2013年04月09日

魔法少女育成計画 episodes 「本編の絶望がさらに深まる」「殆どのキャラが死ぬ」

魔法少女育成計画 episodes ライトノベル「魔法少女育成計画 episodes」【AA】が8日に発売になった。魔法少女育成計画と続編のrestar(前後編)に登場する、魔法少女33人の日常エピソード短編集で、MOMENTSさん『少女たちの平和だった日々を見ると、本編の絶望がさらに深まる』、お亀納豆さん『殆どのキャラが、この後死ぬと思うとアレだな……』みたい。
-

遠藤浅蜊氏のライトノベル「魔法少女育成計画 episodes」【AA】発売
「儚く可憐でバイオレンスな33人の魔法少女たちの日常系エピソード!」

「restart」に登場した魔法少女・マジカルデイジーの短編
「マジカルデイジー第二十二話」カラーイラスト

「”あとは任せる”地面に倒れ伏した美千代がぼそりと呟いた」
ゲーマーズ本店
発売記念フェア
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

このライトノベルがすごい!文庫4月新刊、遠藤浅蜊氏のライトノベル「魔法少女育成計画 episodes」【AA】(イラスト:マルイノ氏)が、アキバでは8日に発売になった(公式発売日は10日)。

『魔法少女育成計画』は、「魔法少女育成計画」と続編の「restart」前編後編が出ていて、Wikipediaによると『「16人の魔法少女による生き残り合戦」というサバイバルアクション小説』で、いつも月夜に本と酒さん『裏切りや騙し合いは当たり前、友情や愛情が悲劇を生む容赦も救いもないストーリー』や、ラノベ365日さん『可愛らしい魔法少女たちが競い合いながら次々と無残に命を落としていくこの愉悦!最高だな!』などの感想があった作品。

今回発売になった『魔法少女育成計画 episodes』は、編集部ブロクによると『スペシャルブログにて現在公開中の特別短編8編は、加筆修正を行い、挿し絵を追加して収録!さらにそれとほぼ同じくらいのページ数を書き下ろして収録予定!』みたいで、魔法少女育成計画と、続編の「restart」前編後編に登場した魔法少女たち33人が登場する、日常エピソード15編を収録した短編集みたい(8編は「このライトノベルがすごい!文庫スペシャル文庫掲載の特別短編を加筆・修正)

オビでは『儚く可憐でバイオレンスな33人の魔法少女たちの日常系エピソード!』、折込チラシでは『ほんわかした日常や、やっぱり殺伐とした事件などなど、本編の裏側エピソードが山盛り!』などを謳い、本編では登場魔法少女のほとんどが死亡しているからか、メロン秋葉原1号店には『あの死んだ魔法少女がすごい 2013』POPが付いてた。

「魔法少女育成計画」「魔法少女育成計画restart」で、過酷な死のゲームを繰り広げた魔法少女たち。そんな彼女たちに魅せられた読者の声に応えて、本シリーズの短編集がついに登場!
少女たちのほんわかした日常や、不思議な縁や、やっぱり殺伐とした事件などなど、エピソード山盛りでお届けします!本編とあわせて楽しんでいただきたい一冊ですが、この本からシリーズを読み始めるというのもアリ、かも!? 裏表紙

ライトノベル「魔法少女育成計画 episodes」【AA】の感想には、MOMENTSさん『ああ、こういう少女たちの平和だった日々を見ると、本編の絶望がさらに深まるというか、あれが悪い夢だったんじゃないのかとか、そんな風に思いたくなってしまいますね。前日譚をこういう形で見せられると、あの、殺し殺されるデスゲームのやるせなさは、本当に救いがないものだったのだと思い知らされます』やラノベ365日さん『非業の死を遂げていった幾人もの魔法少女たちの日常の姿が描かれ、目立たなかったキャラにもスポットが当たって、初めて見えてくる意外な一面が可愛らしかった』、お亀納豆のライトノベルまっしぐらさん『本編では判らなかった魔法少女同士の意外な接点が見えてきたり。いやしかし、まさかサービスシーンがあるとは…。殆どのキャラが、この後死ぬと思うとアレだな…』などがある。

