2012年09月29日

サークルItamiWorksの商業誌初連載 「共学高校のゲンジツ」1巻

共学高校のゲンジツ男女共学の高校を舞台にしたコミックス「共学高校のゲンジツ」1巻【AA】が28日に発売になった。コミックス情報は『創作系同人誌即売会で絶大な人気を誇るサークルItamiWorksの伊丹澄一とさぬいゆう。商業誌初連載にして、既に円熟の域に達したパフォーマンス』で、オビは『思ってたよりドキドキしたり、しなかったりする、共学高校のそんな毎日』。
-

コミックス「共学高校のゲンジツ」1巻【AA】
「思ってたよりドキドキしたり、しなかったりする、共学高校のそんな毎日――」

「独り身の共学が一番惨めってことね」

「カノジョになれよ!」「カノジョにして!」「カノジョになってください!」
とらのあな秋葉原店A
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原店
特典:描き下ろしメッセージペーパー

原作:さぬいゆう氏、作画:伊丹澄一氏が、月刊!スピリッツに連載されているコミックス「共学高校のゲンジツ」1巻【AA】が、28日に発売になった。

さぬいゆう氏&伊丹澄一氏はサークルItamiWorks名義で同人誌を出され、アキバBlogでは図書委員のバレンタインデー同人誌登校電車の様子を描いた同人誌ツンデレ文学少女同人誌をお伝えした。

今回発売になった「共学高校のゲンジツ」1巻【AA】【AA】はサークルItamiWorksの日記によると『元々は同人誌として3部作の構成で出そうと思っていたため、ちょっと普通の漫画と違い実験的要素の強い変則的な仕様ですが楽しんで頂けたら幸いです』とのことで、コミックス情報は『創作系同人誌即売会で絶大な人気を誇る、サークルItamiWorksの伊丹澄一とさぬいゆう。商業誌初連載にして、既に円熟の域に達したパフォーマンスにご注目ください!!』になってる。

裏表紙によると『どこの街にもありそうな、とりたてて特徴のない共学高校に集った、どこにでもいそうな少年少女たちが繰り広げる、若さと甘さが入り混じった青春!!』で、オビには『思ってたよりドキドキしたり、しなかったりする、共学高校のそんな毎日――』、なお話になってるみたいで、 とらのあな秋葉原店Aには複製原画の展示があった(ZIN秋葉原店にもあったっぽい)。

盛り上がらないのが新しい!チャンスなら転がっている!! ちょっとだけドキドキする……でも、進展しない!! 盛り上がりそうで盛り上がらない毎日を悶々と過ごす男女の人間模様を描く、全く新しい草食系恋愛コメディー コミックス情報

なお、コミックス「共学高校のゲンジツ」1巻【AA】の感想には、何かよくわからん気まぐれBlogさん『「共学に通っていれば、私にも彼女ができたのかもしれない・・・」って幻想をぶち壊すような超リアルでシュールな内容に、笑いを通り越して唖然としっぱなしです!!w』、『恋愛ゲームのフラグはきちんと回収するのに、リアルでの恋愛フラグは見落とすって話はかなり現実的に感じて面白かった!!』や、謎鳥さん『嗚呼、自分が高校生の頃に一体どれだけのフラグを取りこぼしてきたんだろうか。過去を顧みて塞ぎこみつつ「ああああああ!!」と叫びたい気分』、『中二病的な痛さとは別のベクトルでダメージが大きすぎるわ』などがある。

「共学高校のゲンジツ」1巻コミックス情報 / さぬいゆう氏&伊丹澄一氏

「共学でもよーーッ、カノジョなんてできねーぞ!!」
「誰のカノジョになればいいの?」
「甘えすぎだろッ!!」
「男同士で間接キスって
おいしいの?」
「歩幅と呼吸を合わせれば気づかれないって聞いたのに」
「私は、草野くんでドキドキするけどな」

【関連記事】
ツンデレ文学少女同人誌 「太宰治な文学少女は川端康成を敵視する。」
サークルItamiWorks 登校電車 「これぞリア充!ツン娘と登校とかご褒美です!」
図書委員のバレンタインデー同人誌 「なる程、これがリア充・・・」

【関連リンク】
小学館
「共学高校のゲンジツ」1巻コミックス情報
ビッグコミックスピリッツ
ItamiWorks(さぬいゆう氏&伊丹澄一氏)のホームページ
好きな人は絶対好きだと思う。即追加発注しましたよん
「共学高校のゲンジツ」は、共学高校を舞台にしたコメディ(連載開始時)

【感想リンク】
共学だからって、すぐに彼女(彼氏)ができるわけじゃないんだぞ!?
男子校&女子校出身者よ、これが現実だ
とてもバランス感のある作品だと思うんですの
「Itami Works」のおふたりです故、わたくし的には安心の面白さ
完璧に当たり本!女の子も可愛い
共学高校のゲンジツ 1巻 感想 - 読書メーター


共学高校のゲンジツ 1 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)共学高校のゲンジツ 1 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
著者:伊丹 澄一
販売元:小学館
(2012-09-28)
販売元:Amazon.co.jp


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51362394