2013年04月25日

「劇場版シュタインズゲート・コミック版。ついに発売!新たなシュタゲがココに!」

劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ劇場版シュタインズゲートを九我山レキ氏がコミカライズされた、「劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ」1巻【AA】がアキバでは24日に発売になった。コミックス1巻は岡部倫太郎が◯◯するところまでが描かれ、とら秋葉原店AのPOPは『劇場版シュタゲ・コミック版ついに発売!!!』『ついに動き出す!!!新たなシュタゲがココに!!』になってた。
-

九我山レキ氏のコミックス「劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ」1巻【AA】
とら秋葉原店A「劇場版シュタゲ・コミック版ついに発売!新たなシュタゲがココに!』

「鳳凰院凶真…がっ!」ぶわっ

「実験大好き変態少女略して、変態よ!」「失礼にも程があるだろっ!!」

「記憶に沿って行動し影響を最小限に留める……確かめるのはただ一点。今のこの違和感の正体を突き止めることだけ……」
K-BOOKS秋葉原新館
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

劇場版シュタインズゲートを九我山レキ氏がコミカライズされ、少年エースで連載中のコミックス「劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ」1巻【AA】がアキバでは24日に発売になった。

連載開始時のコミックナタリー『ゲームやアニメで展開された「STEINS;GATE」の後日譚。様々な世界線を彷徨った岡部倫太郎が、日常を取り戻してから1年後の出来事を描いている』とかで、裏表紙には『遂に悲劇のない「シュタインズ・ゲート世界線」に辿りついた彼は、平穏な日々を送れるようになっていた。しかし、いくつもの「世界線」を渡り歩いた彼の脳には大きな"負荷"がかかり始めていて!?』『超えた世界線の、その先で――』。とらのあな秋葉原店AのPOPは『劇場版シュタゲ・コミック版ついに発売!!!世界線の行き来を幾つもしてきた岡部倫太郎。ある日。岡部の不穏な出来事にアノ人が、ついに動き出す!!!新たなシュタゲがココに!!』になってた。

自称「狂気のマッドサイエンティスト」の岡部倫太郎。悲劇のない「世界線」へと辿り着いた彼の身に起こる新たな悲劇とは…!?絶賛公開中の「劇場版シュタインズ・ゲート」が早くもコミック化! 折込チラシ

なお、4月20日から公開中の「劇場版アニメ STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ」は、公式サイトでは『「シュタインズ・ゲート」は劇場という舞台で、まだ誰も見たことのない結末へと収束する―。制作にあたりTVアニメスタッフが再結集すると共に、原作MAGES.がストーリーを完全監修。本編トゥルーエンドの"その後"に起こる事件を、完全新作で描きだす。2013年春、いま、再び、「シュタインズ・ゲート」の世界線が動き出す』を謳い、『全国18スクリーンでの小規模公開ながら、土日2日間の成績で動員5万7634人、興収8682万2800円をあげる大ヒットスタート()』してるみたい。

劇場版シュタゲの感想(ネタバレ)には、気の向くままにさん『名作の劇場版はデキが違う!とても感動した』、おっさんノングラータさん『やもう無茶苦茶面白かった。2クールあったアニメも面白かったけれど、その完成度を高めるという意味で、今回の劇場版があったように思います。テレビシリーズの伏線もきっちり回収してくれたし』、KonifarPodさん『もっかいTVアニメ見たくなる。製作者側の思惑通りすぎて悔しいけど見たくなる』、アンコウテルオ.comさん『今回は助手ファン必見のファンサービスがてんこ盛りでしたよ!むしろ助手萌えくらいの勢い』とかがある。

「劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ」1巻コミックス情報

「No. On business.」
「いつものラボに戻ったって感じですね」
「この…はっきりしろー」
「……!?」がくん
「リーディングシュタイナーがあなただけのものだなんて」
「何かが欠けている――」

