2012年10月14日

異能バトルは日常系のなかで(2) 「新・異能バトル&ラブコメ第2弾!!」

GA文庫6月新刊、望公太氏のライトノベル「異能バトルは日常系のなかで」2巻【AA】がアキバでは12日に出てる。『黒焔・ダークアンドダーク』『永遠・クローズドクロック』といった異能に目覚めた文芸部員たちが日常を送るお話で、書籍情報では『覚醒めた俺らの楽しすぎる日常』、裏表紙には『新・異能バトル&ラブコメ第2弾!!』などなど。
-

著:望公太氏、イラスト:029氏のライトノベル「異能バトルは日常系のなかで」2巻【AA】
オビには「俺修羅」ヒロイン真涼のコメント入り

「発動!時と焔の複合技(ユニオンスキル)」 「原罪時刻(タイムイズギルティ)」

カラー見開き 主人公の厨二な安藤寿来【右上】
「俺の中の"地獄開闢の門(インフェルノゲート)"が全開解錠(マキシマム)しねーかなー」
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド
とらのあな秋葉原店A
メロンブックス秋葉原店

GA文庫6月新刊、望公太氏のライトノベル「異能バトルは日常系のなかで」2巻【AA】(イラスト:029氏)がアキバでは12日に出てる(公式発売日は15日)。

『異能バトルは日常系のなかで』は、GA文庫blogによると『なんのへんてつもない女子3、男子1(+小学生女子1)の文芸部員が、とてつもない能力に覚醒してしまったことから、壮大な学園異能バトルの物語が始ま……始まる?あれ、案外なんにも始まらないよ…!?』、『神級異能を無駄遣いして、日常を全力で楽しみまくる奴らの新・異能バトル』なお話みたいで、Fe_logさん(1巻感想)によると『異能に目覚めた文学部員たちが部室で放課後ティータイム』。

ちなみに、文芸部員たちはそれぞれ『黒焔・ダークアンドダーク』『永遠・クローズドクロック』『創世・ワールドクリエイト』『五帝・オーバーエレメント』『始原・ルートオブオリジン』といった能力(キャラクター紹介)を持っていて、今回出た2巻書籍情報では『覚醒めた俺らの楽しすぎる日常』、裏表紙は『一途な想いが爆発する取扱注意な日常!でもそれだけじゃ語れない新・異能バトル&ラブコメ第2弾!!』。

「お前が好きだ! 付き合おう!」ある日突然、俺に愛の告白をしてきた生徒会長の工藤さん。この前の残念異能バトルで、俺にガチで惚れちゃった!? 以来、なぜか文芸部員みんなが俺に超冷たい。そんな中、幼馴染みの鳩子の様子がおかしくなり、俺は許されざる罪を贖うべく、異能解放第二形態(ネクストステージ)を――。一途な想いと、取扱注意な日常!でもそれだけじゃ語れない新・異能バトル&ラブコメ第2弾!! 折込チラシ

なお、「異能バトルは日常系のなかで」2巻【AA】の感想には、死屍発苦さん『今回も異能バトルは日常の中にあった。素晴らしい!』『僕はやっぱりでも思ったけど、この作者さんは構成力が半端ないと思う』、 キヨヒロさん『この寸止め感(notラブコメ)が堪らん』、 1_k さん『前巻で二番煎じ乙、と少しでも思ってごめんなさい。しっかり消化して独自のものに昇華できています』などがある。

「異能バトルは日常系のなかで」2巻書籍情報

「僕はただ、恋人を取り返しに来ただけだよ」
「が、頑張ってなんて
全然ないからっ!」
「やだやだやだ
やだやだーっ!」
「そんな厨二過ぎる
決め台詞考えた奴は...」
「私達が中二になった日の
出来事だった」
「情けないこと言ってんじゃ
ないわよ!」


【関連記事】
異能バトルは日常系のなかで 「異能に目覚め、部室で放課後ティータイム」
僕はやっぱり気づかない 「美少女3人の熱い視線…VSラノベ史上、最鈍感男

【関連リンク】
ソフトバンククリエイティブ
GA文庫 / GA文庫ブログ
GA文庫「異能バトルは日常系のなかで」特設ページ
「異能バトルは日常系のなかで」2巻書籍情報
宮野真守&今井麻美&釘宮理恵など超豪華声優陣でサウンドドラマ企画、覚醒!!
お客様のなかに二つ名をお持ちの方はいらっしゃいますか?
「異能バトルは日常系のなかで」の試読版が第一章まるごと公開!
著:望公太氏のTwitter
イラスト:029氏のホームページ「KONGARI」 / Twitter / pixiv
GA文庫のお仕事事情。ライトノベルのカバーはこうしてできる!?(出版社コラム)

異能バトルものとは【ピクシブ百科事典】
能力バトル -アニヲタWiki-
ありがちな異能力

GA文庫|「異能バトルは日常系のなかで」特設ページ
デビューから二年目でアニメ化を果たしついでに幼なじみと結婚までした望公太という作家
「異能バトルは日常系のなかで」 TRIGGER制作でアニメ化!(2014/03)

【感想リンク】
主人公の厨二病パワーを(生)暖かい視線で見守りつつ、結果的にはハーレム
この寸止め感(notラブコメ)が堪らん
今回も異能バトルは日常の中にあった。素晴らしい!
前巻で二番煎じ乙、と少しでも思ってごめんなさい
メタ要素が強すぎる
異能バトルは日常系のなかで 2巻 感想 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit