2013年03月08日

亜人1巻 「生き返った少年の、全人類を相手にした逃避行」「殺しても死なない」

亜人 原作:三浦追儺氏、漫画:桜井画門氏のコミックス「亜人」1巻【AA】が7日に発売になった。裏表紙は『人類の中に現れる死なない未知の新生物をひとは「亜人」と呼んだ。夏休み直前、一人の日本人高校生が下校時に交通事故に遭って即死。そして生き返った少年は懸賞金をかけられ、全人類を相手にした逃避行が始まった』になってる。
-

原作:三浦追儺氏、漫画:桜井画門氏のコミックス「亜人」1巻【AA】
「不死身の新人類、亜人。1億円の懸賞金目当てに全人類から狙われる」

トラックに轢かれても死なない「じゅわ じゅわ じゅわ」

「いや…ちがうって…人間…人間…僕は…」

亜人の主人公に見える"ナニ"か
「さっきから こんなのが見えるくらいだし…」
K-BOOKS秋葉原新館
とらのあな秋葉原店A
メロンブックス秋葉原店

原作:三浦追儺氏、漫画:桜井画門氏が、good!アフタヌーンにて連載されているコミックス「亜人」1巻【AA】が7日に発売になった。

コミックス情報は『「亜人」と呼ばれるその生物は「死なない」。高校生・永井圭はある日、交通事故で死ぬが、その直後に生き返った。それは、彼が亜人であり、人間ではないことを意味する。圭をとりまく環境は一変した。彼は人間たちから逃げ惑うことになる。友人のカイは、怯える圭を助けるために駆けつけ、ふたりで人里を離れて山の中に逃げ込んだ。そんな彼に人間と敵対する亜人たちが接触してきた。――彼は何と戦い、誰と生きればいいんだろう?』になってる。

オビの謳い文句は『不死身の新人類、亜人。1億円の懸賞金目当てに全人類から狙われる彼らには謎の能力があった』、『生き返っちまった奴は亜人だ』、『死ねばわかる』で、とらのあな秋葉原店APOPは『主人公、永井圭は下校中事故に遭い即死…に思われた。しかし死んではいなかった、彼は噂の亜人だったのだ!!そのせいで約一億円の賞金をかけられ、かつての親友カイとの逃避行が始まった!!』だった。

17年前、アフリカの戦場に決して死なない人間が現れた。以降まれに人類の中に現れる死なない未知の新生物をひとは「亜人」と呼んだ。夏休み直前、一人の日本人高校生が下校時に交通事故に遭って即死。そして生き返った少年は懸賞金をかけられ、全人類を相手にした逃避行が始まった 「亜人」1巻裏表紙

なお、「亜人」1巻【AA】の感想には、マンガ一巻読破さん『SFサスペンスの王道。割にある話ではあるのだろうが、絵の説得力と、テンポの良いストーリーテリングで、読む者を引きこみ、読ませる。基本的には、追われる超能力者ものに近い。 異質であることがわかり、追われる逃亡者ものサスペンス』、じゅの's 漫画レビューさん『主人公の逃亡劇がメインの内容として描かれていますが、亜人をめぐって、様々な視点からも展開するストーリーが面白く、各話のサブタイトルも研究日誌のようで気分が高まります』、何かよくわからん気まぐれBlogさん『殺しても殺しても死なない「亜人」が、人間たちから逃げ惑う!?』、『人間に追われる人間らしからぬモノの行く末と隠された謎が気になる作品ですw』などがある。

「亜人」1巻コミックス情報 / 漫画:桜井画門氏のホームページ

「亜人って…人間じゃないんですか?」
「何がなんでも
とっ捕まえろォ!!」
「追いつかれてたまるか…
追いつかれてたまるか!」
「何度も何度も殺される、嫌だ…それだけは嫌だッ!!」
「死ん…じゃえ…
お前…ら全員…」
「とことん思い知らされた…
僕はもう人間じゃないよ」

【関連記事】
こはるの日々4巻 「偏執的なまでの狂気の愛!ピュア&ホラーなラブストーリー最終巻」
コミックス悪の教典2巻 「教師という仮面をかぶった"悪"の最高傑作」
ウィッチクラフトワークス4巻 「祝!アニメ化!! クールビューティに守られる青春!!」
夏の前日 3巻 「美人な年上彼女のパンスト美脚はたまらんなぁ」
ビリオネアガール2巻 「資産170億円の美少女デイトレーダーと青春する!!」

【関連リンク】
講談社 / good!アフタヌーン
「亜人」作品情報
「亜人」1巻コミックス情報
漫画:桜井画門氏のホームページ「エロ落書きノート」 / ブログ
死なない人間めぐる「亜人」1巻、都内でサイン本販売も

【感想リンク】
もし隣にいる人が人間じゃなかったら妄想
人類と違う力を持てば迫害されてしまうのは、今の世の常
死んだ時にはじめてわかる、人間とは違う、亜人の話
起きた事件をリアルタイムに追っているような危機せまる臨場感があります
殺しても殺しても死なない「亜人」が、人間たちから逃げ惑う!?
「亜人 1」の感想 - ブクログ


亜人(1) (アフタヌーンKC)亜人(1) (アフタヌーンKC) [コミック]
著者:桜井 画門
出版: 講談社
(2013-03-07)

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51386250