【関連記事】
画像:劇場版シュタゲのコミック(1)発売
「一番くじ 劇場版シュタインズ・ゲート 負荷領域のデジャヴ」発売。助手コスプレさんも
シュタゲ8bitのコミカライズ 「STEINS;GATE 変移空間のオクテット」発売
公式新作小説第二弾 「シュタインズゲート 永劫回帰のパンドラ」発売
【公式】 STEINS;GATE 閉時曲線のエピグラフ 「どの店も売り切れとかマジないお」
【公式】STEINS;GATE 閉時曲線のエピグラフ 牧瀬紅莉栖を救えなかったβ世界線
STEINS;GATE 亡環のリベリオン3巻 「阿万音鈴羽スピンオフ完結!」
【ネタバレ】 シュタインズゲート 亡環のリベリオン(2) 阿万音鈴羽スピンオフ
「シュタインズ・ゲート本編では語られなかった、ミスターブラウンの過去とは!?」
K-BOOKS秋葉原新館で「そに子」「シュタゲ」「ロボノ」コラボスイーツ
ラジオ会館に衝突した「人工衛星らしき謎の物体」展示。でかい、メッチャでかい
STEINS;GATE 変移空間のオクテット 発売 「たまらなくオッサンホイホイ」
ラジオ会館に人工衛星が衝突した秋葉原の様子
東京アニメセンターでシュタゲ展&ゆるゆり展
シュタインズゲート BD1巻発売 「オペレーションベルダンディー発動だ!ふはははは!」
シュタインズ・ゲート アニメ化記念。「知的飲料」ドクターペッパージャック
「シュタインズ・ゲート」アニメ化記念の、裸に見えるフィルターがヒドイ
「にゃんにゃんを楽しもう!」 Steins;Gate 比翼恋理のだーりん 発売
シュタインズ・ゲート同人誌即売会「秋葉原シュタゲ祭り」 IBM5100の実機も
「シュタインズゲート」コスプレ 助手のスリムな黒タイツ脚に踏まれまくり
シュタインズゲート比翼恋理のだーりん 「猫耳メイドの助手カーニバル!」
シュタインズ・ゲート「オペレーション・ローエングリン」 公式痛車とコスプレ
PSPシュタインズゲート限定版 「裸白衣の紅莉栖をモデルに展示中!」
PC版「シュタインズゲート」発売→当日完売のお店も。そして、抽選会とジョイまっくす
Windows版「シュタインズ・ゲート」 アニメ化発表効果?で予約ランキング1位に
PC版シュタインズゲート、アマゾン1位。店頭でも予約ランキング上昇
シュタインズゲート公式資料集 「ネタバレなど恐るるに足らん」
「めくるめく厨二ワールド」 想定科学ADV シュタインズゲート

【関連リンク】
角川書店 / 少年エース
「劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ」1巻コミックス情報
九我山レキ氏のホームページ「智天堂」 / ブログ / Twitter
作画担当をしております。作画も原作に寄せております
「劇場版 STEINS;GATE」エースで先行コミカライズ開始

劇場版「STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ」のコミカライズ作品です

劇場版「STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)負荷領域のデジャヴ」公式サイト
TVアニメ「シュタインズ・ゲート」公式サイト
STEINS;GATE アニメ公式Twitter / 未来ガジェット研究所Twitter
5pb. / ニトロプラス
未来ガジェット研究所 ホームページ
Steins;Gate - Wikipedia
劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ | Movie Walker
『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』コトブキヤ限定グッズ販売コーナー
コトブキヤ秋葉原館に『劇場版シュタゲ 負荷領域のデジャヴ』特設販売コーナー
全国18スクリーンでの小規模公開ながら大ヒットスタート
4月26日のめざましテレビで劇場版シュタゲ・宮野さん&今井さんのインタビュー
劇場版シュタゲのキャッチコピーwww

【劇場版シュタゲ感想リンク(ネタバレ含む)
劇場版『STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』興行収入5億円突破!
少なくともシュタゲファンなら1800円出す価値はあるかと思います
『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』観てきた!
【全画像】フジテレビで劇場版「シュタインズ・ゲート」特集キタ━━(゜∀゜)━━ッ!!
シュタインズ・ゲートの選択の先は――
感想まとめ 泣けるいい映画だった
劇場版「Steins;Gate 負荷領域のデジャヴ」感想まとめ
劇場版『STEINS;GATE』 感想スレ
世界線を超えた絆やラブストーリー的要素が強い
「素晴らしい真の完結編」と声を大にして言いたくもなる
「シュタゲ」という世界観を壊さずに上手く続編として着地した
詰め込んでる感はあるので二回くらい見ると考え変わるかも
デジャヴ・・・デジャヴ。"紅莉栖好きなら観るべし"と
TVアニメ復習してから見に行くのがオススメ
アニメも面白かったけれど、その完成度を高めるという意味で
公式の映画となると物足りない
名作の劇場版はデキが違う!とても感動した


劇場版 STEINS;GATE -1    負荷領域のデジャヴ (カドカワコミックス・エース)劇場版 STEINS;GATE -1 負荷領域のデジャヴ (カドカワコミックス・エース)
九我山 レキ

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 上 (角川スニーカー文庫) 劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ OFFICIAL GUIDE BOOK STEINS;GATE 哀心迷図のバベル 2 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ) STEINS;GATE コミックアンソロジー タイムトラベラーズテイル VOL.3 (DNAメディアコミックス) STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐    哀心迷図のバベル (富士見ドラゴンブック)

by G-Tools

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51392676