2012年09月13日

宇河弘樹短編集 二輪乃花 「短編でここまで驚きに満ちた感動は久しぶりかも」

宇河弘樹 二輪乃花宇河弘樹氏の短編集「二輪乃花」【AA】が12日に発売になった。コミックス情報では『表題作他、描き足し+後日談描き下ろし+初公開・アイディアノート含むファン待望の宇河弘樹究極珠玉短編集』を謳い、名古屋オタ情報局さんの感想は『短編でここまで驚きに満ちた感動を食らったのは久しぶりかもしれない』とのこと。
-

宇河弘樹氏の短編集コミックス「二輪乃花」【AA】発売

コブリアワセ「わたしのあたらしいお母さんは同い年の女の子でした」

「…私ね エリちゃんが好きよ。この家に来ると聞いて一緒に暮らせるんだって
楽しみにしてたのよ」

「わたしはそんな事も分からなかった。母さんも猫も失ったのは
わたしのせいなのにミヤコさんに辛く当たって…」
メロンブックス秋葉原店
特典:着せ替えブックカバー

「朝霧の巫女」などで知られる宇河弘樹氏の短編集コミックス「二輪乃花」【AA】が12日に発売になった。オビには『舞い散れよ、花よ、きみよ。果無くも美しい宇河弘樹渾身の短編集』。

『二輪乃花』には、父と再婚することになった母の妹との関係「コブリアワセ 前編 / 後編」と描き下ろしの「コブリアワセ 後日談」、1950年代のアメリカの炭鉱町を舞台にした「Walk wit me 前編 / 後編」と描き下ろし「after Walk wit me」、とある部屋の同室ソウルメイト「ニリンソウ」の全7編を収録(目次)し、ZINインフォメーションの紹介は『つぼみ連載稿に多くの書き足し&後日談を収録。さらにコミックスで初披露となるアイデアノートなどなど読み応えたっぷりの作品集』になってる。

わたしのあたらしいお母さんは同い年の女の子でした。とある事情から親族の家に越す事となったエリ。「コブリアワセ」という風習から母となった彼の人は、大きな家に、黒い影に、長く長く囚われていたのですー。表題作他、描き足し+後日談描き下ろし+初公開・アイディアノート含むファン待望の宇河弘樹究極珠玉短編集 コミックス情報より

著者の宇河弘樹氏のブログでは『雑誌掲載時よりコブリアワセは14ページの加筆、Walk wit meは2ページの加筆を行っています。この二編は紹介ページで冒頭のお試し読みができるようになっていますので、雰囲気をみてもらえるとうれしいです。また、コブリアワセには4ページ、Walk wit meには6ページの後日談おまけ漫画を描きおろしました』、『短編のほかにアイディアスケッチを収録してます。短編やつぼみカバーイラスト、販促素材などで描いたアイデアスケッチ60点から一部をセレクトして8ページにまとめて掲載します』、『価格は980円とすこしお高くなっていますが、僕の本では初のA5判型と6色印刷の表紙と豪華仕様に奢っています。内容についても編集さんやデザイナーさんの知恵をお借りして美しくかつ随所に遊び心を加えて、ぎりぎりまで頭を悩ませて頑張りました』とのこと。

なお、「二輪乃花」【AA】の感想には、名古屋オタ情報局さん『短編でここまで驚きに満ちた感動を食らったのは久しぶりかもしれない。百合モノ漫画では心情描写で竹宮ジン氏の作品に勝るものなし!と思っていたが、今宵の出会いにビールを傾けたい1冊であった』や、硝翅さん『的な閉塞感が少女たちを際立たせる。ストーリーよりも雰囲気重視なので、読むよりは観る――あんにゅーいなフランス映画を観るみたいな感じ。百合初心者にも楽しめました』などがある。

また、漫画まみれラノベづくしさん『「ニリンソウ」は、メガネの長身クール女子と、その同居人の押しの強いちびっ子の室内でのやりとりを描く作品。これ、百合なのに、よもやのおもらしネタがあるとか!久々の短篇集でしたが、やはり短篇だと話の上手さが際立ちますね。雰囲気の良さが絶妙です』や、らばさん『遊び紙とか入った豪華な装丁、百合漫画の枠内に収まりきらない迫力の作品群、そして全てをDAINASHIにする書下ろし後日談、そして送りにくいアンケートハガキ…素晴らしすぎる』とのことで、アンケートハガキにはイラストやフェチアンケート、「ニリンソウ」に登場したキャラクターが勝手にアンケート項目を増やしたようなデザインになってる。

「二輪乃花」コミックス情報 / 試し読み

ニリンソウ つぼみwebコミック「ふら子の歪んだ愛ゆえに起きた小さな悪戯から
もねちんの悲劇は始まる…」
Walk wit me 漫画まみれラノベづくしさん「1950年代のアメリカの炭鉱町を舞台に、閉塞的な街や家族の状況を嫌う少女が、互いに身を寄せ合い成長していく話」

【関連記事】
画像:「二輪乃花」のメロン特典カバー。パンツが舞い、燃え上がる芳文社1 / /
宇河弘樹/朝霧の巫女6巻 「本当に本当に本当に出た」

百合アンソロジー つぼみVol.12 「少女+かいきゃく=錯覚温度」
百合アンソロジーつぼみVol.11 「ほんと甘酸っぱさがっぱねぇ」
隔月化した"つぼみ"vol.8 「ノリにノっている百合アンソロジー」
百合アンソロジーつぼみVol.7 「豪華でエッチ?なカラー小冊子付き」
百合アンソロ 「つぼみvol.6」 メロン特典は全裸ユリ百合クリアファイル
百合アンソロジー つぼみvol.5 「少女+じゃれっこ=太もも椅子」
つぼみvol.4 「鳴子ハナハル先生のおんなのこxおんなのこが目印!」

【関連リンク】
芳文社
あまくてやさしい百合アンソロジー つぼみ / つぼみwebコミック
「二輪乃花」コミックス情報 / 試し読み
「二輪乃花」宇河弘樹先生サイン会イベントのお知らせ(広島)
宇河弘樹氏のブログ「蛸 グ ラ フ」 / Twitter
つぼみ誌やWEBで描いた短編が単行本「二輪乃花(にりんのはな)」にまとまりました
宇河弘樹 - Wikipedia
宇河弘樹とは (ウガワヒロキとは) - ニコニコ大百科

【感想リンク】
短編でここまで驚きに満ちた感動を食らったのは久しぶりかも(名古屋)
恐ろしく趣味的というかやりたい放題な一冊でございます
環境の重々しさを写実的背景でみせる作品と、ギャグ作品とのギャップ
「母親」との関係が際立っていて印象的でした
コブリアワセ後日談がエロいというか見せない色気というかぐぁぁぁ好み!
遊び紙とか入った豪華な装丁、百合漫画の枠内に収まりきらない迫力の作品群
久々の短篇集でしたが、やはり短篇だと話の上手さが際立ちますね
非常に良い
詩的な閉塞感が少女たちを際立たせる。ストーリーよりも雰囲気重視
いまいち
この本の空気が大好きです
二輪乃花 感想 - 読書メーター


二輪乃花 (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)二輪乃花 (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)
宇河 弘樹

私の世界を構成する塵のような何か。 (1)巻 (百合姫コミックス) 桜Trick (1) (まんがタイムKRコミックス) ミズイロ、ソライロ (百合姫コミックス) 魚の見る夢 (1) (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ) 百合☆恋 Girls Love Story (OKS COMIX 百合シリーズ)

by G-Tools

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51359749