2013年02月26日

同人誌 はたらくロケット 「M-Vロケットのみに焦点を当てたマニアックで素晴らしい本!」

サークル風虎通信のロケット同人誌『はたらくロケット』がZIN秋葉原店に入荷してる。M-VロケットはImamuraの日記さん『はやぶさも打ち上げた「究極の固体ロケット」と言われる。地球低軌道から惑星間空間まで人工衛星を打ち上げることができる』みたいで、コヤマシゲトさんの感想『M-Vのみに焦点を当てたマニアックで素晴らしい本!』などがある。
-

サークル風虎通信のM-Vロケット同人誌 「はたらくロケット」

ファイアー・イン・ザ・ホール(ロケット1段目と2段目の分離方法)

モーター(固体燃料ロケットエンジン)と点火器

サークル風虎通信の同人誌『はたらくロケット』がCOMIC ZIN秋葉原店に入荷してる(ZIN専売?)。執筆されたひびき氏(渡部韻氏)は映画「はやぶさ/HAYABUSA」にも関わり、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破でエヴァのモデリングもされてるVFX&3DCGアニメーターさんみたい。

M-VロケットはJAXA(宇宙航空研究開発機構)によると『全段固体で惑星探査までやり遂げることのできる「世界で最も素晴らしい固体燃料ロケット」として高く評価』、『大活躍した第4世代のM-3SII型ロケットの後継機として、Mロケットによって培われてきた技術を集大成し、宇宙科学の要請に応えるべく大幅な大型化した』という『糸川英夫博士のペンシルロケットに起源を持つ、完全国産固体燃料ロケットであるミューシリーズの最終機種(Wikipedia)』みたいで、探査機「はやぶさ」の打ち上げも成功させてる国産ロケット。

同人誌『はたらくロケット』は、COMIC ZIN通販『ISASが誇る国産固体ロケット M-V を図解で詳細に解説』で、収録内容は「Fire In The Hole 1/2段接手とファイア・イン・ザ・ホイール」、「Propellants 推進薬とグレイン形状」、「Nozzle ノズル形状と伸展ノズル」、「Separation フェアリング・段間分離と火工品」、「Control 姿勢制御と2つの主推力偏向方式」の各項目をイラストとテキストで紹介し、あとがきには『M-V好きなら誰もが読んでいる(断言)「宇宙航空研究開発機構特別資料 M-V型ロケット(5号機から8号機まで)」(pdf)の内容を少しでも平易な表現で図解したい、という思いから作り始めた』とのこと。

直径約2.5m・長さ約約30mという制約の中で地球低軌道から惑星間軌道まで人工衛星・探査機を送り届ける世界最高の全段個体ロケット・M-Vの魅力を少しでも多くの方に知ってもらう為に、M-V好きなら誰もが読んでいる(断言)『宇宙航空研究開発機構特別資料 M-V型ロケット(5号機から8号機まで)』(http://repository.tksc.jaxa.jp/dr/prc/japan/contents/AA0064112000/64112000.pdf)の内容を少しでも平易な表現で図解したい、という思いから作り始めた本書ですが、残念ながら私の力量不足で説明の多くを文字に頼ってしまいました。いつの日か、自分が子供の頃大好きだった加古里子「宇宙―そのひろがりをしろう」のような、絵を見ているだけで「感覚的な理解」へとつながるようなものが作れるよう今後とも努力していきたいと思います あとがきより

なお、同人誌『はたらくロケット』の感想には、Imamuraの日記さん『宇宙研が作り、はやぶさも打ち上げたM-Vロケットは「究極の固体ロケット」と言われる。地球低軌道から惑星間空間まで、あらゆるところへ人工衛星を打ち上げることができる。松浦晋也さんいわく「どこを変えても悪くなる、それくらいよくできている」というM-Vの技術をかっこいいCGで詳しく解説』や、K.Shiinaさん『カッコイイ図解(しかも、ペイロードはMUSES-C はやぶさ)でM-Vロケットの機構がわかりやすく解説されているのでおすすめ』、コヤマシゲトさん『M-Vのみに焦点を当てたマニアックで素晴らしい本!』などがある。

