2013年05月21日

【コラム・ネタ・お知らせ】 聖剣使いの禁呪詠唱《ワールドブレイク》 あわむら赤光先生が語るヒット作の裏側!

あわむら赤光「聖剣使いの禁呪詠唱」 アキバBlogをご覧の皆様、こんにちは。GA文庫・まいぞーです。今回は話題作『聖剣使いの禁呪詠唱《ワールドブレイク》』でいま最もノリにノッてる作家の一人、あわむら赤光先生にインタビュー!さらに5月31日にBlu-ray&DVDが発売となる、テレビアニメ「這いよれ! ニャル子さんW」の秋葉原まわりでのキャンペーン情報をお届け!
-

「聖剣使いの禁呪詠唱《ワールドブレイク》」1巻(あわむら赤光
「剣聖×禁呪使い」の前世共鳴カタルシス!
1人の身体に最強の《前世》が2つ――つまり超最強!!! ってことだろ?
最愛の二人を救う、新・学園ソード&ソーサリィ、始動!!
■実の妹と合法ラブラブするには?

―――最初に、簡単に自己紹介をお願いいたします。

あわむら赤光(以下:あわ):第1回GA文庫大賞で奨励賞をいただき、SFバトルスポーツ「無限のリンケージ」でデビューした、あわむら赤光と申します。現在は2シリーズ目に当たる、妹が痛すぎるラブコメディ「あるいは現在進行形の黒歴史」と、学園ソード&ソーサリィと銘打ちました3シリーズ目「聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>」を並行して刊行しております。

編集部まいぞー(以下:(ま)):あわむら先生はGA文庫が新人賞をスタートして最古参の受賞者の一人になるわけですが、デビュー以来約四年間で既に18冊もの作品を執筆している、意欲的な作家さんです。18という数はGAの受賞者さんの中でもダントツで、一番多いです。

―――その3シリーズ目に当たる『聖剣使いの禁呪詠唱』(以下:ワルブレ)が巻を追うごとにセールスを伸ばすヒット作となっていますが、どういう経緯で生まれたのでしょうか?

あわ:これは1巻のあとがきでも書いたのですが、「カッコイイ主人公の燃えるバトル物を書きたい」「幼馴染みたいに親密なWヒロインとの萌えるイチャラブを書きたい」って気持ちが先にあって、そういうお話を書かせてくださいって編集部に頼んだのが始まりですね。もう2年くらい前の話なんですけど。

(ま):編集部からは「書いてもいいけど、その2つをシンプルな設定で表現できたらね」という課題をあわむら先生に提示したんです。

―――なるほど、それが「前世が2つあるから剣聖×禁呪使いで超最強」「その時にできた嫁も2人いてモテる」というコンセプトにつながっているわけですね。

あわ:思いついた後になって「なんでこのアイデア、すぐ出てこなかったんだろう?」と苦笑するんですが、これを捻り出すまでかなり時間がかかりました。

―――でも実際、ありそうで今までになかったアイデアだと思います。

あわ:そうしてまずコンセプトができました。それから細部を詰めていくんですけど、Wヒロインの設定がまた苦労しました。担当さんから「両方の属性が本当にただ『嫁』だけだと、2人の差別化が弱いんじゃないですか?」って指摘されて、全くその通りで。かなり悩んだ後ようやく、ヒロインの片方(注:嵐城サツキ)を「前世では血のつながった実妹だったけど、禁断の愛で結ばれていた」って設定を思いつくことができて、企画の全体像が完成しましたね。

1巻口絵 ヒロインのひとり・嵐城サツキの前世の姿
「前世では血のつながった実妹だったけど、禁断の愛で結ばれていた」

―――え!? じゃあ最初は妹って設定はなかったんですか?

あわ:はい。お姫様の前世があるというだけでした。

(ま):あわむら先生がいきなり電話してきて、興奮した様子で「転生したらもう血縁じゃないから実妹ラブでも合法です! 完全にセーフなんですよ!!」って語り出した時は、「それはナイスアイデアですね」とお答えする一方、この人はまともに見えるだけで頭の中身はセーフじゃないなって、ますます畏敬の念を強めました。

■大好きな世界なら8時間くらいぶっ続けで

―――そういう経緯でオリジナリティが生まれた一方で、影響を受けた作品等はありますでしょうか?

あわ:そうですね。これは「ワルブレ」に限らず、僕という人間の源流とも言うべき物だと思いますが、僕は子どものころからライトノベルが大好きで、もう20年以上読み続けています。「ロードス島戦記」や「スレイヤーズ」は絶対血肉になってると思います。「魔術士オーフェン」も大好きで、「ワルブレ」の企画段階の仮タイトルは「我が鉄剣に宿れ業火」だったくらいです。

(ま):その名残が、1巻の第七章の章題に残ってますよね。

あわ:恐れ多いですが、あの傑作にあやかる気持ちで。近年ですと「東京レイヴンズ」「鋼殻のレギオス」なんて好きすぎて、何度読み返したかわかりませんね。

―――ファンタジー作品に長く親しんでこられたということですね。それでは、漫画やゲームよりライトノベル派、ということでしょうか?

