2012年11月29日

ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上2発売 「ニンジャが出て殺す!!!! アイエエエエ!」

ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上2 サイバーパンク忍者小説「ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 #2」【AA】が、アキバでは28日に発売になった。オビ謳い文句は『リアルタイム翻訳で放たれるTwitter活劇、書籍化第2弾! ニンジャが出て殺す!!!! アイエエエエ! 早くも累計10万部!!』で、裏表紙は『凄い小説!痛快な展開!正体不明のニンジャ小説』になってた。
-


「凄い小説! 痛快な展開! 正体不明のニンジャ小説」

「ニンジャが出て殺す!! Twitter発! すごい小説! 痛快な展開! 正体不明のニンジャ活劇!」
累計10万部

COMIC ZIN秋葉原店入口横の本棚で「ニンジャスレイヤー(2)」を展開
特典は両面ウキヨエカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード&メンポ
メロンブックス秋葉原店
特典:メッセージペーパー

サイバーパンク忍者小説「ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 #2」【AA】が、アキバでは28日に発売になった(公式発売日は30日)。

2巻裏表紙は『原作者から権利を取得した翻訳チームにより、Twitter上での翻訳連載が開始された「ニンジャスレイヤー(https://twitter.com/NJSLYR)」。強烈な言語センスを忠実に訳した翻訳は「忍殺語」とも呼ばれ、中毒者を生み出し続けてもはや相当に凄い! 「マルノウチ・スゴイタカイビル」「実際安い」「Wasshoi!」「古代ローマカラテ」といった超自然単語群が読者にニンジャリアリティショックを引き起こしてしまうのだ!ツイッターでついた火が、いま炎となる。走れ、ニンジャスレイヤー、走れ!』になってて、オビ謳い文句は『リアルタイム翻訳で放たれるTwitter活劇、書籍化第2弾! ニンジャが出て殺す!!!! アイエエエエ! 早くも累計10万部!!』 。

2巻発売日のアキバでは、COMIC ZIN秋葉原店では入口横本棚で展開し、POPや公式販促POPなどをつけてたほか、とらのあな秋葉原店Aでも『「イヤー」「グワー」「スリケン」「サヨナラ」』忍殺語POPがあり、メロンブックス秋葉原店には『この世界を理解するなどベェイビィィィィ サァヴゥ ミッッッションンンン(赤子の手をひねるという意味です)だぜ アィエー! イヤーッ!』POP、『モスキートダイビングトゥヘルファイア(飛んで火に入る夏の虫)』POPが付いてた。

1巻発売時には、全国でヘッズが歓喜の歌とともに書籍版を高く掲げながら街を行進し、ニュービーはニンジャ・リアリティ・ショックを発症して病院に搬入され、またいたるところでロックバンドが結成されるという社会現象となったことは記憶にあたらしいとおもいます。(しかしエヌエッチケーのニュースでは何も報じられなかった。これはニンジャ真実を隠そうとする暗黒のなんかの力が働いたためとおもわれます)
そんな大いなる書籍『ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上』の第2巻が発売となります。この第2巻には第1部の人気エピソード「スワン・ソング・サング・バイ・ア・フェイデッド・クロウ」が収録ということで、購入特典の両面ウキヨエカードにヤモト=サン&シルバーカラス=サンがエントリーだ! 決断的に買いに行こう。さもなくばカラテだ。(コミック=ジンのスタッフの自我は全て研修済みですのであんしんしてお買い求めいただけます) COMIC ZINインフォメーション紹介

なお『ニンジャスレイヤー』は、1巻発売時には『世界一正しい、間違ったニンジャ見参!』とかのPOPもあり、bizmash!@niftyによると『作品内容は、外国人から見た未来の日本というイメージで描かれている。超人的な力を持つニンジャ(忍者)同士の抗争に巻き込まれ妻子を殺されたサラ リマン(サラリーマン)の主人公が、復讐(ふくしゅう)のためニンジャを殺す「ニンジャスレイヤー」となり、戦いに身を投じるという筋立てだ。 一見すると昔のアメリカン・コミックを思わせる荒唐無稽な要素をちりばめているが、危険な「暗黒メガコーポ(巨大企業)」の下で、カチグミ(勝ち組)とマケグミ(負け組)に分けられ、カロウシ(過労死)や失業の恐れとともに生きるサラリマンの姿などに日本の現代社会の影がちらつく』という、Twitter連載からの商業書籍。