執筆:ひびき氏(渡部韻氏)のTwitter / COMIC ZIN通販「はたらくロケット」

「1/2段接手(1〜4号機)」
「第1段M-14モータは推進薬の中心部にギア型7光芒の孔が設けられたグレイン形状」
「内装式自己投棄型スプリングおよび伸展ノズル」
「膨張密閉型金属被膜導爆線とシアピン」
「V型成型爆破線」
「可動ノズルおよび推力偏向制御装置」

【関連記事】
打ち上げ施設周辺の種子島・内之浦のグルメ 「鹿児島ロケット打ち上げグルメガイド」
ロケット打ち上げ写真集同人誌「Fall into Space!」 H-IIシリーズとスペースシャトル
同人誌「ロケットガールがおしえてくれる宇宙船のひみつ」 宇宙船の仕組みと歴史
探査機はやぶささん 「\とてもとてもわかりやすい!/はやぶさの入門書」
静止軌道への投入に失敗した通信放送技術衛星"かけはし" 萌え人工衛星同人誌
「宇宙から還ってきたロケットの一部を封入!!」 宇宙兄弟14巻限定版
「おかえり!はやぶさ」 シャッツキステ 人工衛星展 2nd stage
「はやぶさ、地球帰還!」 今、アキバで買える「はやぶさ」本

「はやぶさ、地球へ! 」 はやぶさカラー同人誌とおかえり!寄せ書き募集中
「はやぶさ地球帰還へ!こんなこともあろうかと擬人化本を用意しておいた!」
「こんなこともあろうかと!」 小惑星探査機"はやぶさ"と"ミネルバ"の同人誌
ロケット打ち上げ現地レポ同人誌 「好きじゃなきゃ、ここまでできない!」
メイド+人工衛星 シャッツキステ「現代萌衛星図鑑」イベント
宇宙航空研究開発機構 「Fly me to the Moon in AKIBA」
「現代萌衛星図鑑」発売 萌えて泣ける人工衛星本 
現代萌衛星図鑑 「これが萌え擬人化の最先端!」
ロケット打ち上げ現地レポ同人誌 「好きじゃなきゃ、ここまでできない!」

【関連リンク】
サークル風虎通信のホームページ / Twitter
C83新刊追加情報「はたらくロケット M-Vロケット編」著者はひびきさんです
「はたらくロケット」執筆:ひびき氏(渡部韻氏)のTwitter / ホームページ
多少売上が出ましたので、JAXAのイプシロンロケット事業に寄附
M-Vロケットの面白ギミックを軸に「ロケットの仕事」を紹介しています
COMIC ZIN通販「はたらくロケット」(ZIN専売?)

JAXA 宇宙航空研究開発機構 / M-Vロケット
ISAS 宇宙科学研究所 / M-V / 衛星打上げ用ロケット
JAXA相模原キャンパスで「M-Vロケット」の実機が公開(2008年)
低コスト化で岐路に立つM-Vロケット 表面化する日本のロケット開発力の衰退(2006年)
M-Vロケット Muロケット歴史など(2002年)
M-Vロケット - Wikipedia

【感想リンク】
機能美にうっとりです
カッコイイ図解でM-Vロケットの機構がわかりやすく解説
はたらくロケットやばい(図解のちからってすごい
M-Vのみに焦点を当てたマニアックで素晴らしい本!
はやぶさも打ち上げたM-Vロケットの技術をかっこいいCGで詳しく解説


宇宙へのパスポート〈2〉M‐V&H‐2Aロケット取材日記宇宙へのパスポート〈2〉M‐V&H‐2Aロケット取材日記 [単行本]
著者:笹本 祐一
出版: 朝日ソノラマ
(2003-10)

この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51384886