あわ:そう……かもしれません。でもゲームも漫画も好きですよ? 「モンスターハンター」なんて普通は8時間くらいぶっ続けでやるもんだろうって思ってたら、作家仲間に「タフっすね……」ってドン引きされましたし。漫画だったら「ファイブスター物語」を崇拝してます。最近ついに連載が復活して、「豪華な公式ファンブック」まで出版されてるんですけど、そこで「ソードアート・オンライン」の川原礫先生がファイブスター愛を楽しそうに語っておられて、なんて羨ましい! と(笑)。

■理論派イラストレーターとのコンビネーション

―――イラストレーターは「あるいは現在進行形の黒歴史」(以下、「ある黒」)に続いて、「ワルブレ」でもrefeia先生が続投されていますが、ケースとしては珍しいですよね?

あわ:そうですね。最初は絵柄に惚れこんで編集部にオファーかけてもらったんですが、「ある黒」でご一緒させてもらううちに、お人柄にも惚れこんで。

(ま):あわむら先生の強い希望で「ワルブレ」でもコンビを組んでいただくことになったんですよね。

あわ:refeiaさんのお人柄は著書の「萌え絵の教科書」を読んでいただけるとわかってもらえると思うんですけど、ものすごく理論家なんですよ。で、イラストも小説も理論にすれば根底で通じるものがたくさんあるんだって、勉強になったんです。

―――イラストと小説の通じるもの?

あわ:例えば、「この部分は一番何をアピールしたいのか考えてる?」って視点をrefeiaさんはよく「フォーカスはどこ?」って表現するんです。僕もその理屈を聞いてからは日々、フォーカスに気をつけながら執筆しています。

(ま):一時期、私と打ち合わせしていて、フォーカス、フォーカス、あわむら先生がよくおっしゃってましたよね。

あわ:すみません、すぐ影響受けるもんで(笑)。

―――影響という話でしたら、作品の内容に関してもrefeia先生から影響を受けたことなどはありますか?

あわ:もちろん、お話は自分で作りますけど、細かい設定でアイデアをいただいたことは数えきれないほどありますね。これも『萌え絵の教科書』にありますが、refeiaさんはデザインをする上で、キャラに特徴を付けるための記号化にこだわってる方なんです。なので例えば「ワルブレ」で、「この世界の魔術師は武器を持たない」って設定に僕はしていたのですが、refeiaさんがヒロイン(注:漆原静乃)にはせめて持たせたいって、とんでもない気合の入った杖をデザインしてくださって。僕もそれ見てインスピレーションが湧きまくって、即採用させてもらいました。

(ま):ちなみに静乃の杖にまつわるエピソードは8月発売予定の4巻で登場します。シリーズ企画構想時にはありえなかった、お二人のコンビネーションが生んだ展開です。ご期待ください。


■あわむらワールドのこれから

―――今後の作品展開についてもお聞かせください。

あわ:まずは6月に発売される「あるいは現在進行形の黒歴史10 −比類なき天空の兄弟ゲンカ−」ですね。今回のお話は特に、シリーズ企画構想時から温めていたネタをようやく形にできたもので、ノリにノって執筆しました。

(ま):コメディが振りきっていて、私も原稿を読みながらお腹がよじれました。「ワルブレ」からあわむら先生を知った方は、こんな作風もいけるのかと驚かれると思います。

あわ:そうは言いましても読者の皆さんには、まずは素晴らしいrefeiaさんのイラストを堪能していただきたいです。

「あるいは現在進行形の黒歴史 −比類なき天空の兄弟ゲンカ−」10巻口絵

―――先程、「ワルブレ」4巻は8月予定とおっしゃってましたね?

あわ:現在、鋭意執筆中です。主人公の諸葉に、美しき女暗殺者のレーシャが迫ります。彼女はある《固有秘宝/ジ・オリジン》を持っている魔剣使いで、《救世主/セイヴァー》殺しの《救世主/セイヴァー》なんてあだ名される対人戦のエキスパートです。諸葉は作中で、もうとんでもなく強い設定なんですけど、決してうかうかできない恐るべき相手と戦うっていうお話ですね。あと、3巻ではサツキの方が活躍したので、4巻では静乃を活躍させたい……と思ってたんですが、いま書いてると雲行きが怪しくなってきました。でも出番は多いです。

女暗殺者・レーシャ(ワルブレ3巻挿絵より)

(ま)電子版「GA文庫マガジン」の方でもおよそ隔月くらいのペースで「ワルブレ」短編を連載しております。こちらは「ある黒」のようなコメディ路線ですのでシリーズ未読の方でも、魅力ある登場人物たちを味見していただくのに向いていると思います。

―――最後に、可能であれば5巻以降の構想などもお聞かせいただけると。

(ま):展開的に、ロシア支部との全面抗争は避けられないですね。

あわ:(あ、言っちゃっていいんだ……)他にも3巻で一気に登場させましたけど、恐ろしい魔人たちが6人もいるので、彼らが諸葉とどんな風に絡んでくるか、はたまたどんな熱いバトルが行われるか、読者の皆さんには是非楽しみにしてもらえるとうれしいです。

白騎士機関ロシア支部長 ヴァシリーサ(ワルブレ3巻挿絵より)

(ま):詳しい情報も順次発表していきますが、コミカライズも決定してますます絶好調、燃えて萌える学園ソード&ソーサリィ「聖剣使いの禁呪詠唱」をこれからもよろしくお願いいたします。

―――本日はお忙しい中、ありがとうございました。


■「這いよれ! ニャル子さんW」情報!

