2013年01月22日

エロゲー30年の歴史をタイトルや当時の社会状況などで綴る「エロゲー文化研究概論」

エロゲー文化研究概論 宮本直毅(みやも)氏「エロゲー文化研究概論」【AA】が、21日に秋葉原で先行販売になった。30年に及ぶエロゲーの歴史を、タイトルや当時の社会状況、クリエーター/会社などとともに解説した本で、オビ謳い文句は『古きよき時代に作られた名作から現在に至る「エロゲー」の歩みを徹底研究!! 国産「エロゲー」誕生より30年!!』になってる。


総合科学出版営業部Blog「国産エロゲーが誕生して30年。「18禁」 という言葉に憧れた少年時代。そして大人になり、「18禁」が手に入った時の感動。皆様が初めて触れたエロゲーは何ですか? エロゲーと貴方の歴史を、振り返ってみましょうよ!」

2000年代前半:エルフの伊頭家シリーズ 画像は「遺作」

リーフのビジュアルノベル三部作 画像は「雫」と「痕」
とらのあな秋葉原店A
COMIC ZIN秋葉原店
メロンブックス秋葉原店

宮本直毅(みやも)氏のエロゲー史解説本「エロゲー文化研究概論」【AA】が、21日に秋葉原で先行販売になった。(正式発売日は26日)。

発売元の総合科学出版営業部Blogでは『国産エロゲーが誕生して30年。変態紳士の皆さんにおかれましては、きっと思い出に残るゲームがあることでしょう。大人になり、「18禁」が手に入った時の感動。皆様が初めて触れたエロゲーは何ですか? 皆様が初めて泣いたエロゲーは何ですか? そんなエロゲーと貴方の歴史を、振り返ってみましょうよ!』になっていて、オビ謳い文句は『古きよき時代に作られた名作から現在に至る「エロゲー」の歩みを徹底研究!! 国産「エロゲー」誕生より30年!! 語り継ぎたいエッチなゲームがある』になってる。

序論のエロゲー誕生前夜「"遊び+エロ"と"エロい遊び"」「エロゲー史の芽ばえ」から始まり、1980年代前半「エロゲー黎明期」、1980年後半「巨頭らのうぶ声」、1990年代前半「嵐の中で輝いて」、1990年代後半「エロゲー新世代」、2000年代前半「爛熟するエロゲー、そして……」、2000年代後半「それでもなお、エロゲーは……」、2010年代「エロゲーのかたち」を収録(もくじ1 / もくじ2 / もくじ3)し、その年代のゲーム画面などもあわせて、当時の社会状況、クリエーター/会社などとともに解説してる(260ページ弱)。

著者の宮本直毅氏によると、『本の題名はいかにも真面目な響きですけど、予備知識ゼロからでもエロゲーや、エロゲーをとりまいていたご時勢のあらましをひととおりつかめるガイドブックとして気軽に読むことができるようにしました』、『むかしからエロゲーによく親しんでおられるみなさんにも「あったよねえ」とふりかえっていただいて、その前後の流れとつないで思い出す備忘録のようにお読みくださればうれしいです』とのこと。

国産「エロゲー」誕生より30年。1980年代、8ビット機パソコンから幕を開けたエロゲーの歴史と名作たちを、当時の世相や時事問題をまじえながら解説する。黎明期、あの有名ゲームメーカーが作っていたエロゲーの内容とは? 8ビット機、16ビット機、Windowsといったパソコンの進化がエロゲーに与えた影響は? エロゲー30年の軌跡を振り返る! 裏表紙オビより

アキバではとらのあな秋葉原店A、メロンブックス秋葉原店、有隣堂ヨドバシAkiba店、COMIC ZIN秋葉原店、書泉ブックタワー、アニメイト秋葉原、K-BOOKS秋葉原新館で先行販売(出版社告知)されてるみたいで、21日にはとら・メロン・ZINで見かけた。とらのあな秋葉原店Aでは『エロゲーだけじゃない あなたのエロゲーマーとしての"経験値"もとい"歴史"がここに!』POPや、『ジャパニーズ・エロゲーの歴史を一冊にまとめてみました』POPなどがあり、COMIC ZIN秋葉原店でも『エロゲーの歴史とは即ち変態紳士(おれたち)の歴史ッ! 初めて触れた、あのエロゲー。初めて泣いた、あのエロゲー。思い出はいつもディスプレイの中に。国産エロゲー30周年!』POPや公式販促POP「エロゲー文化研究概論・お品書き」が付いてた。

