2012年12月13日

せなかぐらし最終3巻 「冒頭からしてニヤニヤが止まらなくて大変でした!」

せなかぐらし カザマアヤミ氏の、すりガラス1枚で仕切られた部屋で同居するラブコメ「せなかぐらし」最終3巻【AA】が12日に発売になった。裏表紙オビは『ふたりの気持ちは「仲良し」のラインを超えて、お互いに本当の気持ちに気が付き始める…』で、ラブコメが好き過ぎて生きるのがツラいさん『冒頭からしてニヤニヤが止まらなくて大変でした!!』とのこと。
-

カザマアヤミ氏のコミックス「せなかぐらし」最終3巻【AA】発売
「すりガラス1枚ごしの恋の行方は…!?」

ラブコメが好き過ぎて生きるのがツラいさん「もうね、冒頭からしてニヤニヤが止まらなくて大変でした!!」「素晴らしい読後感とニヤニヤを最後まで得られる素晴らしい作品」

COMIC ZIN紹介「"仲の良い"二人から"気になる"二人へ。互いに自分たちの気持ちに気がついた二人、その想いは果たして通じ合うのか――!?」

手をつないだことを思い返して照れる
「わああ わああ わああああ」 バタッ ゴロゴロゴロゴロゴロ
メロンブックス秋葉原店
特典:透けるクリアファイル
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード

カザマアヤミ氏がまんがタイムきららフォワードで連載されていた、コミックス「せなかぐらし」最終3巻【AA】が12日に発売になった。

『せなかぐらし』は、1巻コミックス情報は『同じアパートで一人暮らしを始める隣人同士。でも、何とその部屋を仕切るのは、「すりガラス」一枚きりだった…!? ドキドキなシチュで二人の距離が近付いていくラブコメディー』で、1巻発売時は『すりガラスがヤバイwww』『ガラス越しのニヤラブ劇場』、2巻発売時は『2人の天然バカップル炸裂っぷりは、(・∀・)ニヤニヤがマジで止まりませんww』とかの感想があった、すりガラス1枚で仕切られた部屋で同居するラブコメ。

最終3巻のオビ謳い文句は『すりガラス1枚ごしの恋の行方は…!?』、裏表紙オビ『すりガラス1枚きりで隔てられた部屋で暮らすことになった巡と菓奈。ふたりの気持ちは「仲良し」のラインを超えて、お互いに本当の気持ちに気が付き始める。果たしてふたりの想いは通じ合うのか…スレスレのラブコメディー完結編!!』で、ラブコメが好き過ぎて生きるのがツラいさんの感想は『もうね、冒頭からしてニヤニヤが止まらなくて大変でした!!』、『素晴らしい読後感とニヤニヤを最後まで得られる素晴らしい作品』とのこと。

妙齢の男女、隣同士。その部屋を隔てるのはたった一枚のすりガラス――。そんなドキドキの生活の中で「仲の良い」二人から「気になる」二人へ。互いに自分たちの気持ちに気がついた二人、その想いは果たして通じ合うのか――!? COMIC ZIN通販

コミックス「せなかぐらし」最終3巻【AA】の感想には、徒然なる一日さん『2人の暮らしは終わってまた始まる・・・2人のラブコメディは本当にピュアそのものでしたね・・・眩しいぐらいにピュアだった最終巻第3巻でした』、ユーマ@蟹鳥さん『ちょっともうあれ過ぎて嫉妬とか羨望とかそんなんじゃなくてなんかもう分からんけど読んでて爆散した』、 幻鐵さん感想『ニヤニヤがとまらなくてしゃーないっす。お二人とも末長くお幸せにって気分ですな』などがある。

なお、カザマアヤミ氏表紙折り返しで『最終巻です! いろいろ難産でしたが楽しい連載でした。少しでもときめいたり恥ずかしくなったりなにか感じていただけたら嬉しいです!』、あとがきでは『始まってからもずっと色々悩みつつ手探りで描いてました。どうなることかと思った…(笑)でもほんとうに楽しくて、色々勉強になりました!描いて本当に良かったです。なので読んで下さる読者の皆さんにもそう感じていただけたら大変嬉しいなと思います!思いますよ!』と書かれてたほか、カバー下にはおまけ漫画や、キャラクターについてのコメントもある。

「せなかぐらし」3巻コミックス情報(試し読みあり) / カザマアヤミ氏のホームページ

「顔が見たい」
「家まで…少しだけっ」
「自分から好きだって
伝えたい・・・」
「私ばっか一緒にいたいとか、ちょっとショックだったかな」
「好きなんだ 楽しかったあの暮らしを終わりにしたくない」
「私も好き 一緒にいてね」

【関連記事】
画像:せなかぐらし最終3巻発売
せなかぐらし(2) 「天然バカップル炸裂っぷり(・∀・)ニヤニヤがマジで止まりませんww」
「せなかぐらし」1巻 すりガラス1枚で仕切られた部屋で同居するラブコメ
ひとりみ葉月さんと。2巻完結 「どんどん女の子らしくなって…本当に悶絶モノですよ…」
ひとりみ葉月さんと。1巻 「カザマ先生が描くピュア恋・胸キュン」
ブラコンアンソロジー リキュール / 画像:カザマアヤミ氏「よるとまひる」

【関連リンク】
芳文社 / まんがタイムきららフォワード
「せなかぐらし」3巻コミックス情報(試し読みあり)
「せなかぐらし」シリーズ情報
カザマアヤミ氏のホームページ「ザマログ」 / Twitter
カザマアヤミ - Wikipedia
せなかぐらし - Wikipedia

【感想リンク】
こちらが求めているものを求めている以上に惜しげも無く与えてくれる作品でした
本当にピュアそのものでしたね・・・眩しいぐらいにピュアだった最終巻第3巻でした
失敗したりもしたけれど、恋をして幸せです。「せなかぐらし」3巻
最後の最後までニヤニヤもどかしい展開満載でしたが、素晴らしい読後感
二人の恋の行方を是非見届けてあげてください。そして、せーので壁ドンいきましょう
171ページと172ページの間にあったはずの夜の出来事を描いた薄い本の登場が心から待たれます
勇気を出して綿見くんに告白しようとしたのに、ことごとく失敗してしまう飴原に泣いた…
赤面。ひたすら赤面。いいねぇ。良い感じです
嫉妬とか羨望とかそんなんじゃなくてなんかもう分からんけど読んでて爆散した
せなかぐらしは今までの中でも一番好きだわ、かなちゃんかわいい
読後感の爽やかさがカザマ先生の特徴だと思うのだが、今回も素晴らしかった
誤解/勘違い発恋愛行きのお話が好きでキュンキュン成分が欲しい方にオススメ
ニヤニヤがとまらなくてしゃーないっす。お二人とも末長くお幸せにって気分ですな
せなかぐらし 3巻 - 読書メーター
せなかぐらし 3巻 - ブクログ



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51374473