2013年02月23日

沙村広明 ベアゲルター1巻 「3匹の獣(めす)が牙を剥き合うおんなの修羅場!」

沙村広明 ベアゲルター沙村広明氏のコミックス「ベアゲルター」1巻【AA】が22日に発売になった。じゅの's漫画レビューさんによると『並みの男では到底、太刀打ちできない三者三様の女性達が時に殺し合い、時に騙し、ストーリーの中核として絡み合います』みたいで、裏表紙は『狂気か?復讐か...?3匹の獣(めす)が牙を剥き合うおんなの修羅場!!』になってた。
-

沙村広明氏のコミックス「ベアゲルター」1巻【AA】発売
「自分の漫画史上最高に下品で享楽的な作品になる予定です」

ヒロインの1人は客とSMプレイ 「こりゃあたまらん」 「ボッ オオッ オッ」

ヤクザに捕まったもう1人ヒロイン   「若く健康でそこそこの器量があり 職にあぶれ金に困っている。 そして ある島の出身の女......だ」

じゅの's漫画レビューさん「並みの男では到底、太刀打ちできない三者三様の女性達」
K-BOOKS秋葉原新館
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

沙村広明氏がネメシスで連載されているコミックス「ベアゲルター」1巻【AA】が、22日に発売になった。

コミックス情報は『ドイツ、中国、そして日本へーー! 中国の売春街で起きた謎の殺人……。それはやがて、日本の某・広域暴力団内部での現金盗難事件と結びつき、とある辺境の孤島にて、予期せぬ火花となり炸裂する!!』、『背徳の活劇娯楽作品(エンタテインメント)!! 情慾(エロス)と暴力(バイオレンス)の完璧な融合……これが"叛逆ずべ公アクション"だ!!』とかで、連載開始時にはコミックナタリーで『故郷や立場は異なるが、それぞれ壮絶な過去を持つ女性3人の復讐を描くアクション』だった。

じゅの's漫画レビューさんの紹介によると『一人はドイツ人。片目がなく、不思議な手を持つ驚異の暗殺者。一人は日本人。狡猾さに長け、何事にも動じない大胆不敵な悪女。一人は中国人。体術、武器、銃、全てを操る戦闘のエキスパート。並みの男では到底、太刀打ちできない三者三様の女性達が時に殺し合い、時に騙し、ストーリーの中核として絡み合います』みたいで、裏表紙では『戦うから美しいのか!?美しいから戦うのか!?「命の金(べアゲルター)」を巡り乱れる愛欲、暴力、性、そして――復讐!!』『狂気か?復讐か...?3匹の獣(めす)が牙を剥き合うおんなの修羅場!!』などを謳っている。

や―――〜…っと出ました。沙村節全開!沙村世界の総力戦・集大成的な作品…と言うか、最早、これは偉業ですよ。
徹頭徹尾暴力的で、最高に下品で下劣、そして常軌を逸し、且つ強すぎる、とびっきりの女性…これこれ、ファンは、まさに、これを待ちに待ち望んでいたのです。現実考え得る最高の悪夢と、最高の享楽を一冊の本で手に入れられる我々は幸せですよ? ときわ書店本店Blog

「ベアゲルター」1巻【AA】の感想には、ごっくん!……ゴフッさん『戦闘が尖っています。どのシーンを見ても一級品の仕上がり、目を奪われること間違いなしの必見です。また随所に散りばめられたギャグシーンもかなりツボに、全体的に緩急がついて、いい感じです。古き良き時代の東映が目指した絵作りを期待』、mariaさん『チャイナ娘とロシアンガールお好きですね、沙村さん。買ってすぐ電車で読み始めたら、数ページめくって電車で読んじゃいけない本という事に気づいた私・・・でも読んだった』、ユーコ さん『凶悪なズベ公と中2テイスト活劇が大好物なので、非常においしくいただけました』などがある。

なお、作者の沙村広明氏は、コミックス「ベアゲルター」1巻【AA】のオビで『自分の漫画史上最高に下品で享楽的な作品になる予定です』を書かれ、あとがきでは『思えば「無限の住人」の担当さんに「沙村さんはチャイナドレスのアクション漫画を意外に一度も描いてない」と言われて、そーいやそうだなと我ながら不思議に思ったことから、この漫画は既に始まっていたような気がします』、『その後シリウス編集部に異動したその担当さんから「新しい雑誌作るんで以前言ってたアレをすぐ始めてください」と電話がかかってきて「えっ?ちょ...待っ...」と慌てながらも始まったのが、お手元の'10年代中二テイスト任侠活劇「ベアゲルター」というわけです』などを書かれている。

「ベアゲルター」1巻コミックス情報

「ゴホッォオエエエッ...!」
「セックス以外のモノも売買される...判るか?この意味が」
「俺達が一体何を売って大金を手にしているのか」
「あっうオ!?」
「何してんだアイツ」
「どうなってんのよこの女...」
「それだけは絶対に
阻止しろ!」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51384495