2013年04月04日

【コラム・ネタ・お知らせ】 『基本無料』というゲームが今の主流? 今回はその『基本無料』について考えてみよう!

基本無料ゲーム今回のテーマは『基本無料』。基本というのは基本であって全部が無料じゃない…つまり「実は有料ゲーム」のことなんだな、うん。それがいいか悪いかは置いといて、今やその形式のゲームが世の中にはいっぱいあって、もはや無視できない流れになってきた。今回はそれとの上手な付き合い方について、ちょっと考えてみようかと思う。
-


みなさんコンニチワ! ビジュアルアーツのvavaしゃちょーです。

ついに 「ぷよぷよ」のアーケード版が、 全国初の『基本無料』機種となり、ロケテストが開始されるそうだ。

まあ「ぷよぷよ」といっても、これまでのシリーズの落ち物系パズルじゃなくて「ぷよぷよ!!クエスト」というRPG要素を取り入れた協力型パズルゲームだというから、最近のスマホなんかで見るパズルゲーでよくあるアレだね。

みなさんご存じの通り、この手のゲームでは『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』が超有名。だけどパズルなら元々こっちが本家だよ、ということなのだろう。


それにしてもゲームセンターみたいに店舗を構えて人件費やら電気代やら、最初から経費ががっつりかかっていしまっている中で『基本無料』なんてやって大丈夫なんだろうかね?

ちょっと昔のゲーセンなら、ちょい悪DQN中学生が入り浸って席を占領しては、「いま回復待ちなんで・・・」とかうそぶきながらお金も払わず無料プレイばっかりやってそうだけど…。いくら経費はお店持ちでゲーム機メーカーは関係ないといっても、文句とか出ないもんだろうか?え?想像が古すぎ?あ、そう(笑)

ま、そんな心配は置いといて、今回のテーマは『基本無料』ですよ、と。

はたして基本無料ビジネスは、コンテンツ溢れるエンタメ界の救世主なのか?(笑)

(過去回へのリンク)
第1回 / 第2回 / 第3回 / 第4回 / 第5回 / 第6回 / 第7回 / 第8回 / 第9回 / 第10回
第11回 / 第12回 / 第13回 / 第14回 / 第15回 / 第16回 / 第17回 / 第18回 / 第19回
第20回 / 第21回 / 第22回 / 第23回 / 第24回 / 第25回 / 第26回 / 第27回 / 第28回
第29回 / 第30回 / 第31回 / 第32回 / 第33回 / 第34回 / 第35回 / 第36回 / 第37回
第38回 / 第39回 / 第40回 / 第41回 / 第42回 / 第43回 / 第44回 / 第45回 / 第46回
第47回 / 第48回 / 第49回 / 第50回

最速ビジュアルアンテナ
vavaしゃちょーツイッターはこちら



◆世界も流行の真っただ中!

こんな現象日本だけじゃないの?と思ったアナタ。いや私だけど(笑)ちょっぴり調べてみるとそうでもないみたい。

日本で言う『基本無料』は英語だとP4F(Play for Free)、またはF2P(Free to Play)と呼ぶらしくて、海外でもずいぶん盛んみたいだよ。

Free to Play(翻訳推奨)

この課金形式はもともとは多人数同時参加型オンラインゲーム(MMO)からはじまり、今では世界的に大流行しているゲーム形式で、先進的なのは韓国、ロシア、中国なんだそうだ。最初はとにかく無料で遊べて、ある一定以上やりこむと課金が必要になるのは、今の『基本無料』と全く同じだ。

それからこれはちょっと前の話しだけど、アメリカの調査会社ガートナー社ってのが、2012年にはPlay2Free系のアプリはいずれ携帯アプリ総ダウンロード(約45億ダウンロード)の90%を占めるようになるだろうと予測し、今やその通りになってしまった。

IDEA TO APP ATER(翻訳推奨)

実はアメリカでは大昔からこれによく似た課金方式があったりしたんだ。1993年に発表されたかのファーストパーソン・シューティングゲーム (FPS) の名作『DOOM』は、当初なんとシェアウェア(募金みたいなもの)だった。私なんかはリアルタイムでこれにハマった口なんだけど、何時間も無料で遊べて、ゲームを結構進めてからカードの入力画面が出てきたときには、あっと驚いたな(笑)

まあしょせんゲームはやってみないと面白いかどうかはわからないものなので、やってみてオモシロかったらお金を払ってね。というのは「合理的」ではある。

……え?なに?

