2012年11月13日

1960〜2010年代の301作品 ネコミミの歴史解説同人誌「総解説・猫耳史」

猫耳の歴史解説同人誌「総解説・猫耳史」 サークルS猫出版部の同人誌『総解説・猫耳史』が、COMIC ZIN秋葉原店に13日?に入荷した(ZIN専売)。「猫耳表現の変遷」「タイプ別に見る猫耳史」「猫耳作品総覧」などのネコミミ解説同人誌で、サークルさんコメントでは『サブカルチャーとともに歩んできた猫耳キャラクターの歴史を総解説。1960〜2010年代にわたる301作品を網羅』とのこと。
-

サークルS猫出版部のネコミミ解説同人誌「総解説・猫耳史」
「サブカルチャーとともに歩んできた猫耳キャラクターの歴史を総解説」

図解 猫耳表現の変遷 60・70年代 手塚治虫の猫耳キャラクター
「手塚治虫は現在の猫耳に近いデザインのキャラクターをしばしば描いており、猫耳史を語る上で無視できない存在である」

80年代 ロリコンブーム期の猫耳キャラクター

ゼロ年代 新世紀の猫耳キャラクター

サークルS猫出版部のコミックマーケット82新刊・ネコミミ解説同人誌『総解説・猫耳史』が、COMIC ZIN秋葉原店に13日?に入荷した(COMIC ZIN専売)。

サークルさんコメントは 『サブカルチャーとともに歩んできた猫耳キャラクターの歴史を総解説。1960〜2010年代にわたる301作品を網羅』で、目次によると「《図解》猫耳表現の変遷」、「《猫耳キャラクターに関する世代別調査》」、「前章 タイプ別に見る猫耳史」、「一章 猫耳とSF」、「猫耳史関連作品ガイド SF編」、「二章 化け猫漫画の時代」、「60〜80年代 化け猫漫画ガイド」、「三章 猫耳RPG史」、「猫耳史関連作品ガイド RPG編」、「《猫耳作品年表》」、「《猫耳作品総覧》」な全110ページ、1960年〜2010年代までの301作品からネコミミを紹介・解説しててる。

まえがきで、サークルS猫出版部のしろねこま氏は『かつて、同人誌評論家の阿島俊(=米澤嘉博)は、1983年当時に出始めたネコ少女同人誌について、「ひとつのジャンルを作っていけるかは疑問だ」とのコメントを残した。そして21世紀を迎えた現在、猫耳キャラクターは同人誌に留まらず、至る所で目に付くようになった。少なくとも書店に行けば、一人(一匹?)くらいは見つけられるはずだ。では、猫耳キャラクターはメジャーになったか、というと、これもまた疑問符がつく。「メイドさん大全」や「妹ゲーム大全」のような企画は数多あったが、「猫耳大全」のような企画が立ち上がることは、ついに無かったからだ。需要が無いためだろう。米澤嘉博氏の見解は、やはり正しかったのかもしれない。「猫耳大全」が無いのならば、自分で作ってしまえ! ――それが本書の作成に至った動機である』、『本書をきっかけに、猫耳キャラクターの新たな魅力に気づいて頂けることを願っている』とのこと。

なお、同人誌『総解説・猫耳史』の巻頭「《図解》猫耳表現の変遷」によると、60・70年代 手塚治虫の猫耳キャラクター『現在、一般的には「錦の国星」が少女漫画初の猫耳作品として挙げられるが、80年代には手塚治虫が最初だったという説も存在したようだ。実際、手塚治虫は現在の猫耳に近いデザインのキャラクターをしばしば描いており、猫耳史を語る上で無視できない存在である』、70年代 初期の猫耳キャラクター「錦の国星」猫耳漫画の元祖として名前が挙がることが多い。擬人化した猫を猫耳キャラクターとして描く方式を、最初に確立した作品』、ゼロ年代 新世紀の猫耳キャラクター『猫耳の百花繚乱といった状況であり、キャラクターデザインや登場作品のストーリーについて、様々なヴァリエーションが生まれている。戦闘美少女物における「東京ミュウミュウ」の影響、都市郊外を舞台に戦後の妖怪漫画を当世風にアレンジした「ねこむすめ道草日記」、ホームドラマ的展開を猫耳で押し進める「ネコあね。」など』とかを書かれている。

サークルS猫出版部 / COMIC ZIN通販「総解説・猫耳史」(専売)

猫耳アンケート「80年代生まれ一番最初の猫耳キャラは?」
「世代別年齢−作品
対応表」
タイプ別に見る猫耳史「【猫人〜改造された動物】型」
「SFと猫耳 SFは猫との親和性が非常に高いジャンル」
「SFロリコン漫画と猫耳
現在の萌え文化の源流」
「"うる星やつら"と猫耳」
「化け猫漫画ガイド」
「猫耳RPG史 猫耳が最も活躍しているゲームジャンル」
「ジャンル別猫耳作品総覧」

【関連記事】
画像:猫耳同人誌「総解説 猫耳史」
[画像]:「猫耳史 1961〜2011」(同人誌「棚から一掴み 第4号」での紹介)
評論・情報・趣味系同人誌ブックガイド 「魅惑の"ごった煮"同人ジャンルにようこそ!」

漫画の中の同人誌即売会 「同人誌即売会のシーンが登場する漫画レビュー・紹介」
1980〜90年代の脱衣麻雀ゲーム同人誌 「脱衣麻雀に花束を」
EroManga Lovers Vol.3 アイテム・ギミック編 「知ればエロ漫画はこんなにも奥深い」
エロ漫画用語の基礎知識「EroManga Lovers Vol.2」 肉便器・ビッチ・寝取られほか
液汁描写・アヘ顔・擬音などエロ漫画の性的表現 同人誌「EroManga Lovers Vol.1」

こねこパンケーキ1巻 「ねこカフェのねこが、全部女のコになりました」
「猫が美少女に変身するお約束エロコメディ」 にゃっと!2巻
全裸の猫ミミ美少女 にゃっと!1巻 「バカな…このエロさで一般誌…だと!?」
猫耳ニーソ女子高生 やまンこ!1巻 「タイトルが卑猥に見えてしまう・・・」
「ネコ耳とメガネっ娘を描かせたら日本一? E=MC2が描く脱力系コメディ」
「ネコ耳ゴルゴ参上!!(笑)」
あずにゃん「買ってにゃん」 猫耳イヤフォン[黒] 売り切れる
猫耳父さん 「38才の男に猫耳だと・・・新しすぎる」
「萌える最新物理学 ねこ耳少女の量子論」
猫神やおよろず1巻発売 「猫耳ニート神様のダラけた生活」
子猫少女 ゆるユルにゃー!!1巻 「この可愛さはズルイにゃー」

【関連リンク】
サークルS猫出版部
しろねこま氏のTwitter / pixiv
「C82新刊」/「しろねこま」のイラスト [pixiv]
こてんねこみみ「猫耳表現の歴史」
COMIC ZIN通販「総解説・猫耳史」(専売)

同人誌:総解説 猫耳史 第二版

猫耳 - Wikipedia
猫耳 - アンサイクロペディア
猫耳とは - ニコニコ大百科
「猫耳」のイラスト・作品検索一覧(pixiv)
脳波で動く「猫耳」が店頭販売中



この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51369842