっ!」
メロンブックス秋葉原店
特典:特製メッセージペーパー
K-BOOKS秋葉原新館

天乃一水氏の大人向けコミックス「壊胎新書」【AA】が、アキバでは1日に発売された(正式発売日は4日)。

オビ謳い文句は『挿入シ、掻キ回シ、孕ム寸前デ破壊セヨ――異物挿入×子宮直責め×胎内放射 容赦ない過激描写の濁流が本能を刺激する俊英・天乃一水のダークサイドを完全網羅!!』とかになってて、「子宮破壊願望」、「火垂る祭」、「弱肉狂食」、「ふしだらな隣人(1~3話)」、「催眠遊戯」、「みつどもエッチ(1~3話)」と、描き下ろし作「続・子宮破壊願望」の11編を収録(目次)し、メロン秋葉原店では『アブノーマルでインモラルな天乃一水ワールドへご招待!!』POPがついてた。

コミックス「壊胎新書」【AA】ではさまざまな異物挿入は「空き缶」「一升瓶」「大根・人参ほか野菜」「ご神体」「手」「ペットボトル」「(人間の)頭部」などで、一番太いのは収録作の1つ「火垂る祭」での、人間の胴体より太いご神体を挿入してる。

「子宮破壊願望」を筆頭にレ◯プ、異物挿入等のハードな凌辱モノがたくさん。 ゴリゴリの凌辱描写をお楽しみください。天乃一水待望の最新単行本、描き下ろし「続・子宮破壊願望」を載せてついに発売! コミックス情報

なお、天乃一水氏はブログ告知で『今回の見所ですが、個人的にはハードな「異物挿入・拡張プレイ」ですかね。この手のネタは、普段はなかなか描けなかったのですが、海王社の担当さんから「エロいと思うものを自由に描いて下さい!」とのお言葉を受けたので、思い切り描かせていただきましたw 天乃一水のハード路線が好きな方には、面白い内容の本になってると思いますので、良かったら買ってみて下さい(ノ´∀`*)』と書かれている。

「壊胎新書」コミックス情報 / 天乃一水氏のホームページ

「こんな程度で壊れた女子はおりゃせん」
「それならコレは
どうじゃ?」
「あぎゃぁぁぁ
ぁぁぁぁっっっ!」
「まあいずれこっちの穴もガバガバなるじゃろうけどのう」
「あああっ!
それ深いっっっっ!」
「とんだ売女だな! この発情中のメス猫め!」

【関連記事】
天乃一水/デレ化攻略マニュアル 「クールな美少女が激しいピストンにヨガリ狂う」

岡田正尚/ハメツマ 「貞淑な人妻が夫を裏切り、淫乱なメスに堕ちていく……」
ヴァージンコントロール 高嶺の花を摘むように2 「犯されてるのに…気持ちイイ」
サークルクリムゾン新刊 「ヴァージンコントロール」 あぁあぁああッ!ビクッビクッ
くやしい…でも感じちゃう… クリムゾン「ヴァージントレイン 完全版」
鳳まひろ/フリーター、ギャルを飼う。「なまいきエロギャルを思うままにヤッてしまおう」

【関連リンク】
海王社
「壊胎新書」コミックス情報
天乃一水氏のホームページ「灰色工房」 / ブログ / Twitter / pixiv
見本誌届きました!(゚∀゚)
[R-18]「「壊胎新書」特典小冊子」/「天乃一水」のイラスト [pixiv]

【感想リンク】
艶やかな美女達が快楽に火照る表情を曝け出すエロシーンとダーク&ウェットな味付け
【発売】天乃一水の単行本「壊胎新書」 ハードな凌辱モノがたくさん
清楚な美女キャラクター達が激烈ハードなアブノーマルプレイに悶えたり、お気楽エッチ
天乃一水の単行本「壊胎新書」 レイプ、異物挿入等のハードな凌辱モノがたくさん


壊胎新書 (海王社コミックス)壊胎新書 (海王社コミックス)
天乃 一水

痴的好奇心 (MUJIN COMICS) イクまでイッちゃお? (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) つくろう!オナホ姉 (MUJIN COMICS) 年上彼女オルタナティブ (メガストアコミックス) (メガストアコミックスシリーズ No. 348) DEBUT (メガストアコミックス)

by G-Tools

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51352755