ニンジャスレイヤー1巻の感想には、まいじゃー推進委員会!さん『圧倒的なオーラを放つ珠玉の一冊。間違いまくった日本観、アメコミ、サイバーパンクあたりのごった煮です』『公式サイト上では試し読みも可能で、これを読めばどんだけぶっ飛んで、それでいて抗いがたい魅力のある世界観かがわかってもらえると思います』、航海記録=写真入りさん『いかにもサイバーパンクな設定に、はわりとオーソドックスなストーリー。しかし、ブレードランナーとかのような米国にアジアンテイストを持ち込んだような作品と異なり、舞台は「一応」日本であり、しかも現実の日本のカリカチュアとしての側面が結構強くて風刺としても面白い』などがあった。

「ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上」2巻書籍情報 / ニンジャスレイヤー書籍公式サイト

「慈悲はない ニンジャ殺すべし 敵は極悪非道のニンジャ組織"ソウカイヤ"!」

「近未来都市ネオサイタマ 鎖国体制をひく日本の中心地
挨拶は絶対!! ニンジャ同士が出会ったらまずは挨拶から」


「"アイエエエエ!"秘書が腰を抜かし、再失禁した。
"ク、クセモノ!"秘書が叫んだ。ニンジャは一歩進み出た」
「パンキチ・ハイウェイ・バーンナウト」
「スシ・ナイト・アット・ザ・バリケード」
「フジ・サン・ライジング」
「イヤーッ!」「グワーッ!」
体勢を崩すスマッグラー!
「死の予感と敗北感を味わう。ウカツ!」
「ニンジャスレイヤーはオリガミ・メールを四角く畳み、懐にしまい込んだ」

【収録作】
「パンキチ・ハイウェイ・バーンナウト」(初翻訳) 「チャブドメイン・カーネイジ」 「ユーレイ・ダンシング・オン・コンクリート・ハカバ」 「スシ・ナイト・アット・ザ・バリケード」 「フジ・サン・ライジング」 「ジ・アフターマス」 「ア・カインド・オブ・サツバツ・ナイト」 「アット・ザ・トリーズナーズヴィル」 「スワン・ソング・サング・バイ・ア・フェイデッド・クロウ」 「グランス・オブ・マザーカース#1」 「オウガ・ザ・コールドスティール」

【関連記事】
ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上(1) 「世界一正しい、間違ったニンジャ見参!」
ニンジャスレイヤー、コミケ会場でニンジャと戦うアメコミ風同人誌 「NINJA AVENGERS」

同人誌 美大生を落とす50の言葉 「イラスト&解説もジワジワ来る」
とり・みき/とりったー 「Twitterで募集した体験談、マンガにしちゃいました」
少女と移動図書館 「ツイッター小説がライトノベルに!?」
ログ・ホライズン1巻 「まおゆうに続き、橙乃ままれ先生のオンライン小説が書籍化!」
まおゆう魔王勇者(1) 魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」発売 
ネットで話題になった女子高生Twitterマンガなど 「7と嘘吐きオンライン」
吉田尚記「ツイッターってラジオだ!」サイン会 田中理恵さんの写真集イベントに便乗
Twitter本 ついった! 「4コマで楽しむとなりのTwiiter」

【関連リンク】
エンターブレイン
「ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上」2巻書籍情報 / 1巻書籍情報
「ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上2 ebtenDXパック」(ebten限定版)
ニンジャスレイヤー書籍公式サイト / Twitter
ファンサイト「ネオサイタマ電脳IRC空間」
イラスト:わらいなく氏のpixiv
ニンジャスレイヤー - Wikipedia
ニンジャスレイヤーとは - ニコニコ大百科
忍殺語とは - ニコニコ大百科
ニンジャスレイヤーwiki
ニンジャスレイヤー「はじめての皆さんへ」 - Togetter
決断的に買いに行こう。さもなくばカラテだ
説明不要(不能?)!!例のニンジャ小説、早くも2巻目
ニンジャスレイヤー2巻のAmazonページが相変わらずやばい
ニンジャスレイヤーの油断ならぬ経済効果によって近年のスシやオハギの売上げがふえる

「ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上2」 ニンジャが出て殺す! (実際安い)

【1巻感想リンク】
こんだけ好き勝手やってる話でも、ちゃんとシリアスな話が普通に成立している
現実の日本のカリカチュアとしての側面が結構強くて風刺としても面白い
なかなかしっかりしたサイバーパンクでしかも日本語再発見wできる
早くわらいなく=サンの描かれるパータコ姐さんの豊満が見てえ
イラストが付くことが不安だったがわらいなくさんの絵柄は作品に合っていて実際スゴイ!
独特な言語感覚が生み出すアトモスフィアと魅力的なキャラ立てのワザマエが合わさり実際スゴイ
ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1 - 読書メーター
ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1 - ブクログ


ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上2ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上2
著者:ブラッドレー・ボンド
販売元:エンターブレイン
(2012-11-30)
販売元:Amazon.co.jp

ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1
著者:ブラッドレー・ボンド
販売元:エンターブレイン
(2012-09-29)
販売元:Amazon.co.jp

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51372314