やってみてオモシロかったらお金を払うのと、今流行してる『基本無料』のゲームとはなにかが違うって?

うん、確かに違うね(笑)

でも無料でやってたゲームを今度はお金払って続けるのって、なんかガッカリしないですか?

どうせお金払うんだったら、無料プレイではできなかったアレとかコレとか、出来ちゃう方が楽しいわけでさ……。

これは『基本無料』のオンラインゲーム・ Wizardry Onlineの課金画面。こんな具合に課金すると今までできなかったことが出来るようになってちょっとしたブルジョア気分。てか、なんかせちがらい気もするけど、これが時代なんでしょうなあ(笑)

ともあれ、日本も世界も今やP4Fが大流行。

流行どころか、それがゲームビジネスの形まで変えてしまったんだから、凄いことだよね。

◆無料ゲームが溢れかえる時

ゲームの『基本無料』スタイルが一般化しつつある理由のひとつは、他に無料のエンターテインメントコンテンツが溢れかえってるからだと思う。

いい無料コンテンツがいっぱいあるということは、面白いかどうかわからないゲームにお金を払ってまでプレイする必要性はないわけだし、そうなるととにかくやってもらうことが最初のハードルになってくる。

んで他の無料ゲームやコンテンツと対抗するためにも、有料ゲームだけど最初は無料という形にして圧倒的なとっかかりやすさを提供していかなければいけなくなるわけだな。

それに制作者の立場から言わせてもらうと、基本無料ゲームは広告費も少なくて済むのでありがたいし、面白い物が爆発的ヒットする夢もある。もちろん、つまらないゲームは全く売れないわけだけどね。

だけど、そもそも莫大な広告費をかけてクソゲ―でも売ってしまう方がよほど不健全だよ。みなさんもそう思いませんか?

これはご存じ『パズドラ』。このゲームの提供元であるガンホーの前期は、このゲームの大ヒットで売上高が前期比2.7倍の258億円、営業益が7.9倍の92億円となる大幅な増収増益だそうだ。実にうらやましい(笑)泰蔵さんお元気ですか?

でもさー、全部が『基本無料』になってしまうと、理論上条件は同じになってしまうので、とっかかりの良さってメリットは薄れちゃうんだけどね(笑)

つまりこんな感じ↓

やらないとわからないゲームを買わせるには広告が必須だった

『基本無料』であまり広告費をかけずにすむようになった。

みんながそうなると条件が同じになってまた広告が必要に←イマココ

えーと、次はなんだ?お金払ってやってもらうのか?(笑)


◆オススメゲームはこれだ!

ま、理屈なんてどうでもいいか(笑)

ここらで『基本無料』ゲームのオススメを紹介しておこう。これらはみんな、うちの社員さんが太鼓判を押すハマリゲーらしいよ。

メガミエンゲイジ
まず参戦作品のラインナップをご覧いただければ、美少女ゲームユーザーにはたまらんものとなっております。個人的にはみう先輩がかわいいと思います。もちろんKey作品のキャラクターも多数参戦しており、何より思い入れをもって育成にいそしむことができるのは大きな魅力ですね。私は愛着のある静流をメインに育てていますが、みう先輩もかわいいです。また、他のプレイヤーと協力して拠点攻略を行うなどの要素も熱いです。しかしみう先輩はかわいいですね。いわゆるブラ三系のシステムで、結構な戦略性や知識も要求されるので、なかなかハードルの高いゲームですが、割と愛だけでも十分楽しめる感じです。みう先輩がかわいいのでお勧めです!
(推薦:都乃河 勇人)
 
ケリ姫スイーツ
アクション性の高いパズルゲームで、某怒鳥と基本操作は同じだけど、飛ばしてからのプラス1クリックという要素のおかげで、戦略の幅が広がります。それが上手くはまると、プレイヤースキルが上がっていくような気がして、でもそうなると次は武器に不満が出始めて…気が付けば課金してました。
(推薦:魁)
 
