2012年12月28日

六道神士「AGEHA(アゲハ)」1巻 いとしの彼女は毎回死ぬ。死んだら何度もやり直す

六道神士 AGEHAアゲハ六道神士氏のコミックス「AGEHA」1巻【AA】が27日に発売になった。ヒロインの朱波は車に轢かれたり、砂漠で水がなくて死んだり、学校の屋上から転落したり、無人島に遭難して蛇に噛まれるなど、毎回毎回とにかく死亡するお話で、オビは『死んだらやり直す。いとしの彼女と上手くいくには…?六道式リフレイン惨事流血不条理発進』になってた。
-

六道神士氏のコミックス「AGEHA」1巻【AA】
「死んだらやり直す」「いとしの彼女と上手くいくには……?」

「途中で…お姉ちゃん…帰ってきちゃったから…」

「朱……え……」チッズシャア ゴオオオオ

「囁け!詠唱しろ!祈れ!念じろ!おおっと 朱波はまだ死んでいない
朱波が死なないルートがあるかもしれない」
ゲーマーズ本店
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A

六道神士氏が、ヤングキングアワーズで連載されているコミックス「AGEHA」1巻【AA】が27日に発売になった。

コミックナタリーによると『虚構と現実の狭間で生きる青少年を描いたコメディ。物語は、主人公が彼女と憧れの初体験を果たそうとする場面から始まる。お色気描写が展開されたのもつかの間、事態は思わぬ方向へと発展していく』みたい。

ヒロインの朱波は車に轢かれたり、砂漠で水がなくて死んだり、学校の屋上から転落したり、無人島に遭難して蛇に噛まれるなど、毎回毎回死に、ヒロインの死を回避するルートを探すお話のようで、 オビは『死んだらやり直す。いとしの彼女と上手くいくには……?六道式リフレイン惨事流血不条理発進』になった。

朱波と博士、二人の女に振り回され砕け散る性少年の夢の記録!六道神士得意の現実と虚構が交錯する不条理ギャグストーリー最新作! 「AGEHA」1巻コミックス情報
なお、「AGEHA」1巻【AA】の感想には、あきらさん『途中まで読んだけどまだ世界観がよくわからん 』や、左耳さん『繰り返し繰り返し、さて、どこへ逝くのか』、やすたろうさん『なにかあるようでぜんぜん進んでる気がしない。ラブコメとわりきって読めばいいんですかね? 雑誌の制限でエロがかけないみたいなのを漫画内に設定したみたいな。真実が語られて面白くなるという面白味がこれからあるかどうか…』などがある。

「AGEHA」1巻コミックス情報 / 六道神士氏のホームページ

「朱波はとある条件が揃うと
確実に死ぬ」
「思索し彷徨い惑え
可能性は無いに等しい」
「もとき君!
もとき君起きて」
「あきらめちゃ…だめ…」
「朱波は必ず死ぬ。
結果は決まっている」
「辛ければいつでも認めれば良い――朱波の死を」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit