2013年05月01日

連載終了から約6年 朝霧の巫女9巻完結 「ついに完結!!…大団円!!」

宇河弘樹 朝霧の巫女9巻 宇河弘樹氏のコミックス「朝霧の巫女」9巻(完結)【AA】が30日に発売になった。漫画まみれラノベづくしさんの感想『まさに感無量の最終巻』で、コミックス情報では『忠尋と柚子達巫女委員会は一体どうなってしまうのか!?伝奇巫女漫画遂に完結!連載時原稿大幅加筆修正、描き下ろし80ページ満載!』を謳い、裏表紙は『…大団円!』。
-


「松江絶対防衛線との強調戦闘を防ぐため、進軍の妨げとなるものは速やかに排除せねばなりません 主砲榴弾装填 目標 境水道大橋中央径間
妖魔ごと完全に粉砕しなさい!」

「…亡者との再開と交合 世界の終末と創世 悪趣味な話だ
そりゃ母さんたちの顔色もすぐれない訳だな」

「ああ わたしのともだちがかえってきた くらこちゃん いっしょになろう」
ゲーマーズ本店
メロンブックス秋葉原1号店
特典:メッセージペーパー
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード

宇河弘樹氏がヤングキングアワーズで連載されていたコミックス「朝霧の巫女」9巻(完結)【AA】が、30日に発売になった。

『朝霧の巫女』は、Wikipediaのストーリー紹介によると『主人公の少年・天津忠尋は、母親の置き手紙によって、従妹である稗田三姉妹が住む広島県三次市に引っ越して来る。到着早々、正体不明の化物に襲われるが、迎えに来ていた稗田三姉妹によって窮地を救われる。それから毎日、忠尋は化物に襲われる日々を過ごすことになり、やがてこの国の存亡に関わる戦いに巻き込まれていく』というお話みたい。ヤングキングアワーズ2007年8月号まで連載され、その後、5年9ヶ月かけて加筆修正の末、全9巻のコミックスとして今回完結し、最終巻には第三十二話「黄泉の岩戸(1〜4)」、第三十三話「国産み(1〜2)」の六話を収録(もくじ)。

9巻コミックス情報は『大変長らくお待たせいたしました。忠尋と柚子達巫女委員会は一体どうなってしまうのか!?伝奇巫女漫画遂に完結!連載時原稿大幅加筆修正、描き下ろし80ページ満載!』で、裏表紙は『…………大団円!』になってた。

COMIC ZINインフォメーション紹介『忠尋は囚われの柚子を救い出すことができるのか。そしてこの国の明日の形は。愛も憎しみも、因縁も忠義も。神代からの全ての縁はここに一つの結末を見る――。宇河弘樹先生「朝霧の巫女」雑誌連載終了より約6年、ついに完結の第9巻――!』のほか、ときわ書房本店ブログ紹介『約13年〜永きに渡った朝霧の巫女も、ついに完結です。壮絶・凄絶な展開から、いくらか欠けてしまった物・事を除けばだいたい大団円に辿りつきました。カバー下は壮絶、凄惨、そして最後はやはり、壮絶に…これが、数えきれない程の修羅場をくぐり抜けた漢の死に様じゃぁいッ!! どちらも、見逃せないです』などがあり、とら秋葉原店Aでは『生者VS亡者 最終決戦!!果たして世界の行方は…!?巫女委員会も大活躍!』POPがついてた。

2000年の月刊ヤングキングアワーズ3月号にて連載を開始。2007年の8月号で好評のうちに連載を完結。その後、単行本化の作業を進行し、この度ついに全9巻で完結した。
ちなみに前巻より11ヶ月振りの刊行となり連載79回から84回分が収録されている。雑誌掲載分144ページに84ページ新規追加されている他、加筆・修正ページも多数あり、目次や奥付などあわせて総ページ数は8巻と同じ232ページ。攫われた幼なじみ柚子を器にしたスサノオ率いる黄泉軍と、葦舟=大和に鎮座した現帝率いる現世軍が開戦。柚子を取り戻さんと皆が集う中、周囲の思惑を他所にして、忠尋が選んだ究極の選択とは……!? ついに完結の「国産み篇」を収録!! 裏表紙オビより

コミックス「朝霧の巫女」9巻【AA】の感想には、漫画まみれラノベづくしさん『まさに感無量の最終巻。読みながら、ちょっと泣いてしまいましたよ。大変だったけど、いいエンディングでした!』、Kボゥイさん『人の持つ弱さと強さの両面を描き切り、無事大団円。日本神話に疎い私でも最後まで楽しんで読めました』、らくやまさん『あっさりめに終わった連載時に比べて陛下の見せ場が!モチーフどおりの悲壮感が強かったところにあの大暴れっぷりと面倒見のよさも加えてイケメンすぎる』、M&Mさん『あやかしの寄る家を読んでからもう何年経っただろう。アワーズで初回を読んであの短編集の続きだ! と狂喜して何年経っただろう。 無事最終巻が出て本当に良かった。 日瑠子陛下バンザイ』などがある。

「朝霧の巫女」9巻コミックス情報 / 宇河弘樹氏のブログ

「このまま叔父上の描く図をなぞって仕舞いでは興醒めよ」
「あの境界の蓋を戻しさえすればすべて終わるはず」
「みんな
済まない」
「全ての人々は見えぬ糸屑となって散ってしまった」
「柚子 ずっと居てくれたんだね それにいっぱい苦しんだ」
「すべてを始めよう」

【関連記事】
画像:朝霧の巫女 (9)完結編 発売「大団円!」
宇河弘樹短編集 二輪乃花 「短編でここまで驚きに満ちた感動は久しぶりかも」
宇河弘樹/朝霧の巫女6巻 「本当に本当に本当に出た」