FIFAワールドクラスサッカーS
実は、UEFAサッカーが大好きなので、海外サッカーが好きならかなりツボなゲームっす。好きな選手でフォーメーションを揃えるも良し、一時のRマドリーを越える銀河系軍団を作るも良し。
アザールとファン・ペルシーのツートップとか出来たら笑えますよね。イベントも毎週開催されていますし、ゆったり遊べる雰囲気ですよ!
(推薦:藤井きゅん)
 
神装!!ヴァルキリーカード
キャラクターカード以外に、武器や防具などの装備カードが存在し、キャラクターに装備させることで、強さと同時にグラフィックも変わる。そんな部分でプレイしているです。ただ、イラストがかわいいですか?と訊かれると、困ってしまうところもあったり、なかったり……しちゃうです。他のプレイヤーとの対戦は、朝・昼・夜の限られた時間内だけなので、殺伐とならずにのほほんと、キャラクターたちを育てることができるので、うれしいのです。問題は……ガチャチケット配りすぎ……と思うところで、これでは多くのユーザーさんは課金しないのでは?と、ちょっと不安なのです。
(推薦:クド公編集長)
 
みう先輩いいすぎだろ(笑)

ともかく、これで春休みの暇つぶし対策はバッチリだね!

◆リトルバスターズ!カードミッション、スタートしました!

はいそこ!やっぱりかとか言わない(笑)

かねてからの告知通り、うちもゲーム屋のはしくれとして、やってみましたよ、と。

ご存じ(なのか?)『リトルバスターズ!カードミッション』今はこういうキャンペーンやってます。てかさ、みんなうますぎじゃね?どうやって猫何十匹も集めるのさ。さっぱりわからん。。

実を言うと私はあまりコレ系のゲームには詳しくなかったんで、リトルバスターズ!カードミッションに関してはほとんどノータッチなんだよ(笑)

ということで今はユーザー気分ちゃっかり楽しんでたりします…。

んでコレが原稿書いてる時点でのパラメーター。どうやらNYP5000は無理みたい( TДT)どうせぬるゲーマーですよ。

だけど、私はどうもコレ系の常識に欠けるらしくてね……。慣れたプレイヤーには当然のキーワードなんかもいまいちわかってなかったりするので、いつも運営に説明不足だとぶつぶつ文句を言ったりしてるよ。

あと『基本無料』に関しては、ナメてましたね、いやマジで。

だってさ、今はこれ、テストプレイ期間なので、当然参加者全員が無料プレイなわけでしょ?すると体力の回復なんか平等に時間かけてじっくり待つことになるんだけど、けっこう要所要所で回復アイテムが手に入ったり、たまに運営からボーナスをもらえたりして待つのがそれほど苦痛じゃない。空いた時間に遊ぶには実にちょうどいい感じなんだよね。

てことで、最初はどうせ有料アイテムないとロクに遊べないんでしょ、とか思ってたんだけど、意外にもこのちょこちょこ感が私は割と気に入ってしまったのだ。

これならアイテムが有料になってもアイテム買わずにいられるんじゃないかなあ?

◆基本無料=無限課金?

さて話を『基本無料』に戻そう。

やってから課金するかを判断できる。無料のままだって時間さえあればそう悪くない。とはいえ、やっぱり問題はあるわけです。

その昔、ゲームがまだ「本」という単位で数えられていたころ、それは有料で定価があった。でも逆に言えば有限一定のお金で済んでいたわけで、無限にお金がかかることはなかったのだ。気がつけば何万円も払ってしまったとか、払いすぎて破産寸前とか、少なくともそういうのはなかった。

ところが、『基本無料』ゲームは、コアにがっつり楽しもうと思うと、ユーザーが競い合ったり意地になったりしていくらでも払ってしまうという怖さがあるんだな。

月額でもうそれ以上はいくら買っても課金されないように頭打ちにするとか、固定料金でアイテム買い放題とか、そういう方法はないのかねえ?でもそうすると固定課金した一人が買いまくって、それをみんなに配るとか、きっといろいろあるんだろうなあ(笑)

