2013年01月17日

紀伊半島を横断する酷道同人誌 R425 「日本三大酷道のひとつ、国道425号」

国道(酷道)425号の同人誌 R425 サークルPassion Fruits Jamの冬コミ新刊、国道(=酷道)425号同人誌『R425』が、COMIC ZIN秋葉原店に16日に入荷した(ZIN専売)。国道425号は、ニコニコ大百科によると『誰がつけたか「日本三大酷道」に指定されている。日本全国でいわゆる「酷道」は数あれど、425号は「酷」な区間が非常に長い国道』みたい。
-

サークルPassion Fruits Jamの新刊・"酷道"マンガ同人誌第二弾「R425」

サークルさんコメント「酷道漫画第二作目。紀伊半島の山岳国道425号線を
おもしろおかしく走破するという内容の漫画作品です」

「そんで、えーっと どこまで来たんだっけ?」「そりゃーこっちが教えて欲しいわ」
「なんやまったく、国崎も可麟も地図に関してはこれっぽっちも…」

サークルPassion Fruits Jamの冬コミ合わせの新刊・"酷道"マンガ同人誌第二弾『R425』がCOMIC ZIN秋葉原店に16日に入荷してた(ZIN専売)。

『酷道(こくどう)』とは、Wikipediaによると『日本語の俗語で、一般国道のうち乗用車による通行が困難であるなど文字通り「酷(ひど)い状態の国道」を、「国道」の読み(こくどう)に引っ掛けて揶揄するもの』で、国道425号は、ニコニコ大百科によると『誰がつけたか「日本三大酷道」に指定されている。日本全国でいわゆる「酷道」は数あれど、425号は「酷」な区間が非常に長い国道である』みたい。

今回の同人誌『R425』は三重〜和歌山を横断する"酷道"425号を、三重側からトヨタ・ランドクルーザーで西へ走破しようというお話と、和歌山県側からスクーターのベスパで東へ走破しようとするショートコミック「R425の西半分の微妙な方」(2011年発表)の2本立てで、巻末の作品概要によると『「R371」に次ぐ酷道漫画シリーズ第二弾「R425」です。場所は紀伊半島の国道425号、今回はダート林道なんかも走行しちゃいますよ!』になっていて、裏表紙の写真はこんな感じ

紀伊半島のど真ん中を縦断する371号、横断する425号。ふたつの道は旧龍神村付近で交差しています。半島全体は1000m程度の峰々が覆う山がちな地形で、国道はそんな山中を貫くように通っています。紀伊半島には他にもいくつかの国道や少ないながらも高速自動車道が整備されています。そんな中このふたつの国道は整備が遅れており、未だかなりの区間で狭くて危険な山道が残されています。 まえがきより

なお、同人誌『R425』のまえがきでサークルPassion Fruits Jam米田大将氏は『この本は俗に「酷道」と呼ばれる「日本の数ある国道のうち、とても国道とは思えない酷い悪路」をテーマにしたドラマ仕立ての創作漫画です。前作同様紀伊半島の山がちな道を車で突っ走るだけの漫画ですが、最後まで読んでいただけると幸いです』などを書かれている。

また、注意書きとして『作品中に登場する「護摩壇山今西林道」ですが、現在「一般車両通行禁止」になっております。本作では車でガンガン走っておりますが、実際にこのへんをドライブする場合(そんな人いるかどうかはさておき…)は交通ルールをちゃんと守って安全運転をお願いします。そういうこともあって(マジな酷道ファンの方々には)大変申し訳ありませんが、筆者もこの林道についてはハイキングで行ける範囲でしか取材してません。ご容赦ください』とも書かれてる。

サークルPassion Fruits Jam / ZIN通販「R425」(ZIN専売)

「行き先だが聞いて驚くな! 今回は国道425号に行くでっ!!」
「山岳国道の入口までは
交代で運転だ」
「スタートは三重県の尾鷲市 そこからすぐに山道らしい」
「ワッハッハ 出だしからいきなり道幅狭いんだが」
「ここを進めば護摩壇山と
国道371号線に達する」
「ちょっとーなにこれ?
通せんぼ?」

【関連記事】
画像:酷道425号(三重ー和歌山)同人誌「R425」入荷。zin専売
酷道同人誌 R371 「紀伊半島の山岳国道、371号線」

航空無線を傍受する女子高生むせん部同人誌 「NORI子SCRAMBLE 飛行場へ行こう!」
生地見本が付いて、Tシャツのいろいろを解説した同人誌「Tee辞苑」
制服×靴下(タイツ含む)フルカラー同人誌 「せいふくちゅした」
発泡日本酒15銘柄21本を女性視点でレビューした同人誌
20ブランド・41種類の芋けんぴレビュー同人誌 「この芋けんぴがすごい!2012」
ひだまり、境ホラなどのデザインラフとデザイナーさんインタビューの同人誌
同人写真集 REMINDERS(リマインダーズ) 「名もなき"ニッポン風景遺産"写真集」
MTBダウンヒル同人誌 MTBgravity 2012 Winter ISSUE 「国内最高峰のレース」
いっしょにゴハン食べたいッ9 比内地鶏の水炊き鍋 「相変わらずおいしそう(*´Д`)」
冬山×女の子同人誌 フユヤマノセカイ 「厳しい冬山。一瞬だけ目を疑うような美しさ」
パスタ同人誌 「パスタと休日 Vol.4 コンソメで美味しく作る5種のスープパスタ編」
たまごかけご飯専用醤油同人誌 「世の中には、あなたの知らない醤油がたくさん」
ロンドン・ローマ・スペインなどの旅行記+写真集同人誌 「たびログ」

夏コミ新刊 「HONDA FIT RSに乗ってみた!」
路線バス同人誌 乗りバスのススメ4 「バスに乗って楽しむ。路線バスの旅」
営業所、車両、歴史などを詳細に解説した都営バス同人誌 「都営バスAtoZ vol.4」
タクシー同人誌第2弾 「タクシーまにあっくす2 中央無線のほん」
タクシー同人誌 東京無線のほん 「マニアックだなーw」「何と言うニッチな本w」

【関連リンク】
サークルPassion Fruits Jam / 新刊情報:「R425」
米田大将氏のpixiv
pixiv: 「R425」 酷道同人誌サンプル
COMIC ZIN通販「R425」(ZIN専売)
酷道 - Wikipedia
国道425号 - Wikipedia
国道425号線とは - ニコニコ大百科

【国道425号 レポートサイトリンク】
Googleストリートビューに交通事故?「日本三大酷道」国道425号線に転倒したバイク
国道425号:主な経由地 尾鷲市〜上北山村〜下北山村〜十津川村〜田辺市〜御坊市
悪名高い龍神〜十津川間はガードレールすら無い区間が多く、酷ヲタに大満足のワイルドさ
国道425号 和歌山県田辺市龍神村〜奈良県十津川村
酷道425号線 日本で最も降水量の多い地域を実感。所々に落石も見られる
ただ、「酷道ファンのみに薦めることが出来る国道」と言えるだけだ
十津川−龍神間を転落の恐怖に耐え走る
全線を走り抜けるにはかなりの体力が必要である
酷道425号は日本三大酷道の名に恥じない道でした
聞きしに勝る酷道っぷりに、終始大興奮の酷道425号探索でした
かつて牛車も行き来し、人々の往来もあったろう峠道
帰ってきてから疲労で2日間ダウンしました(笑)

【コミケ83関連リンク】
コミックマーケット公式サイト
コミックマーケット83終了にあたってのお礼とお知らせ
コミックマーケット - Wikipedia
【2012冬コミ】コミケスタッフ名言集【完全版】
コミケ - NAVER まとめ
三日間の"コミケ83"が終了!家路につく勇者達のつぶやき。 - Togetter
[C83]コミックマーケット83(2012冬) 3日目反省会レポート
RinRin王国 コミックマーケット83 コスプレ写真Link集


酷道をゆく 日本全国の「酷い国道」を走る!! (イカロス・ムック)酷道をゆく 日本全国の「酷い国道」を走る!! (イカロス・ムック)
松波成行

酷道をゆく2 (イカロスMOOK) 廃道をゆく (イカロス・ムック) 廃道をゆく2 (イカロス・ムック) 酷道を走る 廃道をゆく3 (イカロス・ムック)

by G-Tools

この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51379231