2013年04月13日

ライトノベル のうりん6巻 「アニメ化決定!――日本よ、これが農業だ」

のうりんアニメ化も決定した、GA文庫4月新刊ライトノベル・白鳥士郎氏の農業系学園ラブコメディー「のうりん」6巻【AA】(イラスト:切符氏)が、アキバでは12日に発売になった。11巻ではコンバインにハコ乗りしての稲刈りや、アメコミ風見開きカラーイラストもあったりで、オビの謳い文句は『アニメ化決定!――日本よ、これが農業だ』。
-

著:白鳥士郎氏、イラスト:切符氏のライトノベル「のうりん」6巻【AA】発売
「アニメ化決定!――日本よ、これが農業だ」

見開きカラーイラスト アメコミ風「日本よ、これが農業だ」

「”待”ってたぜェ!!この”季節”をよォ!!」 注:稲刈り
メロンブックス秋葉原1号店
専門店向け限定版カバー
ゲーマーズ本店
専門店向け限定版カバー
とらのあな秋葉原店A
専門店向け限定版カバー

GA文庫4月新刊、白鳥士郎氏のライトノベル「のうりん」6巻【AA】(イラスト:切符氏)が、アキバでは12日に発売になった(公式発売日は15日)。5巻に続き一部店舗では切符氏描き下ろしカバー仕様の限定版もあるみたいで、アニメイト限定版は『木下林檎』カバー、とら・ゲーマーズ・メロン共通限定版は『中沢農』カバーみたい。

ライトノベル『のうりん』は、Wikipediaによると『農業高校を舞台に、農業に青春をかける農業高校生たちの日常を描く。作品のジャンルは「農業系学園ラブコメディー」』で、ドラマCDコミック版に続き、アニメ化も決定してる。今回発売になった11巻の折込チラシは『最後の寮生来襲!グローカルな規模で超展開する愛と有機の農業高校ストーリー!!』で、コンバインにハコ乗りしての稲刈り、女の子たちに踏まれる主人公や、創作漢詩「巨乳」などのほか、カラーページには岐阜県の特産米「ハツシモ」の紹介イラストや、『日本よ、これが農業だ』を謳ったアメコミ風見開きイラストなどなど。

HEY!ニッポンの皆さん初めましてだナ!? ナタリー、テキサスからコウサクを嫁にもらいに来ましタ!連れて帰って一緒にコメづくりするナ!? ……ナにナに?アメリカじゃ、美味いコメつくれナいって?ノー!!それ違うナ!? 日本じゃナくても日本人に合っタ作物はつくれるし、規模も技術も比較にナらナい! そしてナにより……ナタリーが一番かわいいナ!?だからコウサク、Will you marry me!? 裏表紙

なお、作者の白鳥士郎氏はライトノベル「のうりん」6巻【AA】のあとがきでは、TPP導入における北海道の農業の変化についてや、次巻について『さて、ここ2冊ほど重い話が続きましたが、次はとうとう修学旅行!農業あんまり関係なしで頭をカラッポにして楽しめる一冊にできればと思っています!お楽しみに!!』などを書かれ、alphabateさんの感想は『エロに対する変態さと農業やその周辺に対する取材、描写の真摯さ、ネットスラングやパロディのこれでもかという盛り込み方など、どれもかなり極端な上にラストの盛り上がりがすごくて、一瞬この巻で完結してしまうのではないかというそこはかとない恐怖を感じた』とのこと。

「のうりん」6巻書籍情報 / 白鳥士郎氏のブログ

「OH!バイオSUZUKI!!」
「イイッ!すごくイイよみんなっ!!」
創作漢詩「巨乳」
「”待”ってたぜェ!!
この”婚期”をよォ!!」
「林業工学科に体験入学希望?だったり?」
「させるかあああああああああああああああ!!」

【関連記事】
のうりん5巻 「おっぱい大増量で贈る農業高校ラブコメ、緊迫の第5弾!」
のうりん!4巻 「うじうじ悩むな、小僧ども。農家へ行け!」
農業学園ラブコメディ のうりん3巻 「相変わらず笑い死ぬ。真面目な農業ネタで燃える」
のうりん2巻 「そう...。そのまま収穫して。僕のマッシュルーム...」
農業高校青春ラブコメ のうりん 「ガイアが俺にもっと耕せと囁いている」

コミックス版のうりん2巻 「もうこの学校変態しかいねえな」 おっぱい・ビキニアーマー
コミックスのうりん1巻 「ノーライス、ノーライフ!"農耕"学園ラブコメコミック初出荷!」

【関連リンク】
ソフトバンク クリエイティブ / GA文庫
「のうりん」6巻書籍情報
「のうりん」のアニメ化が決定しました!
アニメ「のうりん」公式サイト / Twitter
ドラマCD「のうりん」公式サイト
コミック版「のうりん」作品紹介
白鳥士郎氏のブログ「のうりんのぶろぐ」
白鳥士郎とは - はてなキーワード
切符氏のブログ「ticketchan」 / pixiv
のうりん - Wikipedia

春だ!アニメ化だ!「のうりん6」切符先生描き下ろしイラストの限定版だ!
白鳥士郎/切符『のうりん』 アニメ化決定! ドラマCDからキャストの変更は無し
【小説】GA文庫4月新刊― 『這いよれ!ニャル子さん(11)』、『のうりん(6)』他

【感想リンク】
うわぁ、相変わらず、ネタのチョイスが凄いなぁ
逃れられないTPPの脅威。突き付けられる日本の農業の厳しい実情
無邪気に人に進められない地雷原
お行儀の良い作品より、心を打ち抜く作品を目指していると再確認
ライトノベルの可能性を、何処まで押し広げようというのか、この作品は…!
とことんバカ話を続けてさんざん笑わせてくれた後にシリアスに突き落とす
シリアスパートと、コメディパートの差が極端すぎる気がする・・
地域に適合した品種の作米や、ブラジル人向け野菜生産の悲哀、TPP参加に伴う農業の変革
やっぱり重い。我関せずな読者も否応なく考えさせられると思います
パロディネタも満載だけど、やっぱりちょっと重すぎる感じ
最後はきれいごととパロディネタでごまかされた感じ
エロに対する変態さと農業に対する取材、描写の真摯さ、ネットスラングやパロディ
重い!ここまで真面目に扱ってくるとは思ってもみなかった
のうりん 6巻 感想 - 読書メーター



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51391158