私もいろいろ研究してみようと思う。

結局、愉しむことはいいことだけど、ご利用は計画的にってことか。てことで、みんなも、遊ぶならちゃんと計画的にねー

じゃあ今日はこのへんでヾ(´∀`;)ノシ



補記1
ところでゲームというより物語やアニメに近いコンテンツであるわれらがPCゲームは基本無料の方法論に合致するんだろうか?やるなら各キャラルートに入ると1000円とか?おっと、その前に全部をクラウド化しないと意味がない。

補記2
考えてみれば何十時間もかかる巨大な物語は、それだけのまとまった時間をユーザーに強いることになる。なにより肥大化したコンテンツはこの時代に逆行しているとも。ハリーポッターのシリーズを全部まとめて見るのは苦痛だし、制作に何年も待たされるのも嫌だ。

補記3
本音を言うとわれわれのゲームはあれほどの長い物語を作るのは本当に大変で、数千円の価値は絶対あると思う。だけどこれだけ細切れコンテンツ、基本無料の時代となるとなにかしら考えなくてはいけないような気もするね。では導入部はフリー、キャラ数人ごとに1本を安くして分けて売り、気に入ってもらえたらさらに続編を、というのはどうだろう?でもそれやったらきっと叩かれるだろうなあ(笑)分割商法とか。

補記4
そうそう。今年のエイプリルフールはどうでした?今年もエロゲ界は元気いっぱいギャグ満載でしたねえ。私的にはねこねこさんの「俺の妹がこんなに居るわけない」とか笑わせていただきましたよ。ユーモアは気分をよくし、やる方も見る方もテンションがあがる。なにより愉しむことが大事だね。


■ riffraff新作『3人いる!』のV.I.Pが開催! お絵描きライブも楽しかったよ!

riffraff新作 『3人いる! 〜Happy Wedding in Livingroom〜』V.I.Pを開催しまして、無事に終了となりました!
作品についての裏話なんかはモチロン、今回は原画家・鈴井ナルミさんの「お絵描きライブ」も併催!大きなスクリーンですいすいとキャラクターが描かれていく様は、見ていてとても楽しかったですー。
『3人いる! 〜Happy Wedding in Livingroom〜』は全国のPCゲーム取り扱い店にて予約受付中ですので、是非予約してくださいね!


ステージ裾で裏話を踏まえたトークをしていたシナリオライター・にっしー。この日もノリノリでした。

完成したイラストの説明をしている原画家・鈴井ナルミさん。どんどん完成に近づくイラストをみんなマジマジと見ていましたよ!

完成間近の某キャラクター。今は完成版が鈴井ナルミさんのツイッターにアップされているとかなんとか!

リクエストが多かった初音ミクも描いていましたよ!