なお、「エロゲー文化研究概論」【AA】のあとがき宮本直毅(みやも)氏は『古今東西、アナログでもデジタルでも、遊びにエロを足したもの、遊び自体がエロい行動、すべては我々がいまエロゲーと呼ぶ何かにつながっています。これからもその何かはかたちを変えていくでしょう。遠い未来には、いまここにいる私たちが「えー、それってエロゲーなのか?」と首をかしげるようなかたちになっているかもしれません。けれどたぶん、それでもやっぱりエロゲーなのでしょう。いつかあらわれる、その何かを想いながら、いまはただ。備えて先へ進もう』などを書かれている。。

「エロゲー文化研究概論」書籍情報 / 「エロゲー文化研究概論」先行販売情報

エロゲー黎明期
1980年代前半
団地妻の誘惑
80年代後半
「アリスソフト設立
ランスシリーズ始動」
90年代前半
「アダルトゲーム専門誌の創刊ラッシュ」
90年代後半
「エロゲー史の名作"同級生2"発売」
2000年代前半
「"月姫"完全版が頒布」
2000年代後半
「一般向けゲームのエロゲー化」

【関連記事】
画像:「教養って大事。ほら、俺らって痴的じゃん。痴的エリートじゃん」
画像:国産エロゲー30年「エロゲー文化研究概論」アキバ先行発売
真説・触手学入門 「葛飾北斎の触手責めが約200年の刻を経て学問に昇華!」
ハヤテは1話で終了、コナンくんは殺人罪 「アニメキャラが行列を作る法律相談所」
履歴書の書き方なんて教えてあげないんだからっ! 「明日からがんばる方必見!」
デキルおとなの英単語帳 「ここまでエロい学習参考書は初めてだ!」
萌え年賀状もしくは年賀状テロに。「美少女絵師50人ニューイヤーコレクション2011」
ロリ魔法少女を縛ってる  「当店では縛りを日常的に活用しております」
孫子ちゃんの兵法 「前代未聞!"兵法界"驚愕の萌え本!」

孕ませ触手同人誌「淫説・孕ませ触手の分類」 種の壁を突き崩す万能精子
1960〜2010年代の301作品 ネコミミの歴史解説同人誌「総解説・猫耳史」
グロ、彼氏持ち非処女、切断、ヒロイン死亡 「真・エロゲートラウまにあくす」
新装版 日本のいろもの古典 「さすがHENTAI大国、日本だね」
死亡、寝取られ、切断、拷問。「エロゲー トラウまにあくす」
1980〜90年代の脱衣麻雀ゲーム同人誌 「脱衣麻雀に花束を」
「続・日本のいろもの古典」 平安貴族の男色恋愛日記や、江戸時代のエロパロ本
いじめられっこ少女コレクション 「全ページ責められっ娘でいっぱい!!」 性的な意味で
同人誌「日本のいろもの古典」 江戸時代のディルド、オナホール、抱き枕プレイ

【関連リンク】
総合科学出版 / Twitter
「エロゲー文化研究概論」書籍情報
総合科学出版営業部Blog
紳士必見!国産エロゲー30年のあゆみ『エロゲー文化研究概論』先行販売!
お疲れさまでーす。『エロゲー文化研究概論』秋葉原の書店さんに搬入完了でございます
エマ・パブリッシング
宮本直毅(みやも)氏のブログ「身辺雑感/脳をとろ火で煮詰める日記」 / Twitter
エロゲー30数年のあゆみが一冊でたどれる『エロゲー文化研究概論』出版されます
『エロゲー文化研究概論』先行販売情報

アダルトゲーム - Wikipedia
エロゲ全盛期の思い出―― バカみたいに面白くてさ。感動出来て…熱くなれたよな
あえて遡ってみるエロゲのキャッチコピー集[〜2000年版]
今からエロゲ業界に参入するのって無謀か?
すっかり忘れられたエロゲメーカーといえば
いい加減、本当の現代の大手エロゲブランドを決めよう
10年前のエロゲと今のエロゲって何も変わらないな
エロゲの年度別販売本数(ソフ倫推計値2011年)
エロゲー市場規模の縮小の歴史(2000-2008年)
エロゲ雑誌が売れない。そして値段は高い
エロゲの1/5は発売を延期する

【感想リンク】
『エロゲー文化研究概論』感想 もの凄く素晴らしかったです
エロゲーを中心軸にしてかなり広域にわたってカバーしている
十数年エロゲ屋店員をしている担当も勉強のため購入済みです
うおおこんな本が月末に出るなんて! 勉強のために買いました!


エロゲー文化研究概論 エロゲー文化研究概論
著者:宮本直毅
販売元:総合科学出版
(2013-01-26)
販売元:Amazon.co.jp

パソコン美少女ゲーム歴史大全1982‐2000 パソコン美少女ゲーム歴史大全1982‐2000
著者:パソコン美少女ゲーム研究会
販売元:ぶんか社
(2000-09)
販売元:Amazon.co.jp

Google+ | Twitter | この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています │ Ajax Amazon Edit


トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51379909