2012年08月24日

どーみてもメロンブックス秋葉原店がモデル 水あさと短編集「宮田書店へようこそ!」

水あさと 宮田書店へようこそ水あさと氏の短編集コミックス「宮田書店へようこそ! 水あさと短編集」【AA】が23日に発売になった。水あさと氏が連載中の「デンキ街の本屋さん」の原型「宮田書店へようこそ!」を収録し、お店のモデルはどー見てもメロンブックス秋葉原店。 本をタワーのように積み上げたメロン積みタワーを記事にする某ブログとかも。
-


表題作「宮田書店へようこそ!」に登場する積み上げた本

「これはメロン積み(メロンタワー)と呼ばれる禁断の秘技だ」

「メロン積みとかPOPの画像を作者に送ったらどうかってタケオくんに言われて、送ったら作者さんえらく気に入ったらしくて で、作者さんがブログやツイッターとかで紹介したりしたみたいで、それがなんかニュースサイトに取り上げられちゃって…」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原店
特典:小冊子
とらのあな秋葉原店A
特典:ブックカバー

水あさと氏の短編集コミックス「宮田書店へようこそ! 水あさと短編集」【AA】が23日に発売になった。

水あさと氏はWacomのインタビューによると『2007年に「正義の覆面マフラージャスティス」で第6回少年シリウス新人賞入選。同年「世界征服セキララ女学館」(講談社シリウスコミックス/1~3巻)で連載デビュー』され、「めいなのフクロウ」「デンキ街の本屋さん」や、コミティアでオリジナル作品の同人誌も出されてる、泣き顔と赤面に定評のあるという漫画家さん。

今回の短編集「宮田書店へようこそ!【AA】では、裏表紙は『制服時代の切ない恋物語&赤面女子の日常コメディを集めた短編集。表題作「宮田書店へようこそ!」は、町の本屋さんで働く高校生・まこちゃんのバイト物語。著者の人気作「デンキ街の本屋さん」番外編など全7作品を収録』になっていて、「帰れない二人」「ファミレスの住人」「制服の下にある魔法」「たべる部」「宮田書店へようこそ!」(2編)、「デンキ街の本屋さん みかんBOOKSの場合」を収録し(目次)、各作品には水あさと氏のコメント入り。

コミックスタイトルになってる「宮田書店へようこそ!」は、同日に3巻が出た『デンキ街の本屋さん』の原型作品みたいで、どーみてもメロンブックス秋葉原店がモデルで、メロンタワーとか作ってるお店が登場し、タワーを記事にする某ブログも。また「デンキ街の本屋さん」番外編『デンキ街の本屋さん みかんBOOKSの場合』はメロンブックス秋葉原店のPOPが『デンキ街の果物系書店みかんBOOKSのお話はこちらに収録』『どうも他人とは思えない。同じ果物系書店として応援してます!』になってた。

なお、「宮田書店へようこそ! 水あさと短編集」【AA】の感想には、俺セントリックさん『商業誌掲載作、それも新しいものほど作画も構成もこなれてくるのだけど、作品の熱量的には1本目、同人誌初出の「帰れない二人」が一番グッとくる。やはりいろんな縛りがないことで、荒削りながら作者の思いがストレートに出ているのかなぁ、と思ったり』や、彩彩華美さん『初っ端から甘酸っぱさ全開の青春ラブストーリーが待ち構えていて、予想以上にやられたわ』、『短編だけかと思ってたら4コマもあったりとバリエーションに富んで色々楽しめました』、KONの徒然日記さん『友達以上恋人未満の関係の男友達から急に告白されて素直に好きといえない女子高生の赤面っぷりがかわいくてたまらないです(笑)』などがある。

「宮田書店へようこそ! 水あさと短編集」コミックス情報 / 水あさと氏のホームページ

表題作「宮田書店へようこそ!」
高い所の本を取ろうとする→パンツ見える
「発注ミス?間違って一桁増やしてしまったんじゃ」
「POPを描け。おまえこの本好きなんだろ?」
「くすっ」「本屋の癖に人の買う本笑うかよ!」
「あとでいっぱいお話しましょう」「おう…いいよ」

【関連記事】
画像:デンキ街の本屋さん(3)発売
コミックフラッパー7月号 デンキ街の本屋さん番外編「みかんBOOKS編ですよ!!」
同人誌 帰れない二人 「泣き顔の破壊力ッ…!黒板はこう使えッ!!」
同人誌ファミレスの住人 「見てるこっちが恥ずかしくなってしまうような告白」

秋葉原のマンガ専門店をモデルにした、デンキ街の本屋さん3巻 「春のパンツ祭り!」
デンキ街の本屋さん(2)発売。 アキバ店員「俺たちの事すぎて愛が止まらない」
水あさと めいなのフクロウ2巻 「赤面少女の告白、やっぱり好き?性的に好きなの!」
水あさと新刊 男子トイレで待ち合わせ  「トイレなのにときめく不思議な一冊」
水あさとの同人誌 二人だけの教室「いいよね、青春って。このこっぱずかしさ」
水あさと デンキ街の本屋さん(1) 「デンキ街のディープで楽しい本屋の毎日」
サークルミルメークオレンジ 刺された人 「何だよwwwこの天然バカップルwwwwww」
水あさと/めいなのフクロウ1巻 「お兄ちゃん大好きな女の子とフクロウ」

とらA、一般向け同人誌ランキング1位のまどかマギカ本「ワルプルギスで朝食を」
魔女・シャルロッテ 「チーズ×シャルロッテ」イラスト集

【関連リンク】
メディアファクトリー
「宮田書店へようこそ! 水あさと短編集」コミックス情報
水あさと氏のホームページ「ミルメークオレンジ」 / Twitter / pixiv

コレを読んでそのまま来週のコミティアに行って同人誌も買う、ととてもスムーズでスマート
じわ~っと心にクるラブコメ作品集なのであります
水あさと「デンキ街」番外編など含む短編集、3巻と同時発売
【ぷらちな】Drawing with Wacom 023 水あさとさんインタビュー
メロンブックス秋葉原店
メロン積み/ 同人用語の基礎知識

【感想リンク】
素直に好きといえない女子高生の赤面っぷりがかわいくてたまらない
同人誌初出の「帰れない二人」が一番グッとくる
「宮田書店へようこそ!」は ヒロインのまこと、強面のタケオの書店ラブコメ
初っ端から甘酸っぱさ全開の青春ラブストーリー
未だラブコメとは程遠いライバル店の様子が描かれています
「帰れない二人」何これ萌えしぬぐぅあぅあおがぎがばるぁあああああああああ!
水あさとさん短篇集1P目からしておもろいw
短編集の宮田書店へようこそも非常によい
「帰れない二人」とかたまりませんわね!
「帰れない二人」と「ファミレスの住人」も再録されてれとは!
恋愛物は短編に限る
宮田書店へようこそ! 水あさと短編集 感想 - 読書メーター



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51356340