2012年12月22日

補給がないと軍隊は戦えません 兵站(補給)部隊マンガ「大砲とスタンプ」2巻

大砲とスタンプ速水螺旋人氏のコミックス「大砲とスタンプ」2巻【AA】が21日に発売になった。軍隊で物資の配給や整備、兵員の展開、施設の維持などを担当してる兵站をテーマにしたマンガで、絶賛!巣篭もり中!さんの感想では『今回も横流し有り、テロリスト有り、反乱有り、敵の全面攻勢有りと兵站軍の面々は対応に大わら』とのこと。
-


「マルチナ お前中尉に昇進だ」「給料が上がる!」

「牛缶に真空管に銃弾に軍靴にタバコにメガネにホントにぐっちゃぐちゃだな!」

「石炭倉庫の横に砲弾を積んどく奴がいるか!」「陣地構築に使えるぐらい頑丈な木箱にしてくれ?注文が余計だよ」「だから輸送部隊用のガソリンも勘定に入れといて下さいよ」
とらのあな秋葉原店A
特典:特製イラストカード
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原店

速水螺旋人氏モーニング・ツーで連載されている、軍隊の兵站(補給)部隊マンガ「大砲とスタンプ」2巻【AA】が21日に発売になった。

作品情報は『戦争の裏方・兵站(へいたん)軍所属の、熱血官僚主義っ娘マルチナ・M・マヤコフスカヤ。彼女の主な任務は物資の輸送や補給。前線兵士に馬鹿にされようが、振り回されようが、私は信念貫きます!「私たちは書類で戦争してるんです!」』になっていて、三軒茶屋 別館さんの1巻感想が『兵站軍というデスクワーク主体の軍隊』『デスクワーク大好きで、杓子定規・四角四面な言動の書類至上主義的メガネっ娘・マルチナ少尉が、戦場のいいかげんな現実に対して、驚いたり怒ったりしながらも、彼女なりに対処していく姿がなんとも面白い』だった。

今回発売になった「大砲とスタンプ」2巻【AA】は、絶賛!巣篭もり中!さんの感想では『今回も横流し有り、テロリスト有り、反乱有り、敵の全面攻勢有りと兵站軍の面々は対応に大わらわ。シャレにならない事態であり、血と硝煙の匂い位が漂ってきそうなエピソードが満載なのに、不思議と深刻さや絶望感からは無縁な空気感が出ているんですよね。このあたりの作品の作り方は速水螺旋人先生の十八番』とのこと。

「私たちは書類で戦争してるんです!」と豪語するマルチナは"熱血官僚主義"のメガネっ娘。アゲゾコ要塞補給廠管理部第二中隊で書類仕事に勤しみつつ、仲間たちと騒動に巻き込まれたり、巻き込んだりする。マルチナは一定層に強烈にヒットする萌え要素を持つが、本作の魅力はそれに留まらない。一話に一つ登場する、速水螺旋人テイストあふれる珍妙なメカも見所だ
MCあくしずVol.27の紹介

なお、「大砲とスタンプ」2巻【AA】の感想には、HAYASE0083さん『今回もメシひとつ士気が上を向いたり下を向いたりする見事なまでの軍隊作品でしたね。腐った肉を出されて反乱をおこす、これもまた繰り返される歴史の1ページですね』や、絶賛!巣篭もり中!さん『帯に謳われている「唯一無二の"Military法螺"漫画」偽りなし!今回もケレン味たっぷりの内容となっています』、俺セントリックさん『ますますマニアックの度合いが深まってきた。もともと戦闘よりも戦争の舞台裏をメインに描いているところに、諜報部員なんて出したらそりゃ濃くもなろうというもの。本当に好事家向けだよなぁ』などがある。

「大砲とスタンプ」2巻コミックス情報

「貴様軍法会議で銃殺に…」「今日は自室で謹慎しとけ」
「缶詰を積んだのは別の部署なので私の責任じゃありません!」
「倉庫のひとつでも
襲いたくなるだろう」
「責任問題ですよ!
お仕事溜まってますから!」
「煙草とチョコレートの
配給だ並べえ」
「仕事が溜まってるかと思うと休んでる方が精神的につらいです〜」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit