2012年09月02日

天乃一水/イクまでイッちゃお? 「人妻…女教師…義姉…イイ女 絶頂秀作選」

天乃一水 イクまでイッちゃお? 天乃一水氏の大人向けコミックス「イクまでイッちゃお?」【AA】がアキバでは31日に出てる。オビ謳い文句は『即で直でガチな責め!人妻…女教師…義姉…イイ女M穴開発!』『五感とろとろ責め♪』で、コミックス情報は『女子アナ、女教師、小説家や武術家など、エロどり豊かなアデージョたちが果ての果てまで昇りつめる絶頂秀作選』になってる。
-

天乃一水氏の大人向けコミックス「イクまでイッちゃお?」【AA】
「即で直でガチな責め!人妻…女教師…義姉…イイ女M穴開発!」

義姉「調教3日目 手足を縛りクリ◯リスとポルチオ性感帯を1時間ほど責め続けた」

人妻「気がつくと私は、意志とは関係なく悦びの声をあげながら
貪るように彼の上で腰を振っていたのです」

女教師「あああああっ!あひっ!」びくっ♥
K-BOOKS秋葉原新館
メロンブックス秋葉原店
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

天乃一水氏の大人向けコミックス「イクまでイッちゃお?」【AA】が、アキバでは8月31日に出てる。

「イクまでイッちゃお?」【AA】には、COMIC 華漫、COMIC 失楽天に掲載の「義姉調教日誌」、「女子アナの穴」、「侵された日」、「昼間のパパはちょっと違う」、「怒り尻」、「ダブル・ブッキング」、「叔母は売れっ子小説家」、「スライミーでスマイリー」、「カノジョの秘密」、「三年坂」、「最強彼女 冥」、描き下ろしの「超・最強彼氏 紀和」の12編を収録

オビ謳い文句は『即で直でガチな責め!人妻…女教師…義姉…イイ女M穴開発!』、オビ裏面は『私のナカはもう、アナタのカタチだよ?』、『描きおろしアリ!!』、『思う存分ブ・チ・マ・ケ・ロ!』、『媚熱放熱!』になっていて、コミックス情報では『肉欲のまま終わりなきアクメに溺れる最紅潮短編集です。 女子アナ、女教師、小説家や武術家など、エロどり豊かなアデージョたちが果ての果てまで昇りつめる絶頂秀作選』

フェロモン溢れる描写や濃厚なエロ描写などその世界観で魅了する天乃一水による選りすぐりの作品集。 今回は描き下ろし作品の収録や雑誌掲載時から加筆修正を加るなど、 単行本ならではのクオリティアップも図っております。 濃厚かつ淫靡な世界観を味わえる内容になっておりますので、 ファンならずとも注目の一冊です !「イクまでイッちゃお?」書店向け案内

えろでいさんの紹介は『収録作品は、兄の出張の間に兄嫁(義姉)を調教するカラー漫画「義姉調教日誌」、コンビニ店員の中年男が、憧れていた女子アナウンサーが自分の勤め先に来店し万引きする所を押さえたことから、警察に言わないことと引換に彼女を公衆便所で犯す「女子アナの穴」、ホストファミリーとして受け入れた外国人の少年に犯され、流されていく一家の母親を描いた「侵された日」、父子家庭の父親が、かつてご主人様と奴隷の関係でSMプレイをしていた女性に、娘の高校で娘の担任として再会する「昼間のパパはちょっと違う」、怒りっぽく生徒に厳しい女教師さんが、フェンスの穴におしりが引っかかり身動きが取れなくなっていた所を男子生徒に犯されてしまう「怒り尻」』になってる。

なお、「イクまでイッちゃお?」【AA】のあとがきで、天乃一水氏は『今年は連載の都合上、1年で3冊単行本が出たという事もあり本当にうれしい1年でした(ノ´∀`*)』、『来年も再び皆様と単行本でお会い出来るのを楽しみにしております(*´ω`*)』などをコメントされている。

「イクまでイッちゃお?」コミックス情報

「こんな男はじめてぇぇっ!」
「出てるう…すごい量…こんなにいっぱい…」
「ご、ごめんなさい、こんな…Hな女で…」
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っ」
びくっ♥
「本物のチ◯ポ、奥まで入ってきたぁぁっ!」
仰け反りながら絶頂

【関連記事】
天乃一水/壊胎新書 「アブノーマルでインモラルな天乃一水ワールド!!」
天乃一水/デレ化攻略マニュアル 「クールな美少女が激しいピストンにヨガリ狂う」

あづま煉/恋蜜フレグランス 「女の子たちがエロく蕩ける」
篠塚醸二/初恋モーション 「女性がみな巨乳で、積極的にせめてくるのが最高です」
とろしお中射しカラー"とろとろおとめ" 「女の子たちの蕩けた躰と表情が堪らない!」
狼亮輔/性的時間 「はち切れんばかりなおっぱいが乱れまくる」
ReDrop単行本"ヘンカノ"デカポスター 「変態Hのヤリすぎはアナタにだけなんだから」

【関連リンク】
ワニマガジン社
「イクまでイッちゃお?」コミックス情報
天乃一水氏のホームページ「灰色工房」 / ブログ / Twitter / pixiv
【発売】天乃一水の単行本「イクまでイッちゃお?」 人妻…女教師…義姉…イイ女M穴開発



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51357821