2012年10月06日

近未来ロボット・ポリス・ストーリー「バディスピリッツ」1巻

バディスピリッツ原作:岸本みゆき氏、構成:黒岩よしひろ氏、作画:gyuo氏が月刊ヒーローズで連載されている「バディスピリッツ」1巻【AA】が5日に発売になった。コミックス情報には『警視庁に創設されたロボット部隊「SARF」の活躍を描く近未来ロボット・ポリス・ストーリー…ミッション開始!』な、人間の捜査官と相棒のロボットによる警察の特殊部隊を描いたマンガ。
-

コミックス「バディスピリッツ」1巻【AA】発売

捜査官の滝沢翔と相棒のロボット(BUDDY)レド
「ああイカレロボット その女性を離せ」

「了解!! 目標視認!」

「堀江サキ警部補 リン 出動します!」
アニメイト秋葉原
メロンブックス秋葉原店
COMIC ZIN秋葉原店

原作:岸本みゆき氏、構成:黒岩よしひろ氏、作画:gyuo氏が月刊ヒーローズで連載されている、コミックス「バディスピリッツ」1巻【AA】が5日に発売になった。

コミックス情報には『警視庁に創設されたロボット部隊「SARF」の活躍を描く近未来ロボット・ポリス・ストーリー……ミッション開始!!』とある、人間の捜査官と相棒のロボットによる警察の特殊部隊を描いたマンガで、キャラクター紹介によると捜査官の「滝沢翔」と相棒のロボット(BUDDY)「レド」などが登場し、主人公はロボット専門の鑑識官「滝沢悠」。

原作の岸本みゆき氏インタビューによると『編集部から「ロボット刑事と主人公の"バディ(相棒)もの"を始めたい」と相談を受けました。マンガ雑誌が売れないこの時代に新しい雑誌を、しかも「ヒーローもの」でやろうというコンセプトに共感したというか、男気を感じまして(笑)』『テーマは「人間とロボットの絆」ですが、これは昔からやり尽くされてきたテーマで、この普遍的ともいえるテーマをいかに古臭くなく、かつ王道のヒーローとして描けるかが勝負です』とのこと。

警視庁の特殊ロボット舞台・SARF。選りすぐりのトップエリートで編成されたこの部隊では、専従の機動捜査官と、BUDDYと呼ばれる独自開発された戦闘用サイバロイドが、コンビになって任務にあたる。現在、SARFには3体のBUDDYが配備されている―― コミックス裏表紙より

なお、コミックス「バディスピリッツ」1巻【AA】の感想には、ひささん『最近ロボットが相棒の警察漫画よく見るなぁ。まだまだ謎ばっかりだけど、これは良い展開。絵もあんまり崩れてないし』や、函さん『リンちゃんかわいいむちむちかわいい 』、グリーンさん『まもる1.2号が可愛かった サイボーグニンジャみたいで 』などがある。

「バディスピリッツ」1巻コミックス情報 / 第1話試し読み

暴走した警備ロボット
「お金ヲ守らネバ!!」
「サイバロイドが暴れるなんて!!人を殺すなんて…」
「アレを撃つつもりなのか!?」「目標視認!」
「フザケルナ!ゴミ人間が!街をキレイにシテ何が悪いィィィーッ」
「に…兄さん…何を?…」
「任務…了解!」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit