2012年08月30日

シギサワカヤ/ヴァーチャル・レッド1巻 「男女の"どうにもならない感じ"は凄い」

シギサワカヤ ヴァーチャル・レッドシギサワカヤ氏のコミックス「ヴァーチャル・レッド」1巻【AA】がアキバでは30日に発売になった。コミックス情報によると『04年8月に第1話を同人誌にて発表。以後、07年5月まで同人誌にて発表後、2011年夏より「楽園」web増刊にて展開中』みたいで、アルティメット涼居さん『やっぱこの人の書く男女の"どうにもならない感じ"は凄い』みたい。
-

シギサワカヤ氏のコミックス「ヴァーチャル・レッド」1巻【AA】
「その女は魔女か 女神か」


家の玄関や窓が開いていて、誰でもヤレる女性
「…なか入ったら?――そこ、暑いでしょう…?… 今日も、」

「やだ、――や、…待っ…そんな…したら、あ…、」

シギサワカヤ氏のコミックス「ヴァーチャル・レッド」1巻【AA】がアキバでは30日に発売になり、COMIC ZIN秋葉原店、とらのあな秋葉原店Aで見かけた。

シギサワカヤ氏は世界の果ての本棚さんの紹介によると『レディコミ、耽美、エロ…そのどれもが当てはまるようで、斜め上にズレているような、不思議な作風の人だと思う。デビュー作からすべて読んでいるのだが、未だに自分がなぜシギサワ作品を読み続けるのかよくわからない。シギサワ作品の男女は割と簡単に身体を繋ぐ。身体から始まる関係もある。身体だけが繋ぐ関係もある。その関係性は私からは随分と遠く、理解だって及ばないのに、なぜか読みたくなってしまうのだ』な作家さんみたい。

コミックス情報では『04年8月に第1話を同人誌にて発表。以後、07年5月まで同人誌にて発表後、2011年夏より「楽園」web増刊にて展開中の長編作品、待望のコミックス化』で、収録作品はヴァーチャル・レッドシリーズ第1章「Home」、第2章「Random Seed」、第3章「Burst Error」、「Sleep Off(描きおろし)」、第4章「Overflow」、「Empty Set(描きおろし)」と、「The Last Supper」の、同人誌から5編と描きおろし2編の計7編。

「ヴァーチャル・レッド」1巻【AA】は家の玄関や窓が開いていて、誰でもヤレる女性がヒロインで、オビには『その女は魔女か女神か』。

この作品は2004~2007年にかけては同人誌ににて発表、また、その続きを現在「楽園」Web増刊において連載中の作品です。とはいえ、実はこの1巻には同人誌分のまだ半分強しか収録できていないのですが…~とうに「恋愛」という言葉は、私の中でよくわからない形骸化したものになりつつあるのですが、それでも、そこに人間が二人居て、それだけで、「恋愛」の言葉の範疇に居ようが居まいが、心がそれにある程度固執し、乱されるならばそれは特別な何かなのだろうと。そういう確固たる曖昧さを持つ、面倒なものが描きたいです。
あとがき抜粋

なお、「ヴァーチャル・レッド」1巻【AA】の感想には、アルティメット涼居さん『ホラーっぽい表紙だけどホラーじゃないよwwwwww やっぱこの人の書く男女の"どうにもならない感じ"は凄い。上手い。 安定の面白さだな~』、FlowerThiefさん『背徳感と罪悪感に苛まれながらもそばに居てしまう馬鹿な男と、謎の女。 ゼロ年代に同人誌で発表されていた作品。コミティアでこの総集編を買ったのをよく覚えています』や、Jimmyさん『鍵も掛けずに一軒家で行きずりの男を待つ、結婚指輪をした女という、いかにもな設定だと思ったら、どうやら一捻りありそうな予感。おかしいと分かっていながら家から離れられない葛藤が良い』などがある。

「ヴァーチャル・レッド」1巻コミックス情報

「教えますよ。タダで幾らでもヤらせてくれる女」
家にきた初対面の男のをゴックン「…は…」トロ…
帰宅すると、 別の男とセクロスした後
「・・・寝てるかと思ってた」
「…好きだから
あなたの事が」
「あれは大事な女だ
大切に扱っても貰わなきゃ」

【関連記事】
楽園 Le Paradis 「恋愛系コミック最先端」 あの冷やし縞パンも
恋愛アンソロジー 楽園Le Paradis 5 「ニヤニヤとイタイイタイとニヤニヤ」
楽園 Le Paradis Vol.2 「恋愛系コミック最先端、満を持しての第2号!」
黒ストに白濁液とか、ワンワンポーズもある恋愛アンソロ

【関連リンク】
白泉社
楽園 / シギサワカヤ氏ページ
「ヴァーチャル・レッド」1巻コミックス情報
シギサワカヤBlog「朝起きるとねこが全て胴長になっている」
取り敢えず書影。どうだ赤かろう
書店特典 COMIC ZIN とらのあな 一部書店(共通)の3種類です
シギサワカヤ - Wikipedia
世界の果ての本棚「シギサワカヤ」

【感想リンク】
詩的で気怠いでも引き込まれる。「ヴァーチャル・レッド」1巻発売
やっぱこの人の書く男女の"どうにもならない感じ"は凄い
同人時代の意欲を感じる。次巻にも期待!
背徳感と罪悪感に苛まれながらもそばに居てしまう馬鹿な男と、謎の女
ヴァーチャル・レッド 1巻 感想 - 読書メーター


ヴァーチャル・レッド 1 (書籍扱い楽園コミックス)ヴァーチャル・レッド 1 (書籍扱い楽園コミックス)
シギサワ カヤ

さよならさよなら、またあした (ウィングス・コミックス) ダブルマリッジ (芳文社コミックス) 未必の恋 楽園 Le Paradis 第9号 恋のカオリ (IDコミックス 百合姫コミックス)

by G-Tools

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51357298