2013年02月10日

アクセル・ワールド13 「ロ リ コ ン 大 勝 利 !!」

アクセル・ワールド電撃文庫2月新刊、川原礫氏のライトノベル「アクセル・ワールド13」【AA】が9日に発売になった。書籍情報では『≪加速世界≫での戦いが、リアルワールド/梅郷中学文化祭をも巻き込み燃え上がる!』を謳い、アキネ会の日常さんの感想には『ロ リ コ ン 大 勝 利 !! 今回の謡とニコの破壊力は凄まじかったですね…』などなど。
-

電撃文庫2月新刊・著:川原礫氏、イラスト:HINA氏ライトノベル
「アクセル・ワールド13-水際の号火-」【AA】発売

巻頭カラーイラスト 水着姿のヒロインたち(巨乳からロリ)

巻頭カラーイラスト 拘束全裸
メロンブックス秋葉原店
とらのあな秋葉原店A
特典:電撃文庫フェアしおり

電撃文庫2月新刊、川原礫氏のライトノベル「アクセル・ワールド13-水際の号火-」【AA】(イラスト:HINA氏)が9日に発売になった。

2月新刊案内ビラでは『≪加速世界≫での戦いが、リアルワールド/梅郷中学文化祭をも巻き込み燃え上がる!』を謳ったメタトロン編の3冊目で、書籍情報は『新アビリティ≪光学誘導≫を獲得したシルバー・クロウことハルユキ。ようやく≪メタトロン≫との決戦の準備が整ったにみえたが、戦いの舞台は梅郷中学の文化祭へとうつる。 ≪スカーレット・レイン≫ことニコと、≪アッシュ・ローラー≫こと日下部綸に文化祭の招待状を渡してしまったハルユキは、黒雪姫の氷属性なオーラに脅えながらも、クラス展示班の仕事を他のメンバーと協力してやりとげ、ハルユキは文化祭本番への期待に胸をふくらませる。──しかし、加速世界に混沌を広めんとする≪マゼンタ・シザー≫の魔手が、思わぬ方向から迫りつつあった』になってる。

巻頭カラーは素肌テクスチャ―のヒロイン(巨乳からロリ)や拘束全裸で、アキネ会の日常さんの感想には『ロ リ コ ン 大 勝 利 !! 今回の謡とニコの破壊力は凄まじかったですね……どのくらい凄かったかというと、ショタコンな僕が迂闊にもロリコンになってしまいそうなくらいには凄かったですw』などなど。

なお、「アクセル・ワールド13-水際の号火-」【AA】の感想には、RENPOUNASUさん『次々と現れる障害を少年漫画的拳で、な感じで突き進む熱さはいつも通り。定番の文化祭でのハーレムラブコメも盛り込みで王道な作風は一気に読ませる勢いはあり。今回はニコさんのデレっぷりがよかったです』、ブーさん『中盤のニコの◯◯はなかなか胸に来ました【ニコ可愛い!】しかし、文化祭で、改めてハル君のフラグ数・・・凄いです』などがある。

「アクセル・ワールド(13)-水際の号火-」書籍情報

「ハルユキは心の裡で
懸命に語りかけた」
「会って、お礼が言いたかったんです」
「クロウさんが好きなのは、胸じゃなくて脚なのです!!」
「まあ、たった一日の我慢だけどさ...」
「ニコがピンチになったら
いつでも飛んでいく」
「"アニマル・ファースーツS"
のSはセクシーのS」

【関連記事】
アニメ放送中「アクセル・ワールド11 ―超硬の狼―」発売
アクセル・ワールド10 「4月アニメ確定! まだ読んでない人もまだ間に合う!」
コミックス版アクセルワールド 「人気加速中のタイトルがコミック化!減速なしの面白さ!」
「アクセル・ワールド」重版分 完売したお店あり
「アクセル・ワールド」 アキバも売れてるみたい

一番くじアクセル・ワールド発売 「黒雪姫のパンツがローライズすぎてお尻が丸見え」
アクセル・ワールドBlu-ray2巻発売。黒雪姫がほぼ全裸の収納BOX付き
アクセル・ワールドBD1巻 黒雪姫がエロい(性的な意味で)

【関連リンク】
アスキー・メディアワークス / 電撃文庫
電撃文庫2月の新刊一覧
「アクセル・ワールド(13)-水際の号火-」書籍情報
川原礫氏のホームページ「WordGear」 / Twitter
川原礫 - Wikipedia
アクセル・ワールド - Wikipedia
川原礫とは - はてなキーワード
川原礫とは (カワハラレキとは) - ニコニコ大百科
イラストHIMA氏のブログ「天才卓球少女」 / Twitter
HIMA - Wikipedia
アニメ「アクセル・ワールド Accel World」公式サイト

『アクセル・ワールド』「倉崎楓子」「上月由仁子」抱き枕カバーが登場!師匠エロい
『ソードアート・オンライン』『アクセル・ワールド』は世界市場でも凄い
【ネタバレ】『アクセル・ワールド 加速の頂点』黒雪姫ルートのエンディングが話題
【腹ボテ】「アクセル・ワールド -加速の頂点-」 ハルユキの子供が可愛い件

【感想リンク】
ロ リ コ ン 大 勝 利 !! 今回の謡とニコの破壊力は凄まじかったですね……
文化祭がメインなのかなぁ。
文化祭エピソードと、加速研究会による第二の策発動、といった感じ
アクセル・ワールド13巻が発売されました!
アクセル・ワールド13 ―水際の号火― 感想 川原礫 - 読書メーター



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51382555