2012年09月15日

我妻さんは俺のヨメ2巻 「現在は他人、未来では嫁。タイムスリップ・ラブコメディ」

我妻さんは俺のヨメコミックス「我妻さんは俺のヨメ」2巻【AA】が14日に発売になった。 コミックナタリーによると『タイムスリップ能力を手に入れた冴えない男子高校生・青島のSFラブコメ。未来では学校のマドンナ・我妻さんと結婚している青島と、彼を取り巻く非モテ友人たちの学園生活』で、オビは『現在は他人、未来では嫁。話題のタイムスリップ・ラブコメディ』。
-

原作:蔵石ユウ氏、作画:西木田景志氏のコミックス「我妻さんは俺のヨメ」2巻【AA】発売
裏表紙オビ「現在は他人、未来では嫁」

主人公のタイムスリップ能力で体験する未来の妻・我妻さんとの生活

「おーい コッチコッチー 待った?」
COMIC ZIN秋葉原店
メロンブックス秋葉原店

原作:蔵石ユウ氏、作画:西木田景志氏のコミックス「我妻さんは俺のヨメ」2巻【AA】が14日に発売になった。

『我妻さんは俺のヨメ』は、コミックナタリーによると『タイムスリップ能力を手に入れた冴えない男子高校生・青島のSFラブコメ。未来ではなぜか学校のマドンナ・我妻さんと結婚している青島と、彼を取り巻く非モテ友人たちの学園生活が描かれる』お話で、2巻オビやカバー折り返し作者コメントによると、連載誌がマガジンSPECIALから週刊少年マガジンへ変更になるみたい。

今回発売になった2巻は、裏表紙あらすじは『タイムスリップ能力に目覚めた普通の高2・青島は、未来では学校のアイドル・我妻さんと結婚していた。しかし屈指のモテ男・土橋が我妻さんにアプローチを開始!気が気でない青島の前に、謎の集団が現れて...?』となってて、裏表紙オビの謳い文句は『現在は他人、未来では嫁。話題のタイムスリップ・ラブコメディ、待望の続刊!!』。

なお、コミックス「我妻さんは俺のヨメ」2巻【AA】の感想には、何かよくわからん気まぐれBlogさん『とにかく理想の未来を変えない様に行動する主人公の必死さが凄まじかった巻でしたw 確かに、こんなに可愛い嫁なら必死にもなるわ。w』、屠られ日記!さん『現実では未だに他人だけど、未来では嫁。未来どう転んでもそこにいるのは嫁の我妻さんという安心感!』、ここは関東?~山梨の日々~さん『あいかわらず我妻さんがかわいいです。 主人公はちょくちょく未来に飛んでしまうんですけど、そこでは嫁になった我妻さんがいて、でも現在の時間だとただのクラスメイトだったりしてその差がいいです』などがある。

「我妻さんは俺のヨメ」2巻コミックス情報 / 作品紹介(試し読みあり)

現在:「今年の夏は我妻さんと
海やらプールやら...」
現在:「火事...大丈夫だった?怪我とかしてない?」
現在:「練習中の我妻さんが
見れる!!」
未来:「何?頬杖なんてついてーお行儀悪いよ」
未来:「好きな人と一緒に来たのが大きいのかもね」
未来:「ひかりちゃんは大丈夫 信じてあげて」

【関連記事】
画像:我妻さんは俺の嫁(2)発売
我妻さんは俺のヨメ1巻 「未来に行ったらこの娘と結婚していた件」

美少女アンドロイド ノア「私は、貴方の嫁です」
河下水希/(G)えでぃしょん1巻 「少女漫画家を目指す女子高生が、エロ漫画家へ」
ありのひろし/花嫁の風 1巻「熱血×美少女×花嫁!」
そんな未来はウソである2巻 「女子高生がパーティーに、水着に、混浴に!?大奮闘!」
未来から来た娘がフラグを折りまくる「未来少女エモモーション(1)」
新婚ギャグマンガ ROLLY婚1巻 「嫁は現役女子高生16歳」
ミライカナイ1巻 未来から来た美女(巨乳)とドキドキ同居生活

【関連リンク】
講談社
週刊少年マガジン / マガジンSPECIAL
「我妻さんは俺のヨメ」作品紹介(試し読みあり)
「我妻さんは俺のヨメ」2巻コミックス情報
原作:蔵石ユウ氏のTwitter
若手マンガ家PICK UP!西木田景志先生
「我妻さんは俺のヨメ」がマガスペから週マガへ移籍
【お勧め!】 我妻さんは俺のヨメ、週マガへと移籍 【マガジンの刺客】

【感想リンク】
とにかく理想の未来を変えない様に行動する主人公の必死さが凄まじかった
未来どう転んでもそこにいるのは嫁の我妻さんという安心感!
我妻さんだけじゃなくて、シルヴィアや妹のひかりもいいキャラ
ちょい古臭いネタと、またに垣間見える真面目さのさじ加減が心地よい
こいつ何だかんだでやる男だよな。頑張れ青島っ!


我妻さんは俺のヨメ(2) (講談社コミックス)我妻さんは俺のヨメ(2) (講談社コミックス)
著者:西木田 景志
販売元:講談社
(2012-09-14)
販売元:Amazon.co.jp


我妻さんは俺のヨメ(1) (講談社コミックス)我妻さんは俺のヨメ(1) (講談社コミックス)
著者:西木田 景志
販売元:講談社
(2012-02-17)
販売元:Amazon.co.jp


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51360027