2012年11月01日

ワールドゲイズ クリップス1巻 「五十嵐藍が紡ぐ儚くも愛おしい青春物語」

五十嵐藍 ワールドゲイズ クリップス 五十嵐藍氏のコミックス「ワールドゲイズ クリップス」1巻【AA】がアキバでは31日に発売になった。裏表紙によると『放課後の狭い世界の色々。身の回りの日常の中にある少年少女達の曖昧な青春オムニバス』で、コミックス情報の謳い文句は『五十嵐藍が紡ぐ儚くも愛おしい青春物語』みたい。
-


放課後ロスト 「やるじゃん 委員長」  「……誰だっけ? あぁ 同じクラスの?」

「いいの?」「ちょっと一緒に遊んだだけだし」

「身も蓋もねぇな」「きっと大事なのは、最後に良い日もあったって思えること」
メロンブックス秋葉原店
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード

五十嵐藍氏がヤングエースで連載されているコミックス「ワールドゲイズ クリップス」1巻【AA】がアキバでは31日に発売された。

五十嵐藍氏はアネキ大好きコメディ「鬼灯さん家のアネキ」などで知られ、コミックス「ワールドゲイズ クリップス」1巻【AA】のオビは『「鬼灯さん家のアネキ」五十嵐藍最新作』で、裏表紙は『放課後、色々――』、コミックス情報で『五十嵐藍が紡ぐ儚くも愛おしい青春物語』。

新刊折込紹介によると『クラス委員長を務める女子高生が、自由奔放な少女・有川と出会い、鬱屈した日常をほんの少し踏み越える「放課後ロスト」』のほか、裏表紙『友達と散歩「ウォーキング ウィズ ア フレンド」 少女と隠れて金魚を飼う「緑雨」 よりを戻したい女の子「blue imaginary birds」。放課後の狭い世界の色々。身の回りの日常の中にある少年少女達の曖昧な青春オムニバス』みたい(もくじ)。

俺セントリックさんによると『思春期特有の憂鬱感のようなものを描いた作品。タイトル自体もほどよく中二病っぽい。読者層のメインターゲットは大学生以下ってところだろうか。構成的には2〜3話で完結のエピソードを集めたオムニバス形式』とのこと。

なお、コミックス「ワールドゲイズ クリップス」1巻【AA】は、COMIC ZINインフォメーションが『友達と笑い合ったり、部活で思う様燃焼させたり。そんなきらめきくイメージばかりが強い青春という時間。でも、当たり前の、そんな代わり映えのない日常に身を浸しているだけじゃあ面白くない。その当たり前の日常から半歩踏み出して――』などと紹介し、五十嵐藍氏はあとがきで『ちょっと変なオムニバスですが、少しでも気に入っていただけたらうれしいです。では、またお会いできますように』などを書かれている。

「ワールドゲイズ クリップス」1巻コミックス情報

緑雨 「雨の匂い…と 甘い花の匂い…」
「…あんた 誰」
「セックスでもしよっか?」
ウォーキング ウィズ ア フレンド「バカップルのフリしてごまかす?」
「もうすぐ卒業 どう思う?」
「私はけっこう
いい男だと思うけど?」

【関連記事】
画像:鬼灯さん家のアネキ の五十嵐藍「ワールドゲイズ クリップス(1)」発売
"鬼灯さん家のアネキ"五十嵐藍の初短編集 「ローファイ・アフタースクール」
鬼灯さん家のアネキ4巻 「アネキ大好きコメディ、ついに完結!」
鬼灯さん家のアネキ3巻 「うわあぁぁぁアネキかわいぃぃけっこんしてくれ!!」
鬼灯さん家のアネキ2巻 「S系アネキのアプローチと俺の鼻血が止まらない!」
鬼灯さん家のアネキ1巻 全裸・裸エプロン・ディープキス

【関連リンク】
角川書店 / ヤングエース
「ワールドゲイズ クリップス」1巻コミックス情報
五十嵐藍氏のホームページ「IGATZ(イガッツ)」 / Twitter / pixiv
「【宣伝】ワールドゲイズ クリップス1巻」/「いがらん」の漫画 [pixiv]
五十嵐藍 - Wikipedia
日常の中にある少年少女達の曖昧な青春オムニバス 「ワールドゲイズ クリップス」1巻
オムニバス形式を取り、青春をテーマにした物語を放つ(連載開始時)

【感想リンク】
うまく未来が見えない少年と少女の、ぼんやりとした想い
中二病的というか、思春期特有の憂鬱感のようなものを描いた作品
これは、また、トラウマになりそうな青春だなぁ〜。w
全部が全部百合ではないですが女子同士のキスシーンも(雑誌掲載時感想)
「連載漫画として」すごく面白いマンガ(雑誌掲載時感想)



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51367983