なお、著者の遠藤浅蜊氏は、あとがきでは『今回はいつもと趣向を変えて短編集です。そう、初短編集なのです。一粒で何度も美味しい作りになっております。サイト掲載分とは修正やらなにやらが入って変化していますので、そちらと見比べてみるのもまた一興かもしれません。三十三人の魔法少女達の活躍をお楽しみください』などを書かれている。

「魔法少女育成計画 episodes」書籍情報 / 特典情報

「ロボットと修道女」
「天使をプロデュース」
「ゾンビウェスタン」
「ワンダードリーム」
「トップスピードと遊ぼう」
「オフの日の騎士」

【関連記事】
魔法少女たちのデスゲーム 魔法少女育成計画 restart(後) 「ド外道過ぎて爽快!」
魔法少女育成計画 restart (前) 「魔法少女たちが無残に命を落としていくこの愉悦!」
魔法少女育成計画 「騙す、出し抜く、殺し合う。魔法少女達の生き残りゲーム」

【関連リンク】
宝島社 / このライトノベルがすごい!文庫
このラノ文庫編集部ブログ / スペシャルブログ
「魔法少女育成計画 episodes」書籍情報
魔法少女紹介「魔法少女育成計画」 / 「魔法少女育成計画restart」
『魔法少女育成計画episodes』発売記念フェア
このラノ文庫4月新刊特典情報
儚く可憐でバイオレンスな魔法少女たち33人が全員登場します!
このたび、短編集の発売が決定いたしました!
『魔法少女育成計画』ニュース!コミカライズが決定しました!
イラスト:マルイノ氏のホームページ「不安定な学校」 / Twitter / pixiv
魔法少女育成計画 - Wikipedia

魔法少女育成計画episodesはねむりん無双だな
魔法少女育成計画episodesが来月発売されると。33人全員登場予定で楽しみ
『魔法少女育成計画』 短編集の発売が決定いたしました!

【感想リンク】
魔法少女たちはしっかり生きていたんだなぁ・・・。
この「珠玉」という言葉がこれほどまでにふさわしいライトノベルがかつてあっただろーか
キャラクターを掘り下げることで本編での痛みを倍加させる
少女たちの平和だった日々を見ると、本編の絶望がさらに深まる
殆どのキャラが、この後死ぬと思うとアレだな……
日常系なのに痛ましさがこみあげてくるという恐ろしい短編集
『魔法少女育成計画episodes』ネタバレと感想
魔法少女オールキャストで、みんな(一部を除き)仲良く平和にイチャイチャ
むしろこの本からシリーズ読み始めた方が精神的ダメージ大きいんじゃないかな
v あれ?良い面を語っていたつもりだったのに、目に涙が…
見せ方も手を変え品を変え長短・緩急つけながら、飽きさせないつくり
血みどろの本編ではあり得なかった、 和やかショートストーリーが中心
総勢33人の魔法少女の事前・事後談を収録した掌編集
あんな結末になるのかと思うと切ない
既に死んでしまったキャラの活躍を、お祭り感覚で楽しめたのは良かった
在りし日の魔法少女達
33人出すのは大変だったんだろうなぁと思ったりしましたw
魔法少女育成計画 episodes 感想 - 読書メーター


魔法少女育成計画 episodes (このライトノベルがすごい! 文庫)魔法少女育成計画 episodes (このライトノベルがすごい! 文庫) [文庫]
著者:遠藤 浅蜊
出版:宝島社
(2013-04-10)

魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫) [文庫]
著者:遠藤 浅蜊
出版:宝島社
(2012-06-08)

魔法少女育成計画 restart (前) (このライトノベルがすごい! 文庫)魔法少女育成計画 restart (前) (このライトノベルがすごい! 文庫) [文庫]
著者:遠藤 浅蜊
出版:宝島社
(2012-11-09)

魔法少女育成計画 restart (後) (このライトノベルがすごい! 文庫)魔法少女育成計画 restart (後) (このライトノベルがすごい! 文庫) [文庫]
著者:遠藤 浅蜊
出版:宝島社
(2012-12-10)

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51390617