2012年12月07日

志乃ちゃんは自分の名前が言えない 「吃音症の主人公の内面が痛いほど伝わってくる」

志乃ちゃんは自分の名前が言えない押見修造氏のコミックス「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」【AA】が6日に発売になった。コミックス情報によると『"自分の名前が言えない"大島志乃。ぎこちなさ100%コミュニケーションが始まる』で、Jimmyさん『吃音症で人に馴染めない主人公の内面が痛いほど伝わってくる、ヒリ付くような青春漫画』とのこと。
-

押見修造氏のコミックス「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」【AA】発売

主人公の「大島志乃」高校生活初日

自己紹介中「おっ…おっ!…っ…!お!お!お!お!お!お!お!」
吃音症
(突然、人前で、特定の言葉が発しにくくなる疾病)

「苗字がい…発音できなくて!わたっわたわたわたわたしっわっ」
著者の押見修造氏自身が吃音症である経験が元

K-BOOKS秋葉原新館
COMIC ZIN秋葉原店
とらのあな秋葉原店A

押見修造氏のコミックス「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」【AA】が6日に発売になった。

押見修造氏は日々放漫さんによると『「思春期の偏執」というモチーフはそのままに「漂流ネットカフェ」、「惡の華」と良作をポンポンと生み出すヒットメーカー』とのことで、『変態的事件を起こせば鬱屈した気持ちを解放できるだろうと中二病全開な思春期の少年少女がお騒がせ事件を起こしまくる(今までに購入した漫画、ゲームのメモさん)』という「惡の華」はアニメ化も決定してる。

今回発売になった「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」【AA】は、コミックス情報によると『"自分の名前が言えない"大島志乃。そんな彼女にも、高校に入って初めての友達が出来た。ぎこちなさ100%コミュニケーションが始まるーー』というお話で、主人公の女子高生は吃音症(突然、人前で、特定の言葉が発しにくくなる疾病)。あとがきによると押見修造氏自身が吃音症である経験が元になっているとのこと。

オビでは『普通になれなくてごめんなさい。ヒリヒリ青春マンガのマエストロが贈る、もどかしくて、でもそれだけじゃない疾走焦燥ガールズ・ストーリー!!』を謳い、Jimmyさんの感想は『吃音症で人に馴染めない主人公の内面が痛いほど伝わってくる、ヒリ付くような青春漫画。最後のライブでも、格好良く人気者になったりしないところが堪らなくリアル。「惡の華」作者の本領「痛悲しい青春」を目の当たりにしました』などを書かれている。

"自分の名前が言えない"大島志乃。そんな彼女にも、高校に入って初めての友達が出来た。ぎこちなさ100%コミュニケーションが始まるーー。いつも後から遅れて浮かぶ、ぴったりな言葉。さて、青春は不器用なヤツにも光り輝く……のか?  コミックス情報

なお、「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」【AA】の感想には、EARL.BOXさん(12月6日更新分)『頑張れ。超頑張れ。まあでも志乃ちゃんはそれ以上に不器用なのもありますが一生懸命で良いなあ……この1巻だけで完結するお話なので、重いテーマっぽいけどするっと読めて良いです』、何かよくわからん気まぐれBlogさん『物凄く不器用なのだけれど、でもそんな彼女らを見ていて何だか不思議と感動しちゃいましたw』や、俺セントリックさん『あとがきまで含めてじっくり読んでもらいたい1冊』などがある。

「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」コミックス情報

「ぶはッ」「なにあいつ」
「おっ…おっ…わッ!!ぅわっわっわっわっわたしッ…おッほおッ……」
「その喋れないやつ…病気なの?」「ぅわっ…わっ…わっ…!かんない」
メモ帳に「おちんちん」
「志乃っ!?どうしたの!?」
「くやしいッ不公平だよ!!! 喋れさえすれば…私だって」


【関連記事】
メンヘラちゃん(上・下) 「不安や絶望など負の感情表現が凄く、心が揺さぶられる」

惡の華5巻 「暴走セクロス待ったなし!」
惡の華 4巻 「うわああああああぁぁ!!変態だあああああああぁぁ!!」
変態思春期 惡の華3巻 「変態な佐和と純真な佐伯さん・・・」
惡の華2巻 「徐々に変態へと堕ちて行っている堕ちっぷりが見事!」
憧れの女の子の体操服を盗んで… 押見修造「惡の華」1巻

【関連リンク】
太田出版
「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」コミックス情報
ぽこぽこ - ホメられて伸びるタイプのweb連載空間
「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」作品情報(1話試し読みあり)
押見修造 - Wikipedia
「惡の華」の押見修造が、青春ガールズストーリーを始動
吃音症 - Wikipedia
吃音の基礎
職場での会話がどもるようになってしまいました。
子供のひどい吃りについて。 もうすぐ5歳になる息子の吃りについて
吃音(どもり)に効果的な治療方法を教えろください

押見修造の「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」映画化、南沙良と蒔田彩珠がW主演
南沙良&蒔田彩珠主演!押見修造の青春漫画を映画化(2017/12)
押見修造の"隠れた最高傑作"『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』実写映画化決定

【感想リンク】
最終話での志乃の“本音の心の叫び” には鳥肌
「誰にも理解されないコンプレックス」を抱える辛さ
志乃自身も一歩前に踏み出す姿が印象的で感動的
このまんがやばいフラッシュバックが・・・・・・(連載時感想)
志乃ちゃん本編でもメチャメチャ可愛かったよ!(連載時感想)
口下手な女子高生が、みんなと仲良くしようと頑張る青春ストーリー
重いテーマっぽいけどするっと読めて良いです(12月6日更新分)
あとがきまで含めてじっくり読んでもらいたい1冊
これは押見修造にしか描けない漫画だろうなぁ
罪悪感、疎外感、劣等感からの感情の爆発へ
買って良かった
作者の本領「痛悲しい青春」を目の当たりにしました
押見修造、既婚者だったのに、吃驚
志乃ちゃんは自分の名前が言えない の感想 (2レビュー) - ブクログ


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit