2012年09月13日

【コラム・ネタ・お知らせ】プロの現場!「将国のアルタイル」作画風景&双子の美人漫画家ミキマキインタビュー&講談社BOX新作青春ノベル紹介

将国のアルタイル こんにちは、講談社月刊少年シリウスの巨根編集Zです。今回は、プロの現場に潜入!「将国のアルタイル」カトウコトノ先生の作画風景の紹介、ARIAの体当たりギャグマンガ「摩訶ソサエティ だからオタクになりなさい!」ミキマキ先生インタビュー、そして講談社BOXらしくないと社内で評判の新作「ティーンズライフ」の紹介です。

-

美麗絵師「将国のアルタイル」カトウコトノ先生の仕事場に潜入!!

シリウス編集部のRです。今回は、勝手にではございますが前回ちらっとご紹介した「将国のアルタイル」11巻発売記念!ということで、作者のカトウコトノ先生の作画風景を紹介なぞさせていただこうかと思います。

え~ご存知ない方もおられるかと思いますので、簡単に説明いたしますと、「将国のアルタイル」は、史上最年少で将軍になったマフムートが、隣国バルトライン帝国の侵略を、アノ手コノ手で防いだり反撃したり先手を打ったりする漫画でございます。

で、戦記もの+歴史ものなわけですから、もちろん背景には気合いが入ります。(カトウ先生は、大学時代トルコ史を専攻されておりまして、その辺の史実&西洋史をミックスしてデザインをされているんですが、これが毎回細かいんですよ!) 見本に今月号のページをご紹介。

えーーっっと・・・これ、もちろん全部手描きなんですよ?というわけで、仕事場で撮った作画途中の同じページがコレ!

ものすっごく細かいですね・・・。何日かかるのかクラクラいたします。しかも、アルタイルは扉絵も毎回凝ってます。



仕上がりはこんな感じ。


また、アルタイルでは、主人公の属しているトルキエ将国ほかいろいろな国や都市が出てくるので、そのデザインは多岐に渡ります。

トルキエ
ヴェネディック
フローレンス

各国のイメージをアシスタントさんに伝えるため、壁にはこんな資料がいっぱい!

もちろん、背景だけでなく、戦いのシーンも国ごとに設定が違います。例えば、今月号掲載の戦闘シーンに出てくる兵隊の衣装設定はこちら!

こいつらがどんな戦闘シーンを繰り広げているかはぜひ、コミックスをご確認ください!

あ、ちなみに、アニメイト秋葉原店さんCOMIC ZIN 秋葉原店さんなどでアルタイル11巻をご購入くださった方に、カトウコトノ先生描き下ろしフェアシールをプレゼント中。ご興味のある方はぜひ足を運んでみてください!(数に限りがあるので、配布終了の場合はご容赦ください)

シリウス本誌では、前回紹介しました複製原画全員サービスも開催してますので、どうぞよろしくお願いいたします!


はい、Rさんありがとうございました。お次はARIA編集部Tさんにバトンタッチです。

双子の美人漫画家ミキマキ先生最新刊発売記念インタビュー!!

初めましてこんにちは。講談社月刊ARIA編集者Tです。(シリウスの巨根編集に対抗して巨乳編集と名乗れという圧力を受けましたが断固拒否。)さてさて今回紹介させていただくのは、双子の美人漫画家が描く爆笑ギャグ漫画「摩訶ソサエティ だからオタクになりなさい!」です。

著:ミキマキ「摩訶ソサエティ だからオタクになりなさい!」

「摩訶ソサエティ」は、日本のオタク文化を、美人教授がハイテンションに褒め称え、解説し、それを一般人(リア充)の学生・吉田くんがツッコミまくるギャグ漫画です。

担当はいつもこの漫画のネームを読んでいるときに、我慢しようとしても、どうしても爆笑してしまい、編集部員にいつも「うるさいんだよ!」と怒られます・・・。ネームで笑い(1回目)、文字指定で笑い(2回目)、校了で笑い(3回目)、コミックス作業で笑い(4回目)、思い出して笑える(5回目)。1ネタで5回笑える地球に優しいエコな漫画なのです!

さて今日はコミックス第2弾「摩訶ソサエティ だからオタクになりなさい!」が9月7日に発売されたということで、コミックスの内容を振り返りつつ、作者のミキマキ先生(なんと双子の美人作家ですぞ!)のお話をお伺いしてきました!

編集T(以下T):今日は「摩訶ソサエティ だからオタクになりなさい!」発売記念ということで。印象に残っている回とかありますか?

ミキマキ:やっぱりゲストをお迎えしたり、取材に行った回とかは印象深いですねー。

カリスマ歌い手「蛇足」氏がゲストに!

蛇足さんの幼少時代のお話などもりだくさん!

T:確かに新しい試みでしたね。取材はどうでしたか?

ミキマキ:まさか出演をOKしてくださるとは思わず・・・。ダメ元だったので。

T:その連絡をしたとき、電話口で絶句してましたもんね・・・。

ミキマキ:"歌ってみた"の裏話とか、子供のときのお話とか伺えてすごく興味深かったですね。

T:男前でしたしね。

ミキマキ:掲載後は、蛇足さんのファンの方に怒られたら・・・とビクビクしてましたねー。

T:男前でしたしね。

ミキマキ:・・・。

T:では次に行ってみましょう。

日本のオタク業界を支える印刷所に潜入!