成恵の世界 「連載13年、銀河スケールSFラブコメ遂に完結!!」
それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ 「嘘じゃないぞ! 20年の時を経て遂に本編完結っ!!」
連載約12年のカレーマンガ 華麗なる食卓 完結49巻 「エロが凄かった!(笑) 」
GUNSLINGER GIRL最終15巻 「戦うために存在した少女たちの結末」
コミックスFate/stay night 20巻 「連載開始から約7年 伝説の物語がついに完結!」
「社会派ギャグマンガ さよなら絶望先生がその歴史に幕を閉じました(享年30巻)」
コミックス 紅(10)完結 「最後の最後までコミック版は神すぎる」
バクマン。20巻発売 「マンガを愛してくれた全ての人に贈る、感動の最終巻!」
魔法先生ネギま!38巻 「ついに最終巻!赤松先生、9年間おつかれ様でした!」
はなまる幼稚園11巻完結 「園児達と先生達の魅力的なエピソード」
おたくの娘さん 11巻 「おたく親子ライフ感動!!×驚愕!!の最終巻!!!!」
ぱにぽに17巻 「連載10周年イヤーに、遂に完結!」「え?これ、最終回(^^;?」
となグラ!13巻 「連載7年半。じれったすぎる隣暮らしラブコメ、ついに最終巻!」
瀬戸の花嫁 3年ぶりの新刊が最終16巻 「燦ちゃん オレと、結婚してくれー!!」
「何度でも言おう! 佐々木少年"真月譚 月姫"は原作を超えた!」
「ハガレン完結!荒川先生、9年間ありがとうございました」
デトロイトメタルシティ最終巻 「おい、貴様ら オレが本当の大円団を教えてやる」
空と海と風と癒しの物語 ARIA最終巻 「心からありがとう」
武装錬金 最終巻10巻発売 「錬金の全てにピリオドが!」

【関連リンク】
少年画報社 / アワーズ
「朝霧の巫女」9巻コミックス情報
宇河弘樹氏のブログ「蛸グラフ」 / Twitter
刊行できたのはひとえに読者様のおかげです。本当にありがとうございました
宇河弘樹 - Wikipedia
朝霧の巫女 - Wikipedia
「朝霧の巫女」最終巻は追加84ページ、プレゼントや特典も
約13年〜永きに渡った朝霧の巫女も、ついに完結です

【感想リンク】
二転三転大団円!「朝霧の巫女」9巻
連載当初と比べるとかなり話の傾向が変わった作品となりました
長かった…単行本派だったから、長かった
まさに感無量の最終巻。読みながら、ちょっと泣いてしまいましたよ
こんな話を描いて、まだ漫画描き続けられる先生は本当に凄い…
神話をテーマにした作品にふさわしい結末と思うかは、受け手それぞれかも
連載時から大幅に加筆修正されており、もはや別物と言えるレベル…素晴らしい出来
少年画報社は作品完結まで首を長くして待てる出版社だなぁ
やっとこさ完結編。連載終了から長かった
カバー裏の漫画が相変わらずぶっとんでて良かったです
これで終わりかと思うと長い間追いかけていただけにかなり寂しい
超存在たる神の描き方が独特で、宇河弘樹氏のSF属性が現れているというか
「平成稲生物怪録」という副題からは、だいぶ脱線してしまったよねぇ
この作品に出逢えたことをとても嬉しく思います・・・ありがとうございました
あっさりめに終わった連載時に比べて陛下の見せ場が!
最後を陛下と斎藤にもってういかれた。なにあのブロッコリー頭の葦舟格好良すぎる
時の経過やら、色々と思い出して、感慨深いものがあるなぁ
無事終わったのは嬉しいが、年に一度の楽しみが無くなってしまったのがさみしい
物語の大風呂敷が綺麗に大団円を迎えるとは感慨深い
終わった、長かったな……待ってればちゃんと終わるものなんだな…
サスラ姫がいいトコ持ってった 何だかんだ言っても、こまさんが最後まで美味しい(笑)
色々あったからどうなる事やらと思ったけど無事に最終巻まで出てくれて良かったよ〜
素戔鳴は最後までマザコンで、陛下はかっこいい(ネタバレ)
読みました。読みましたよーまさに大円団!大円団でした
ここのところドロドロした表紙が続いてただけに、忠尋とゆず二人がトリを飾ってて嬉しい
朝霧の巫女読み終わったー!泣いた泣いた。菊理たん菊理たん(´pωq`)
大好きです。一生モノの素晴らしい体験をありがとうございました
思えば10年近く朝霧の巫女には楽しませてもらった
内容よりまず、十年くらい読んでた話が終わる事の感慨が深いなぁ……
すばらしかった。日本神話を換骨奪胎した「物語」としては随一だと思う
連載終了から最終巻出るまでが長かったな〜 何はともあれ大団円で終わってよかった
しかし巫女委員会とか出てきた辺からこの盛り上がりは想像できんね
それにしても、陛下が男前過ぎるのはどうなんだ。いや、良かったけど
最終話雑誌掲載から6年かけて単行本が出るとは思いませんでした
描写が独特で、理解に時間がかかったりもしたけどなんだかんだでいい作品
全体的に日瑠子陛下がカッコよすぎて…尋と柚子も、背表紙の大団円って言葉通り
連載終わったのはもう結構前だけれど、単行本組みなのでついに・・・って感じが大きいなw
朝霧の巫女 9巻 - 読書メーター(ネタバレ含む)



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51393403