【バックナンバー】
コラムの連載が50回を迎えました! Twitterで募集した記念のメッセージにもご返信を。……え?なになに、何か依頼が来てるって?
「失敗は成功のもと!?」今回はビジュアルアーツや、私が過去にやった失敗談を語ってみよう。私が「いい気」になっていたら、警戒警報ですよ
クドは天才少女の系譜。ゲームやアニメのキャラクターを立てるってどういうこと?
今のライフスタイルにあったPCゲームってどんなものだろう?
ゲームを販売する上でとっても大事な「体験版」のお話しよう
新年あけましておめでとうございます! 2013年今年の抱負は『ユーザーに選ばれるメーカーになりたい!』そろそろ新たなプロジェクトの始動もね!!
突然ですみません!年末にかけての隠し玉「ビジュアルアーツ・アプリポータル」がオープンします!まずは「クドわふたー」の体験版をプレイしてみてね!
20周年を迎えたビジュアルアーツ社員の2012年10大ニュース! 今年の一番はもちろん……!?
迫るコミケ!高まる期待!? 今年も恒例、ビジュアルアーツのコミケ情報を先行でお伝えします!
無断転載と著作権。これからは作家が利用規定を決めていく時代
"絵柄とカリカチュア"の視点から見た、(幼い系)漫画・アニメ・ゲーム絵の解釈論
Keyの音楽クリエイター折戸伸治による初のパーソナルフルアルバム『circle of fifth』がまもなく発売!今回はその折戸伸治に関するお話です。
アニメ「リトルバスターズ!」放送直前特集なのです!!
今やゲームの時代はパッケージ購入型から、ブラウザゲームへ移りつつある……そんなお話しです
着メロを買ったり、痛車を出品したり…。今回はYahoo!オークションのお話しです
PCゲームは長編だけじゃない。そう、今回スポットを当てるのは「短編作品」です
「ビジュアルアーツ大感謝祭 Shift:NEXT→Generation! -きみとかなでるあしたへのうた-」が無事に終了しました! 果たしてイベントはどうなったのか……!
ビジュアルアーツ20周年記念イベントも開催直前!最後のおさらいを一緒にしましょう!
PCゲームの「声」はみんな声優さんの演技によって成り立ってる。今回のテーマはPCゲームにおける「声」について!
第二回キネティックノベル大賞開催、そしてVA20周年大感謝祭の展示物についてが今回のテーマです
歌は世につれ世は歌につれ(古い)。こんなボカロ時代に恐縮ですが、なんたって歌はいいものですよ。今回のテーマは「レコーディング」です
とうとうやらなきゃいけないテーマがやってきました。そう! 今回は「Rewrite Harvest festa!」についてです!
「ビジュアルアーツ大感謝祭 in 横浜アリーナ」では平行してクラブイベント『OTSU』もやろうと思っています。今回はその「クラブイベント」について
今、巷では実際に身体を動かし、行動して問題解決を目指す『リアルゲーム』が流行してます。暇な人はやってみそ!
今回のテーマは『痛車』。クドカーに続いて、そろそろまたやりたくなってきたんだな
いよいよVA20周年の基幹イベントが本格始動です!
4月1日といえば新たな季節・年度の始まり? いえいえ、それよりインターネッツですよ
ずばり"萌えゲー業界へ就職する方法"。ウチらはたぶんこういう人を求めています。来たれ!若者! その2!
ずばり『萌えゲー業界へ就職する方法』。ウチらはたぶんこういう人を求めています。来たれ!若者!
今VAで一番勢いのあるブランド…そう! SAGA PLANETSさんについてお話ししましょう!
紙もいいけど電子もな。今回は「本」について。私に10万売らせろーヾ(`皿´;)ノ
あけましておめでとうございます! 2012年のビジュアルアーツは、あなたの側にあります!!
映像配信もいいけど、まだまだネットラジオも捨てたもんじゃない! いつか音楽番組やりたいなー
2011年もあとわずか!ビジュアルアーツ社内10大ニュース!!
VA流ライブの作り方、お教えします。
ビジュアルアーツの年末大行事・冬のコミックマーケット! グッズ情報を先行でお届け!!
ビジュアルアーツの年末大行事・冬のコミックマーケット!
広報、マーケティングはビジュアルアーツの重要な業務のひとつなのです
全年齢のエロゲに意味はあるのか?今回のテーマはエロ無しの作品。「全年齢作品」についてです
私とBLゲームの出会い…そう、今回は「女性向け恋愛ゲーム」がテーマです。どっちが「オモテ」でどっちが「ウラ」か。いやさ、しばらくおつきあい下さい!
ビジュアルアーツ20周年記念イベント計画発動!色々と仕込を開始してます!!
今回は人によりちょっぴり耳の痛いお話し、ゲームや音楽の違法アップ、ダウンロード、そしてネットによる生放送について、です
PCゲームからのコンシューマー(家庭用ゲーム機)化ビジネス。それはただ単に"移植"すると言うことではないのだ!
アナタの周りにいる沢山の嫁、彼女、妹。今回はビジュアルアーツのグッズ版権許諾ビジネスについてお話ししましょう!
引き続き音楽集団I'VEさんについてお話ししましょう。
今回は音楽集団「I've」について語ってみたい
ビジュアルアーツ創業20周年、その中で最もエポックな出来事だったのはKeyの移籍でした
幹部脱退にすごく悩んだ結果が...今のビジュアルアーツです
ビジュアルアーツの生い立ち。当時はたった1.2MBの記憶容量でゲームを作ったんだ......
初めまして、ビジュアルアーツのvavaしゃちょーです

この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51389875