2013年05月06日

ぎにゅうのあの子はちっぱいがーる 「オリジナルおっぱい美少女・ドタバタラブコメ!」

サークルkirazu ぎにゅうのあの子はちっぱいがーるサークルkirazuのコミティア104新刊『ぎにゅうのあの子はちっぱいがーる』が、メロン秋葉原1号店に5日に入荷した。サークルさんのコメントは『噂のあの子は偽乳だった。「ちっぱい」がコンプレックスの羽生さんと、少し特殊な能力を持つ花見くんのお話』で、メロン通販の紹介は『オリジナルおっぱい美少女・ドタバタラブコメ漫画!』。
-

サークルkirazuのコミティア104新刊 貧乳で偽乳女の子のオリジナル同人誌
「ぎにゅうのあの子はちっぱいがーる」(メロン専売)

「"女の子の価値は胸の大きさで決まるものだ"この価値観、この能力は一生変わらないと、そう思って生きてきた」

「その…付け方分かんなくて…付けて…?」

サークルkirazuのコミティア104新刊、オリジナル同人誌『ぎにゅうのあの子はちっぱいがーる』がメロンブックス秋葉原1号店に5日に入荷した(メロン専売)。

サークルさんのコメントは『噂のあの子は偽乳だった。「ちっぱい」がコンプレックスの羽生さんと、少し特殊な能力を持つ花見くんのお話』で、おっぱいの大きさを正確に当てることができる能力を持ち"女の子の価値は胸の大きさで決まるものだ"と考えている主人公・花見くんが、ちっぱいがコンプレックスなクラスメイト・羽生さんの偽乳を看破してしまったことから、彼女のちっぱいを見せられたり、ブラジャーを買うことになったり、ブラを着けてあげるお話。

メロンブックス秋葉原1号店には『「Q.偽乳は罪ですか?」「A.NO!女の子の価値は胸の大小だけじゃない!」』、『待望のきらず様新刊!』POPが付いていた。

オリジナルおっぱい美少女・ドタバタラブコメ漫画! あらゆる女性のバストサイズを見ただけでぴたりと言い当てる、特殊能力を持つ花見君。そんな彼に冷たい視線を浴びせかけるのは、クラス屈指の爆乳美少女・羽生さんでした☆ところが自分のセンサーに反応がない事を訝しんだ花見君は、彼女の偽乳を暴いちゃう!? 奇妙な関係の2人が繰り広げるやり取りに爆笑、珠玉のドタバタコメディをご堪能下さい♪ メロンブックス通販

同人誌『ぎにゅうのあの子はちっぱいがーる』の徒然なる一日さんの感想は『ちっぱいを巡るドタバタギャグかと思っていたら、いつの間にかバカップルなストーリーに変わっていたでござるwwwもうね、この2人は末永く爆発しろ!!!と、祝福のメッセージを送りたくなるぐらいですよw』、『偽乳発覚から始まった2人のドタバタ劇・・・何か不思議と爽やかなストーリーな同人誌でしたw』などを書かれている。

なお、サークルkirazuの深山おから氏はあとがきで、『長編で描きたいなと思っていたものをぎゅぎゅっと詰めて描きました』、『お知らせ:連載が決まりました。ゎーぃゎーぃ!またサイトやtwitterでお知らせします』とコメントされている。

メロン通販「ぎにゅうのあの子はちっぱいがーる」(メロン専売) / サークルkirazu

「…最低」
「偽乳のやつの気配なんて分かるか!!この胸ビート板!!」
「もっとあるもん!!ほら!」
「いま頼めるの…あんたしかいないんだもん…」
「ごごごめん、そうだよね、かのじょでもないのに何言ってんだろ」
「どう?似合うかな?」

【関連記事】
ラブコメ同人誌 ちゅーしてっ! 「純真な気持ちってイイなぁ…と思ったニヤニヤ同人誌w」
あいしちゃったらこわしたい。「好きになった相手を(物理的に)壊したくなるヤンデレ少女」

貧乳写真集 ちっぱい女子 「ちいさめでも美しい胸はもはやステータス」
おっぱい写真集「はさみっこ」 AカップからGカップおっぱいで挟んでる

【関連リンク】
サークルkirazu / Twitter / pixiv
【COMITIA104新刊】ぎにゅうのあの子はちっぱいがーる
pixiv:【COMITIA104】ぎにゅうのあの子はちっぱいがーる」
メロンブックス通販「ぎにゅうのあの子はちっぱいがーる」(メロン専売)
完全無欠のラブ&コメディ!!
バカではあるんだけおストレートに萌えでラブコメ
偽乳発覚から始まった2人のドタバタ劇

【コミティア104関連リンク】
コミティア
COMITIA事務所blog / Twitter
5月のコミティアは4600サークル超え
COMITIA - Wikipedia
pixiv:「COMITIA104」参加情報
コミティアとは【ピクシブ百科事典】
「osamu moet moso」コミティアで複製原画展に新刊販売
竹書房新人4コマ杯inコミティア、大賞発表!
開催直前! マンガ・イラスト即売会「COMITIA(コミティア)104」サークル紹介
回を追うごとにコミティアの活気も増しているような気がします
探していた本を作者本人のサークルから直接買えたりするので重宝します
コミケに比べたら天国やー…
にぎわってはいるけどマッタリ回れるくらいの人出でした
高い交通費をかけてコミティアに行った甲斐はあったなぁと思いました
会場には1時間前くらいに到着
混沌混然としたサークルの数々数々只々圧倒されました
初コミティア参加してきました
いっぱい良い本に出会えた



この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51394037