2013年04月20日

バイオーグ・トリニティ1巻 「大暮維人×舞城王太郎、なんて危険な組み合わせ」

バイオーグ・トリニティコミックス「バイオーグ・トリニティ」1巻【AA】が19日に発売になった。吸い込んだものと体が融合する病気「バイオ・バグ」がはびこる近未来を舞台にし、ときわ書店本ブログの紹介は『大暮維人×舞城王太郎、なんて危険な組み合わせ。最高にポップでハイセンス、狂おしいまでにイカレてイカした世界で描かれる完全無欠の青春ストーリー』。
-

コミックス「バイオーグ・トリニティ」1巻【AA】発売
作画:大暮維人氏、原作:舞城王太郎氏 「まさかの二人でまさかの青春」


「松カゲっちがはじめて”変身”した時は”蝶々”だったのに」

「オレ おまえと一つになる」
メロンブックス秋葉原1号店
COMIC ZIN秋葉原店
特典:プレスペーパー
ゲーマーズ本店

作画:大暮維人氏、原作:舞城王太郎氏が、ウルトラジャンプで連載されているコミックス「バイオーグ・トリニティ」1巻【AA】が19日に発売になった。

『バイオーグ・トリニティ』は、まんたんウェブの連載開始時紹介によると『小説「阿修羅ガール」で三島由紀夫賞を受賞した作家の舞城王太郎さんと、マンガ「エア・ギア」で知られるマンガ家の大暮維人さんによる新連載』、『手に穴が開き、吸い込んだあらゆるものと体が結合してしまう病気「バイオ・バグ」がはびこる近未来の世界を舞台に、主人公の少年・藤井を中心に高校生たちの青春を描いている』で、作品紹介ページは『舞城先生が構築した未だ見たことの無い世界を大暮先生が具現化する!ラジカル&ポップな新エンターテイメントの開幕!』になってる。

今回発売になった「バイオーグ・トリニティ」1巻【AA】の裏表紙は『ヤバい、マジで榎本芙三歩のことが好き過ぎて俺死ぬ』、『両掌に穴が空き、好きなものを吸い込んで融合できてしまう病気「バイオ・バグ」。あやういバランスで成り立つ世界で、恋心とか青春とかはどうなっちゃうのよ?』とかで、ときわ書店本ブログでは『大暮維人×舞城王太郎、なんて危険な組み合わせ。最高にポップでハイセンス、狂おしいまでにイカレてイカした世界で描かれる完全無欠の青春ストーリー。まさに、お二人の新作として読者が望んだ、これ以上なく理想的な形が、ココに』などと紹介してる。

甘酸っぱい恋のモヤモヤ。バイクで飛ばした道。そのご近所で世界が破壊されていたりする。夜のコインランドリーで量産型の巡査に身元確認されてみたり。学校では女子がクモやバイクに変身しちゃう。そしてオレの手のひらにハート型の穴が開いた。…これは、オレが榎本芙三歩のことを死ぬほど好きになってしまった話。たぶん。舞城先生が構築した未だ見たことの無い世界を大暮先生が具現化する!!ラジカル&ポップな新エンターテイメントの開幕! 作品紹介

コミックス「バイオーグ・トリニティ」1巻【AA】の感想には、じゅの's 漫画レビューさん『他の物の追随を許さないキレキレのデザインは本作でも変わることなく、キャラのみならず、背景の木や、建物の看板のひとつひとつにまで思わず目を通したくなってしまうようなオシャレ感でいっぱいです』、『か細いロープで張られた吊り橋を全速力で駆け抜けていくような緊張感と疾走感が、どちらもMAX状態のまま展開するストーリーに胸が躍ります』、やすちさん『舞城王太郎の奇怪で極彩色な世界観と大暮維人の画風がすげえマッチしてる。構成もハチャメチャな様に見えて実はまとまっている』、凛さん『演出がかなり新鮮で面白いです。横書きセリフにはじまり、チャット風の会話、シーンの見せ方など大暮クオリティがさらに進化している気がします』などがある。

「バイオーグ・トリニティ」1巻コミックス情報 /試し読み

「ゴメン極子...」
「つーか あンあとどこ行ってたんだテメー」
「バイオーグ・ハンター」
「2秒で吹き飛べ
虫(バグ野郎)が」
「フミホはオレが守る」
「コイツは世界が”ゆらぐ”のを見た」

【関連記事】
画像:大暮維人x舞城王太郎 「バイ オーグ トリニティ(1)」発売
エア・ギア13巻限定版 発売、ピンキーストリート初の男性キャラ付
大暮維人氏のNAKED STAR発売「H度 ★★★★★ エロいぜっ」
天上天下12初回特典版のアキバでの在庫は潤沢 過剰かも?
大暮維人氏、2354日振りに「NAKID STAR」で成人コミック界に復活

【関連リンク】
集英社 / ウルトラジャンプ
「バイオーグ・トリニティ」作品紹介 / 試し読み
「バイオーグ・トリニティ」1巻コミックス情報
大暮維人 - Wikipedia
大暮維人とは - ニコニコ大百科
舞城王太郎 - Wikipedia

大暮維人×舞城王太郎、なんて危険な組み合わせ
バイオーグ・トリニティ : 舞城王太郎と大暮維人がタッグ 近未来の高校生描く
舞城王太郎×大暮維人の新連載は青春もの!ウルジャンで始動
大暮維人新連載きたあああああ!!!
大暮維人×舞城王太郎 新作始動キタ━━━(゚∀゚)━━━!
新連載『バイオーグ・トリニティ』ウルトラジャンプ1月号より始動!

【感想リンク】
「バイオーグ・トリニティ」超かっけぇぇぇぇぇ!!
大暮維人作品であるなら、買わなければなるまい…とりあえず
吊り橋を全速力で駆け抜けていくような 緊張感と疾走感
アクション+変身+四角関係
好きな人を護るためにやはり戦う事になるのだろうか
奇怪で極彩色な世界観と画風がすげえマッチしてる
衝撃展開なのだけど、スタイリッシュさに全部持って行かれた
絵が上手すぎてかっこいいな!女の子も可愛い!多少厨二っぽくても私は好きだ!
独創的な試みも多く読み応えがあって素敵だと思いました
演出がかなり新鮮で面白いです
物語の構成も良いし、やっぱり段違いに絵のレベルが飛び抜けてるわ!!
バイオーグ・トリニティ 1巻 感想 - 読書メーター
バイオーグ・トリニティ 1の感想 - ブクログ


バイオーグ・トリニティ 1 (ヤングジャンプコミックス)バイオーグ・トリニティ 1 (ヤングジャンプコミックス)
大暮 維人 舞城 王太郎

ウルトラジャンプ 2013年 05月号 [雑誌] 零崎双識の人間試験(4) (アフタヌーンKC) 七つの大罪(2) (講談社コミックス) 銃夢 Last Order(18) (KCデラックス) AREA D 異能領域 4 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)

by G-Tools

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51392141