ちょっといい話も入ったり・・・

ちょっとシモの話も入ったり・・・

T:そうそう同人誌印刷所にも取材に行きましたね。

ミキマキ:これは面白かった! 同人印刷所が「触手割」「メガネ割」「ふんどし割」などのマニアックなキャンペーンをやっているのを発見したことがきっかけだったんですよね。

T:とても少女漫画では描けないような、ステキなシモの話も伺えましたしね・・・。

ミキマキ:ええ。いわゆる"修正の極意"を手に入れました・・・!描いてみようかな、触手・・・。

T:賛成!!


T:次に紹介する「フラグ」の回は、読者人気が高かったです。

ちょっとシモの話も入ったり・・・:描いていても楽しかったですね。

のこのこと現れた名探偵小暮

はっ、大学が陸の孤島に!!

みんなが勝手な行動をとり始め・・・

死んーーーでないっ!?

T:そしてお次は・・・「オタクVS店員」。打ち合わせが盛り上がりましたね。

ミキマキ:これは、ほぼ私たちの実話です。(キッパリ)

T:オタクの人なら絶対に、服屋に行くのに気が引けたり、謎に明るい美容師さんに翻弄された経験があるはず!

ミキマキ:ちなみに、私は実際に美容院で「石化」を使用しましたがまったくの無駄でした・・・。

T:美容師最強説・・・。

洋服売り場ではそっとしておいてくださいね・・・店員さん
まぶしくて死んじゃいますからね

被害妄想といえばそれまでですが・・・

やっぱり苦手なんだもーん!

T:まだまだ紹介したいのですが、続きはぜひ発売中の「摩訶ソサエティ だからオタクになりなさい!」でご覧ください!

ミキマキ:本当に日本のオタク文化は奥が深い!


はい、ミキマキ先生、Tさんありがとうございました。取材は色々な出会いがあったり、思いもしない新しい知識を得られたりと、刺激的で記憶に残る仕事になることが多いですね。さて、最後は講談社BOXの(矢)さんです。

BOXらしくないのもBOX流?BOX史上最高に爽やかな青春小説!!

はじめまして。BOX編集(矢)です。 主に西尾維新さんの〈物語〉シリーズなどを担当させていただいております。

さて、今回は「憑物語」のお知らせではなく、「憑物語」を進行するかたわら、私が黙々と作っておりました「ティーンズライフ」という小説のご紹介です。

「ティーンズライフ」。 あまり講談社BOXらしからぬタイトルであることは、承知しております。

私自身、この作品が新人賞に応募されてきたとき、その、ど直球なタイトルと、「空を飛べるわけでも、超能力が使えるわけでもない高校生の日常を描いた物語です」と書かれた著者自身による紹介文を見て、「どちらかといえば空が飛べたり超能力が使えたりする高校生の非日常を描いた物語を積極的に集めてきたレーベルなんですけど・・・」と、内心「この作品の受賞は無いだろう」と思いながら読み始めました。

新人賞の応募原稿の山(一部)です。編集部員で分担して読みます

しかし。

次々と、これでもかと繰り出される、キャラクター同士の真っ直ぐなやりとり。 桜の咲く帰り道から、夏の夜の海、秋の校庭、冬の川べりへとつづく"自分は体験していないけれど、でも、どこかにあったかもしれない"風景。そしてごく時折挟まれる、少し怖くなるような、冷めた視線。

執筆当時高校3年生だった著者の歩祐作(あゆみゆうさく)さんによる丁寧に丁寧に、一文字たりとも気を抜かずに書かれた文章を読み進めるにつれ、「この才能は認めざるをえない」と、選考に推し、結果、見事受賞となりました。いや、ほんとに、良かったんです。頭の中に風がすーっと吹きぬけた、ようでした。

この真っ白い本と箱は、本を作る前のテスト見本です。使用後は、メモ帳として活用

デビュー作にしかない、このまっさらな感じを味わっていただくべく、応募原稿に、ほとんど手を加えない状態で出版としています。作品に合わせ、装丁もいつもの講談社BOXとはかなり違った雰囲気です。"BOX史上最高に爽やかな青春小説"というコピーに嘘はありません。ぜひ、お手にとって、一緒にこの世界を味わっていただけたら嬉しいです。


はい、(矢)さんありがとうございました。今回はちょっと多めの3本でお送りしました。今回のようなインタビュー、漫画家さんへの突撃取材、新人賞選考の舞台裏など、次回以降も「出版の内側」を紹介できるような記事にできたらと思います。
では、また2週間後にお会いしましょう!!

【バックナンバー】
二次元旅行のお誘い「シリウス」最新情報&あのゲームライターが実名登場?講談社BOX最新作!
アニラジコラボ企画、限定ラフ公開!&講談社BOX新刊情報
講談社BOX8月の新刊3冊!担当が泊まり込み上等で作業した渾身の作品群!
日本犯罪史上最悪の大量殺人をモチーフ。「ツバキ」2巻発売中の押切蓮介先生インタビュー
勃て勇者!セクシャル・ハンター・ライオット 第1巻の打ち合わせ
魔法少女ファン必読!ヒミツの薔薇十字団。そして化物語、まがつき最新情報
アキバ限定「痛絵馬」プレゼント!手を離すと死亡(!?)超密着系ラブコメ「まがつき」新刊発売キャンペーン

この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51359745