2013年03月06日

清水栄一x下口智裕 ULTRAMAN2巻 「相変わらずセリフかっこいいな!鳥肌立ったよ」

清水栄一と下口智裕のULTRAMAN 「鉄のラインバレル」コンビの清水栄一氏×下口智裕氏のコミックス「ULTRAMAN」2巻【AA】が5日に発売になった。大きく展開していたCOMIC ZIN秋葉原店では『熱く加速していく第2巻!! 明かされる衝撃の真実』POPがついていて、ENOKORO+さんの感想『相変わらずセリフかっこいいな!鳥肌立ったよ』などがある。
-


COMIC ZIN秋葉原店入口横本棚のULTRAMAN2巻展開(ZIN特典はイラストカード
平台には1巻・2巻合わせデザインのPOPもあった

ZIN秋葉原店 「熱く加速していく第2巻!! 明かされる衝撃の真実。襲い来る新たな敵。
向けられる憎悪と期待。"ウルトラマン"としての戦いが始まる!」
K-BOOKS秋葉原新館
とらのあな秋葉原店A
メロンブックス秋葉原店

「鉄のラインバレル」コンビの清水栄一氏と下口智裕氏が、月刊ヒーローズで連載されているコミックス「ULTRAMAN」2巻【AA】が5日に発売になった。

コミックス『ULTRAMAN』は、作品情報によると『初代ウルトラマンであった早田進(ハヤタシン)の息子、早田進次郎(ハヤタシンジロウ)は、生まれながらに特殊な力を持っていた。父のピンチを前に、元科特隊(もと・かとくたい)の井手からウルトラマンスーツを与えられた進次郎は、父を助けるため、スーツを着て敵との戦いに挑む!』という、初代ウルトラマンだったハヤタの息子を描いた作品で、1巻発売時COMIC ZIN秋葉原店では『ゼットン襲来から数十年 地球の平和はハヤタの息子に託された!!』POPや、『等身大のウルトラマン!! 平和な世界を乱す者達に新たなるヒーローが立ち向かう!!燃えるぞっ!!』POPなどもつけられてて、発売直後に品薄になり緊急重版もしてた。

今回発売になった2巻オビ謳い文句は『進次郎にのしかかるウルトラマンの宿命――』、裏表紙『急展開から目が離せない!!!!!!!!』。表紙折り返しの作者コメントで、清水栄一氏と下口智裕氏は『このULTRAMANはオリジナル作品である初代ウルトラマンの後日談になり、それ以降のシリーズが存在しない世界のお話になります。所謂、リセットってやつです。しかし、以降のウルトラシリーズがまったく関係しないかと云うと・・・そうでもなかったりするのです』と書かれ、2巻は「諸星」と名乗る新キャラクターも登場してる。

発売日のアキバでは、COMIC ZIN秋葉原店では入口横の本棚で展開し、1巻発売時にも使っていたPOPや、2巻のPOP『熱く加速していく第2巻!! 明かされる衝撃の真実。襲い来る新たな敵。向けられる憎悪と期待。「ウルトラマン」としての戦いが始まる!』などで展開し、販促ポスター『正義の光を受け継ぐ者』も付いてた。

――本物の衝撃は、ここから始まる―― いよいよ秘められた内幕が明かされ始める…。突然襲い掛かってきた敵との激しい戦闘のあと、科特隊のベッドで目覚めた進次郎。そこで、ゼットン星人・エドと出会い、彼から衝撃の真実を告げられる…。地球に迫る危機とは? エドの目的とは? そして、科特隊に所属する「諸星(モロボシ)」なる人物とは――…? 次々に起こる事件と、複雑に絡みあう人間関係…その禍に巻き込まれる進次郎は、「ウルトラマン」として戦うことを受け入れられるのか…? コミックス情報

コミックス「ULTRAMAN」2巻【AA】の感想には、+ENOKORO+さん『今回の敵は、どことなくバルタン星人を彷彿とさせる。こういう連想するのも楽しみのひとつ。ってか相変わらずセリフかっこいいな!カラータイマー鳴って、「これは危険信号なんかじゃない、アンタを全力で倒すっていう合図だッ」ってセリフは鳥肌立ったよ』、今までに購入した漫画、ゲームのメモさん『まだ、はっきりと決断はできていないけれど、凶悪な異星人を前に戦う姿はヒーローそのもの。ウルトラマンの象徴、カラータイマーをこのような形で利用するとか格好良すぎる』、大炎上さん『ウルトラマンを知ってる人なら(って知らない人など居ないでしょうが)是非手にして欲しい。どこかで見た・感じた・憧れた思い出が蘇ると思うので』などがある。

「ULTRAMAN」2巻コミックス情報 / 作品情報

「お前…人の星に来て何してくれてんだ!!?」

「これは危険信号なんかじゃない、アンタを全力で倒すっていう合図だッ」
「私の名はエド。 かつて地球人がゼットン星人と呼んでいたモノだ」
「早急に新しい抑止力――ウルトラマンの存在をアピールしなければならないのだよ」
「科学特捜隊の
諸星というモノです」
「ふざけんなッ! あんなモンはウルトラマンじゃねェッ……」
人間を襲うエイダシク星人
「俺は……ウルトラマン!!!」


【関連記事】
画像:清水栄一x下口智祐「ULTRAMAN(2)」発売
ULTRAMAN 1巻 「ゼットン襲来から数十年 地球の平和はハヤタの息子に託された!!」
「ウルトラマン妹」 円谷プロ監修、ウルトラシリーズ・牙狼の脚本家によるガチ妹
ウルトラマンストーリーゼロ 「メッチャいい笑顔のウルトラマンw」

【関連リンク】
小学館クリエイティブ / 月刊 ヒーローズHEROS
「ULTRAMAN」2巻コミックス情報
「ULTRAMAN ウルトラマン」作品情報
ULTRAMAN (漫画) - Wikipedia
清水栄一氏と下口智裕氏のホームページ「ナデガタサーカス」
清水栄一 - Wikipedia
下口智裕 - Wikipedia

ウルトラマン 円谷プロ公式サイト
ウルトラマンのTwitter
ウルトラマン - Wikipedia
ウルトラマンとは - ニコニコ大百科
親子二代で楽しめる、新ウルトラマン〜未読の方は是非是非
清水×下口の「ULTRAMAN」2巻、特典にクリアファイル
地球に迫る危機。エドの目的とは。そして科特隊に所属する「諸星」なる人物とは

【感想リンク】
やっぱり読んでるだけで心ときめきワクワクさせられる! だから、面白い!!
ウルトラマンの象徴、カラータイマーをこのような形で利用するとか格好良すぎる
セリフカッコいい、今後の妄想が止まらない
この一撃に全てを賭けるというシチュエーションがいいじゃないですかー
このまま「ウルトラマン」として地球の平和を守っていく感じになるのかな?
自主性がなく周りに流される進次郎を軽蔑する諸星。そして第2のウルトラマン?
ウルトラマンであって、ウルトラマンじゃないようなメカメカしさが魅力
新世代はやっぱ葛藤がテーマなのね メカニカルなウルトラマンはやっぱかっこいい
2巻もやべー。熱血度がハンパない。こういうの描きたい
ウルトラマンの2巻が完全に進撃の巨人状態
カラータイマーをリミッター解除に見立てるのはテンションあがったwかっけえぜ
ULTRAMAN 2巻 - 読書メーター
ULTRAMAN 2巻 - ブクログ


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit