2012年12月10日

【コラム・ネタ・お知らせ】 2.5次元てれび公式同人誌 「魔法少女大戦クロニクル」!

【コラム・ネタ・お知らせ】 2.5次元てれび裏レポート番外編? 公式同人誌の編集部からお届けします! こんにちは、2.5次元てれびスタッフのモモカです。いつもは番組の裏レポートをお届けしているこのコラムですが、先週は放送がなかったため(番組は毎月第2・第4木曜日に放送)、今回は冬コミ・pixiv企業ブースにて委託販売予定の、2.5次元てれび番組公式同人誌『魔法少女大戦クロニクル』の編集部についてご紹介します!
-

コミックマーケット83のpixiv企業ブースにて委託販売予定の、2.5次元てれび公式同人誌『魔法少女大戦クロニクル』。冬コミに間に合うよう制作を進めておりましたが、おかげさまで先日、すべての編集作業を終えることができました!

2.5次元てれび公式同人誌「魔法少女大戦クロニクル」
コミックマーケット83のpixiv企業ブースにて委託販売予定

そこで今回のコラムでは、第11回放送で特集したデザインサイドに続いて、編集サイドから同人誌制作の裏側をレポートしてみたいと思います!

視聴者様にブロガーとかカメラマンとか頭にiPhoneつけてる人とか思われがちな私ですが、実はメインジョブは編集ですからねっ!頭にiPhoneつけてるのは、あくまでサブ職ですから!! そんなわけで、編集作業のレポート始めますっ!!

同人誌=薄い本……とは限りません!

「同人誌」という言葉を聞くと、なんとなく女の子がニャンニャンしたり、男の子同士がハッスルしたりする薄い本……というイメージが浮かぶかもしれません(私は浮かびます)。しかし、2.5次元てれびが制作している同人誌は、「薄い本」と呼べるスケールではありません!

何も印刷されていない白い本。これはいったい……?

これは『魔法少女大戦クロニクル』の束見本です。 束見本とは、実際に使用する用紙やサイズで製本された「本のサンプル」のことです。

サンプルなので何も印刷されていないまっしろけな状態ですが、これがあると正確な背幅やサイズがわかるのでデザイナーさんにとっては必須なのです。また、できあがりが想像できるので編集にとってはモチベーションアップにつながります。やっぱり、どんな形の本ができるのかという見本があった方が、やる気もわいてくるものですから!

というわけで、さっそく一般的な同人誌(※私物です。エロいやつじゃないですよ!)と厚さを比較してみました。

左が「魔法少女大戦クロニクル」束見本、右が一般的な同人誌の厚さです

おわかりいただけたでしょうか……。例えるなら、冬コミ新刊と、5年分の再録本を並べているかのような……いや、例えなくても一目瞭然ですけれども。

とにかく、これでもう「薄い本」とは言わせません! 2.5次元てれびの同人誌は「厚い本」「厚くて重い本」ということで、ひとつよろしくお願いいたします!!

  小さなミスが命取り! 台割の落とし穴

すべての作業を始める前に、編集はまず"台割"というものを作ります。

台割とは本を作るための設計図のことで、どのページに何を掲載するか、わかりやすく表にまとめたものです。漫画でいうところのネーム、アニメでいうところの絵コンテみたいな感じでしょうか。編集もデザイナーさんも印刷所の方も、この台割を見ながら本全体の構成を把握するので、最初から最後まで欠かすことのできない重要アイテムです。

とはいえ、人間が作っているものですから、たまに台割自体にミスがあったりもします。 例えば私はExcelで台割を作っていて、ページ数が多い時には図のように2段に分けたりするのですが……

「魔法少女大戦クロニクル」の台割も2段です!

ページ数を打ち間違えたせいで、しばらく実際より1ページ余分に作っていました……。印刷の仕組み上、本は必ず偶数ページで作らなければいけません。特に印刷所に製本をお願いする場合、16ページで1グループとして扱われるため、1ページだけ多いなんて絶対許されません(増やすにも減らすにも、16ページ単位でなければダメなのです)! もし入稿後にこんなミスが発覚したら、ストレスで胃がねじきれるか灰になって消えるしかありません。まぁ今回は早めに気づいたのでギリギリセーフですね!!

……でも、ここだけの話……

実はもう一箇所、大きなミスをしてしまったところがあったりします。イラストレーターさんとデザイナーさんの努力により(私は泡を吹いて気絶してました)、一見わからないようになっていますが、よく観察するとちょっと不自然……そんなページがどこかにあります。もしよろしければ、『ウォーリーを探せ』ならぬ『台割ミスを探せ』的なチャレンジ精神で、本をガン見してみてくださいね。なーんて、新手の販促してみちゃったりして………………ハァ……。

  校正で見つけるのは、間違いだけではありません!

さて、束見本に頬ずりしたり、ミスをして泡吹いたりするだけが編集の仕事ではありません(※そもそもそれは仕事じゃないですが)。デザイナーさんにほぼ全ページのレイアウトを組んでもらったところで、編集のターン。いわゆる"校正"という作業に入ります。

校正とは、要するにチェック作業です。掲載されているイラストや情報は正しいか、レイアウトに不備はないか、文字の字間や行間のバランスはとれているか……などなど、ページ上のすべての事柄をチェックします。こう書くとなんだかすごい作業のようですが、私一人でやるわけではないですし(絶対見落としがあるので!)、チームの共同作業という感じがして嫌いじゃないです。よく「お前ザルだな」って言われますけどね!!

