2013年01月11日

パクリ発覚→絶版だった哀川譲2年半ぶりの新作ラノベ 「正義の味方の味方の味方」

哀川譲 正義の味方の味方の味方電撃文庫1月新刊、哀川譲氏のライトノベル「正義の味方の味方の味方」【AA】が10日に発売になった。哀川譲氏は、デビュー作「俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長」(略称:おかま)が重版2刷分も完売する勢いで売れたものの、パクリ発覚→回収・絶版になったラノベ作家さんで、2年半ぶり・2冊目の新作みたい。
-

哀川譲氏のライトノベル「正義の味方の味方の味方」【AA】発売
「総帥(=凛奈。お仕事、かよわい少女)今日から正義の味方の学校に通います」

一ノ院凛奈「秘密結社ゼロウ・ファミリーの総帥。驚くほどのお人好し」

「悪の秘密結社ゼロウ・ファミリーの構成員は以下のとおりである
総帥一名(凛奈)。怪人一名(俺)。総勢二名。つまり弱小だった」
ゲーマーズ本店
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原店
とらのあな秋葉原店A
特典:電撃文庫フェアしおり

電撃文庫1月新刊、哀川譲氏のライトノベル「正義の味方の味方の味方」【AA】(イラスト:さくやついたち氏)が10日に発売になった。

作者の哀川譲氏は、デビュー作「俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長」(略称:おかま)が重版2刷分も完売する勢いで売れたものの、パクリ発覚→回収・絶版となり、2010年当時にはYahooニュース入りもしたラノベ作家さん。今回発売になった新作ラノベ『正義の味方の味方の味方』は、哀川譲氏の2年半ぶり・2冊目の新作で、正義の味方の養成機関である『白陽花学園』に通うことになった悪の秘密結社の総帥(女の子)&怪人のお話みたい。

「善悪戦争」により、正義が悪を葬りさった現代。そんなスケールのある世界観とは裏腹に、マンションの一室にこっそりと生息する秘密結社があった。ゼロウ・ファミリー――総帥一名、怪人一名、つまり弱小である。かわいらしい少女でありながら総帥を務める凛奈。炊事、洗濯が目下の任務となっている怪人、橙也。そんなささやかなファミリーが今日解体する。その後、学校に通うことになるらしい...正義の味方養成機関、白陽花学園に。なぜに、正義の味方の学校に!?ぼやく橙也であった。こうして、正義の味方を目指す(?)総帥と怪人というおかしなスクールライフが始まるのだが!? カバー折り返しあらすじ

「正義の味方の味方の味方」【AA】の感想には、萌特化書店員さん『あれから2年半ですか。これだけのブランクができてしまったくらいにあの当時はおおごとになりました。でもこうしてまた氏の作品に、ペンネームが変わること無く触れることができて、素直に嬉しく思います』、アキネ会の日常さん『この作品の最大の魅力はやっぱりキャラ同士の掛け合いにあると思うんですよね』『明るくてバカで楽しくて時々熱血。そんな作品でした』や、今日はマツナツリさん『つまらなくはないけど、面白くもない。読んでて途中でちょっとだれてくる凡作って感じ』、nawadeさん『客観的に見て、やはりこの作者、センスあるわ。前作の時に感じたノリの良さは健在。会話のテンポも良くツッコミが冴えている』などがある。

あとがきでの哀川譲氏は、電撃編集部や知人、家族、読者への謝辞がほとんどで『またこうして本を書かせていただけること、大変嬉しく思います』などを書かれている。あと、 電撃文庫総合目録2010にはその存在すら記載ないっぽい からか、『正義の味方の味方の味方』の巻末の既刊リストには『俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長』は書いて無かった。

「正義の味方の味方の味方」書籍情報

「廊下では飛行すんなってあれほど注意されてただろ!」
「俺の足を犬用歯磨きガムみたいに使うんじゃねえ!」
「もうすぐ朝食が...って 今日はまた一段とぐっすりだな」
「二人は何者?私と同じDH学科の生徒みたいだけど」
「高速で突進してきた"何か"に足を掬われ、宙を舞う」
「奨学生の俺は今回の人助けを落としたらヤバイんだよ」

【関連記事】
2010年6月:パクリ疑惑の「俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長」プレミア アキバも品薄
2010年5月:初版がすぐに完売した「俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長」 重版再入荷
2010年5月:「俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長」が売れてるらしい アキバの様子

【関連リンク】
アスキー・メディアワークス / 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINE
電撃文庫1月新刊
「正義の味方の味方の味方」書籍情報
イラスト:さくやついたち氏のブログ「月面重力加速度」 / Twitter / pixiv
電撃文庫「正義の味方の味方の味方」で 挿絵を描かせていただきました
「正義の味方の味方の味方」表紙イラストほか(pixiv)
哀川譲 - Wikipedia
さくやついたち - Wikipedia

正義の味方の味方の味方 あとがきとネタバレを少し
【ラノベ】盗作騒動のあった哀川譲氏の新刊 「正義の味方の味方の味方」
【ラノベ】文章丸パクリが話題になった哀川譲さん、来年1月に電撃より新刊

【感想リンク】
あーわかった!タイトルの意味分かった!
こうしてまた氏の作品に触れることができて、素直に嬉しく思います
明るくてバカで楽しくて時々熱血。そんな作品でした
「悪の秘密結社」「正義の味方」といったステレオタイプの設定やキャラクター
つまらなくはないけど、面白くもない。読んでて途中でちょっとだれてくる凡作って感じ
やはりこの作者、センスあるわ
正直俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長のほうが面白かった
正義の味方の味方の味方 感想 - 読書メーター


正義の味方の味方の味方 (電撃文庫)正義の味方の味方の味方 (電撃文庫)
著者:哀川譲
販売元:アスキー・メディアワークス
(2013-01-10)


俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長 (電撃文庫)俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長 (電撃文庫)
著者:哀川 譲
販売元:アスキーメディアワークス
(2010-05-10)


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51378447