2013年01月12日

森薫 / 乙嫁語り5巻 「相変わらず素晴らしい。結婚式のエピソードの構成は見事」

乙嫁語り森薫氏のコミックス「乙嫁語り」5巻【AA】がアキバでは11日に発売になった。4巻から登場の双子の姉妹・ライラ&レイリ編の完結編みたいで、バカラダイさん『ふたごの花嫁の結婚式のドタバタが何とも楽しい。そして作品中の飯がとにかく美味そうだ』、 オダ子さん『相変わらず素晴らしい。結婚式のエピソードの構成は見事と言うほかない』などなど。
-

森薫氏のコミックス「乙嫁語り」5巻【AA】発売 「ライラとレイリ、ふたごの結婚式がはじまる」

アラル海に暮らす双子の姉妹・ライラ&レイリの結婚式

5巻コミックス情報「やんちゃな双子のライラ&レイリにも、ついに結婚相手が見つかった
この巻では彼ら4人の結婚式を描いた前中後編"祝宴"を一挙に収録!」

「自分たちの結婚式じゃないの!!それくらい我慢できなくてどうするの!!」
COMIC ZIN秋葉原店
とらのあな秋葉原店A
ゲーマーズ本店

森薫氏がFELLOWS!で連載されているコミックス「乙嫁語り」5巻【AA】がアキバでは11日に発売になった(正式発売日は15日)。

『乙嫁語り』はコミックナタリー特集ページによると『シルクロードを舞台にした生活マンガ。馬の背に乗り弓を構え、悠久の大地に生きる人々の物語』。1巻2巻は遊牧民の花嫁と12歳の婿のお話、3巻は未亡人のお話で、4巻からは漁村で暮らす双子の姉妹が婿捜しをするお話だった。

今回発売になった5巻コミックス情報は『やんちゃな双子のライラ&レイリにも、ついに結婚相手が見つかった。この巻では彼ら4人の結婚式を描いた前中後編「祝宴」を一挙に収録!ドタバタにぎやかで、楽しくて、笑顔と涙に満ちた結婚式へようこそ』となってて、双子の姉妹の結婚式が描かれたライラ&レイリ編の完結編と、遊牧民のアミルが再登場する新章?に加えFellows!(Q)に掲載された番外編を収録。

オビでは『幻の塩湖・アラル海に暮らす少女たちのロマンスを描く第3期。人々の祝福に目頭が熱くなる...!』『ライラとレイリ、ふたごの結婚式がはじまる』を謳い、裏表紙は『ふたごの少女ライラとレイリの結婚式!振舞われる料理の数々、みんなの笑顔、そして涙...』になってた。

なお、コミックス「乙嫁語り」5巻【AA】の感想には、オダ子さん『相変わらず素晴らしい。結婚式のエピソードの構成は見事と言うほかない。大した話はないのにグイグイ読ませる』、EARL.BOXさん(1月11日更新分)『ライラとレイリの双子の姉妹の結婚式の巻といってもいい感じの5巻!登場した時は通りがかりでちょい役なのかと思ったら結婚式までみっちり描くとは……!』『結婚式の準備の料理の用意がすげえ綿密に描かれてるのがやはり森薫先生の漫画ですよな(笑。花嫁衣裳の作画とかどうなってんだこれってくらい細かい』、TA9さん『愛情をもって偏執的なまでに描き込まれた(ように見える)画面を見てると「絵の説得力」が持つ大きな力に圧倒されます』、バカラダイさん『ふたごの花嫁の結婚式のドタバタが何とも楽しい。そして作品中の飯がとにかく美味そうだ』などがある。

ちなみに、『乙嫁語り』が連載されている「FELLOWS!」は、2月から「ハルタ」に誌名を変更してリニューアルするみたい。

「乙嫁語り」5巻コミックス情報

「いやあめでたい ところで
これは誰の結婚式だね」
「もうお前たちを叱る事も
ないかと思うと...」
「僧侶が祝福とともに
小麦粉を振りかける」
遊牧民の花嫁アミル再登場
狩りをするアミル
「鳥は空を飛んで生きるものです」

【関連記事】
森薫/乙嫁語り4巻 「褐色美少女双子とか凄いのきたぞこれは!!」
森薫/乙嫁語り3巻 「未亡人のタラスさんが美人過ぎてヤバイ!」
森薫/乙嫁語り2巻 「マジすげぇ…抜群のセンスに驚くべき表現力!」
森薫/乙嫁語り1巻 「夫12歳!妻20歳!これだけで掴みはOK」

新創刊 fellows!(フェローズ)発売 「新!漫画誌誕生」
英國戀物語エマ 第二幕 「これが本当のメイドですよ、みなさん」
「この街の○○○どもは、エマから学べ!」

【関連リンク】
エンターブレイン / FELLOWS!
「乙嫁語り」5巻コミックス情報
乙嫁語り - Wikipedia
森薫 - Wikipedia
コミックナタリー - 森薫のプロフィール

誌名改めFellows!からハルタへ!リニューアルで年10回刊に
本の王子様 : 年間トップは「乙嫁語り」 タイトル間で格差拡大
森薫の「乙嫁語り」5巻が2013年1月15日発売!-Amazonランキング3位に!

【感想リンク】
通りがかりでちょい役なのかと思ったら結婚式までみっちり描くとは……!
洋の東西に関係なく家族との別れは寂しいものですな
「絵の説得力」が持つ大きな力に圧倒されます
新刊読んだけど、活気に凄い惹かれる
結婚式のエピソードの構成は見事と言うほかない
ふたごの花嫁の結婚式のドタバタが何とも楽しい
双子の結婚式もいいですが、やっぱりアミル夫妻が一番好き
幼い夫婦がこれから幸せに日常を築いて行きそうな予感に溢れていてとても良かった
乙嫁語り 5巻 感想 森 薫 - 読書メーター



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51378567