ちなみに、今回の校正紙はこちら。付箋が貼ってあるのは、修正が必要なページだという印です。

初回の校正では、ほぼ全ページに修正指示が入ります……

校正は1回きりでは終わりません。校正→直す→再校正→また直す→再々校正……というように、間違いが見つからなくなるまで続きます。といっても締切は待ってはくれないので、できるだけ少ない回数ですべてのミスを見つけたいものですが……。

では、ここで具体的にどんな修正指示を入れているのかご紹介します!

青いペンで書かれた文字に注目です!

青色のペンで書き込まれているのは「イラストの見せ方」についての修正指示です(ちなみにこれは弊社の社長の字です)。pixivに投稿されていた時は、下の図のようにキッチリまとまっていたのですが……

pixiv投稿時のイラスト

サイズを縮小し、背景を透明化したら、なんだか頭部と足部がバチッと切られたような感じになってしまいました。この「切られた感」を緩和するために、グラデーションをかけるようデザイナーさんに指示をしているのですね(「ラグ」というのは、デザイン事務所ラグタイムさんのことです)。

このように、校正とは間違いを見つけるだけでなく、より良い本にするための工夫でもあるわけです。ってドヤ顔してるわりに、この指示を出したのは社長であって私ではないんですが……!ま、まぁこんな感じで、編集スタッフ一同(主に社長)が頭をひねらせて、どこにお嫁に出しても恥ずかしくない本に仕上げております! 以上、校正パート終わりですっ!!

入稿しても終わりじゃない! 最後のチェックは"色"

そんなこんなで編集作業が完了し、全ページのデータがそろったら印刷所に入稿です。印刷の仕上がりを確認したい場合、ここで"色校正紙"略して色校を出していただきます。

色校とは、実際に使用する用紙を使って、フルカラーで印刷してもらう出力紙のことです。"色校正"という名前のとおり、ここでは印刷物の色を重点的にチェックします。PC画面上ではまともに見えていたのに印刷してみるとおかしな色だったり、想像していた色と違った場合に、色調整して入稿し直すためです。

特に『魔法少女大戦クロニクル』の表紙は、タイトルロゴ部分に箔押しで特色(CMYKの4色では出せない特殊な色)を使用しているので、色校を出さずにぶっつけ本番!というわけにはいきません。正直、制作費にはみじんの余裕もありませんが、それでも色校を出さずに変な表紙になってしまうよりはずっといいです。

というわけで、出してもらいました! こちらがその表紙の色校正ですっ!

表紙の色校正。左下に置いてあるのは、大きさ比較用の15cm定規です

表紙イラストの全景は、初公開でございます。描いてくださったのはイラストレーターのぷちでびるさん。pixivでイラストコンテストを開催する際、見本の魔法少女を描いてくださった方です。もちろん、そのイラストも本の中に収録されていますよ!

お顔をアップ!

いや、それにしても素晴らしい美少女です。この色校を見た瞬間、彼女のあまりの目力に、しばらくぼーっと見とれてしまいました。私、本が刷り上がったら10冊くらいデスクに並べて、ハーレム作るんだ……。

さて、色校をチェックして修正データを入稿し直したら、いよいよ校了=ミッションコンプリートです。あとは本ができあがるのをワクテカしながら待つのみ! そしてまさに現在、このワクテカ期間中なのです!本が弊社に届きましたら、またブログTwitterのほうにもアップさせていただきますので、ぜひぜひお楽しみに〜!!

それでは、2.5次元てれびのコラム連載が始まって以来の長文となった今回ですが、そろそろお開きとさせていただきます。ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

あ、前回のコラムに載せられなかった第11回放送の『楽屋飯』は、ここにそっと置いておきますね。今回のお弁当リポーターは持月玲依さん!美味しそうにお肉を食べる姿に、こちらの食欲もそそられるようなリポートとなっています。また、ちょこちょこ現れる謎のパンダ(?)にも注目ですよ!

謎のパンダの正体は、アイデンティティ(眼鏡)をなくしたアノ人……!?

もしよろしければ次回更新(12/24)でもお目にかかれたら幸いです! えっ、クリスマスイブ? 何ですかそれ? そんなイベント、去年から中止決定してましたよ?そんなことより最近は風邪やノロウィルスが流行っているらしいので、皆様体調を崩されませんよう、どうぞご自愛くださいませ〜。ではではっ!!

2.5次元てれび
2.5次元てれび公式ブログ
2.5次元てれび公式ツイッターアカウント

TEXT BY モモカ(2.5次元てれびスタッフ)

【バックナンバー】
2.5次元てれび第11回裏レポート! 新人声優の初々しいリポートを激写です!!
2.5次元てれび第10回裏レポート!てれび子(仮)の中の人が、満を持してリポーターデビューです!
2.5次元てれび第9回裏レポート!ロボット特集の舞台裏〜コクワガタとの出会い、そして別れ〜
2.5次元てれび第8回放送・ハプニングだらけの裏リポート!
2.5次元てれび第7回放送・裏リポート!
2.5次元てれび、裏レポート始まります!

この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51374039