2012年10月09日

ニンジャスレイヤー、コミケ会場でニンジャと戦うアメコミ風同人誌 「NINJA AVENGERS」

ニンジャスレイヤー同人誌「NINJA AVENGERS」 ニンジャスレイヤー同人誌『NINJA AVENGERS』がZIN秋葉原店に8日?に入荷した。サーバーパンクニンジャ活劇小説「ニンジャスレイヤー」の同人誌で、サークルさんコメントは『アメコミ風ニンジャスレイヤー同人誌。ニンジャスレイヤー、ヤクザ天狗、フォレスト・サワタリの三人がコミケ会場でニンジャと戦うお話』とのこと。
-

サークルTWO-PAGEのニンジャスレイヤー同人誌 「NINJA AVENGERS」

「ニンジャスレイヤーのオジギ! 
そして両手にドウジンシを構えて力を込めると肩に縄のような筋肉が盛り上がる!」

「ニンジャスレイヤーのヘル=タツマキ!
これでオタクニンジャは一網打尽!スゴイ!」

サークルTWO-PAGEのニンジャスレイヤー同人誌『NINJA AVENGERS』がCOMIC ZIN秋葉原店に8日?に入荷した。

元になった小説「ニンジャスレイヤー」は、書籍情報によると『ニンジャ抗争で妻子を殺されたサラリマン、フジキド・ケンジ。彼自身も死の淵にあったそのとき、謎のニンジャソウルが憑依。一命をとりとめたフジキドは「ニンジャスレイヤー」――ニンジャを殺す者となり、復讐の戦いに身を投じる。近未来都市ネオサイタマを舞台に、ニンジャスレイヤーvsニンジャの死闘が始まった』というお話で、bizmash!:@niftyによると『Twitter上の連載が人気を集め、書籍化が決まった異色の小説』。

同人誌『NINJA AVENGERS』はコミックマーケット82でコピー本?として出され完売になったものを増補改訂して委託された二次創作同人誌で、サークルさんの委託コメントによると『アメコミ風ニンジャスレイヤー同人誌。ニンジャスレイヤー、ヤクザ天狗、フォレスト・サワタリの三人がコミケ会場でニンジャと戦うお話』。バリキドリンク=シールが付き、「アトモスフィア」「ニンジャソウル」「ジツ」「Wasshoi!」などの忍殺語で話が進んでる。

「ネオサイタマのスゴイオオキイ=サイトでニンジャが目撃されたらしいわ 確かな情報よ」 ナンシー=サンの連絡を受けたニンジャスレイヤーは、ネオサイタマのスゴイオオキイ=サイトへと向かう。
スゴイオオキイ=サイト通称ビッグサイトはネオサイタマ最大のイベントスペースだ。ビッグサイトでは奇しくもギークの祭典「コミック=マーケット」が開催されていた。 「ニンジャ殺すべし!」 
同人誌「NINJA AVENGERS」導入部より

なお、創作元の商業小説 「ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上」の感想には、エンジェリック冥夜ーさん 『昔の翻訳みたいな直訳や、翻訳者の強い癖みたいな文体や言葉を、しつこくクセになるまで使い倒しているのがいい』、dousite_Kさん『ストーリーは、王道そのもので面白いのだが、何か間違った日本観と文体の面白さのほうが目立ってる気がしてならない。その言語センスとツイッターの140文字制限、短編によって構成される作りがいいリズムを生み出していて読みやすい』、nyapoonaさん『キテレツな文体にばかり注目されがちだが、下流社会の人々の生き方や先の見えない未来を生きる少年少女の葛藤など、ブンガクアトモスフィアに満ちている』などがあった。

サークルTWO-PAGE / COMIC ZIN通販「NINJA AVENGERS」

「会場にはオマツリめいたアトモスフィアが充満していた」
「なんと! こんな同人誌でニンジャになるというのか? いかなるジツか!?」
「読んだだけでニンジャになってしまうドウジンシ! 」
「そこに現れたのはテングオメーンにヤクザスーツ! 」
「ニンジャスレイヤー、ヤクザ天狗、オタク少年の三人は取り囲まれていた!」
「どうしてもというならば俺が相手になる!」

【関連記事】
メロンの手裏剣POP 「間違ってるの知ってるよ」「大丈夫!魂はあってる!」
ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上(1) 「世界一正しい、間違ったニンジャ見参!」

【関連リンク】
ゆんぺす氏のTwitter / pixiv
C82新刊ニンジャスレイヤー本「ニンジャ=アベンジャーズ」サンプル(pixiv)
バリキドリンク=シール(おまけ)(pixiv)
COMIC ZIN通販「NINJA AVENGERS」
とらのあな通販「NINJA AVENGERS」
ワカりすぎててヤバイ級に面白い。今年の忍殺本の中で最高の出来だ

NINJA SLAYER公式サイト
ニンジャスレイヤー - Wikipedia
ニンジャスレイヤーとは - ニコニコ大百科
忍殺語とは (ニンサツゴとは) - ニコニコ大百科
ニンジャスレイヤー @ wiki - ニンジャスレイヤーwiki
ニンジャスレイヤーとは【ピクシブ百科事典】

【原作「ニンジャスレイヤー」関連リンク】
Twitterでの連載から書籍に! 異色の人気小説「ニンジャスレイヤー」とは?
コミックナタリー - 「ニンジャスレイヤー」書籍化、挿絵はヘッズのわらいなく
やらない夫で「ニンジャスレイヤー」紹介
ニンジャスレイヤー「はじめての皆さんへ」 - Togetter

ニンジャスレイヤー書籍版のAmazonページがやばい
ニンジャ殺すべし――すべてを失った男の悲壮な復讐譚
ニンジャスレイヤー おすすめ(初心者向け)エピソード
Twitter連載小説「ニンジャスレイヤー」、今このアトモスフィアがヤバイ
早く「自分はニンジャヘッズだ」と胸を張って言えるようになりたいですね
そろそろ『ニンジャスレイヤー』を紹介したいと思ったので紹介する
通して全部読んだことはなかったのでこの機会に読んでみますかね(9月27日更新分)
ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1 - 読書メーター
ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1 - ブクログ


ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1
著者:ブラッドレー・ボンド
販売元:エンターブレイン
(2012-09-29)



この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51364069