お次は、5月31日(金)にBlu-ray&DVDが発売となる、テレビアニメ「這いよれ! ニャル子さんW」の秋葉原まわりでのキャンペーン情報をお届けします。

まずは、ラジオ会館のウォールアートが一面『這いよれ! ニャル子さんW』に。こちらのウォールアートは、キャラクターと一緒に記念撮影が出来るものとなっております。

先日、ニャル子のコスプレイヤーさんに立って頂きPRを行ったのですが、沢山の人が写真を撮っておりました。こちら、6月2日までの予定となっておりますので、秋葉原にお立ち寄りの際は是非とも撮影していってくださいね。

秋葉原各店で入手できるラジ館コラボフリーペーパーも絶賛配布中! 阿澄さん、松来さん、大坪さんの撮りおろしインタビューも掲載されております! 配布店などは下記でご確認くださいね!

フリーペーパー配布店リスト:http://nyaruko.com/news/#6014

妄想具現化パフェ
「名状しがたいバールのようなもの」つき

ニャルラトホテプをイメージしたカオスフード

そして、秋葉原のキュアメイドカフェで、6月2日(日)まで「這いよれ!ニャル子さんW」のカフェが開催中! 

キャラクターイメージドリンクはもちろん迷台詞ケーキや「名状しがたいバールのようなもの」が添えられたパフェ、「ニャルラトホテプ」をイメージしたフードなどカオスなメニュー満載! オープニングまたはエンディングのCDをお持ちの方のみが注文できるスペシャルドリンクやメニュー注文でポストカード(全2種)のプレゼントも!ぜひお越しください。

『這いよれ!ニャル子さんW』カフェ企画情報
http://www.curemaid.jp/?page_id=5894


さらには、ジーストアでは『這いよれ!ニャル子さんW』のポストカードプレゼントキャンペーンが開催中!こちらはポストカードがなくなり次第終了となりますので、お早めに!

ジーストア『這いよれ!ニャル子さんW』ポストカードプレゼントキャンペーン
http://geestore.com/event/id/5953


また、ゴーゴーカレーでは、コラボクリアファイルキャンペーンを実施中。好評につき、配布店舗を拡大して頂きました! こちらもなくなり次第終了となるので、予めご了承ください!店内ムービー「Gチャンネル」でもニャル子役、阿澄佳奈さんのスペシャルコメント入ったコラボPVも放送中!

アニメ「這いよれ! ニャル子さんW」とゴーゴーカレーがコラボ!
http://www.gogocurry.com/news.html#20130515


ニャル子アドワーゲン(※画像は昨年のものです)

そして、5/25(土)からはニャル子の昨年も好評を博した、アドワーゲンが再び秋葉原の街を疾走します!「SAN値!ピンチ!」のフレーズが聞こえてきたら、その方向を振り向いてみてくださいね!(※画像は昨年のものとなります)

以上、『聖剣使いの禁呪詠唱《ワールドブレイク》』、テレビアニメが好評放送中の『這いよれ! ニャル子さん』をよろしくお願いします。

GA文庫:編集まいぞー

【バックナンバー】
第5回GA文庫大賞《優秀賞》「装甲少女はお好きですか? そうです! フォルムとか最高です! 」のキャラデザを大公開! 「ダンまち3」情報もお届け!
GAの新作は学級崩壊ラブコメ!? 「クラスメイト・コレクション」
GA文庫4月新作「放課後四重奏」&アニメ化「のうりん」情報!
「這いよれ! ニャル子さん」アニメ情報に万太先生の新作情報!
GA文庫「ハンドレッド2」新キャラ初公開!そしてコミック化決定!
ノベライズ「WHITE ALBUM2」月島雅也&丸戸史明対談、画集「イース THEアートブック」関連情報も!
「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」2巻 2カ月連続刊行 GA文庫が自信をもってオススメする王道ファンタジー
「聖剣使いの禁呪詠唱」キャラデザ&著者本人による用語解説
「妹様による、俺ルート攻略・ラブコメ理論」キャララフ公開!
GA文庫大賞《大賞》作品「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」大森藤ノ先生インタビュー
アニメ化はどう影響!?GA文庫で2012年に一番売れた本は?
「しきもんつかい」キャラ公開!ろっくちゃんインタビュー!
TVアニメ「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」ここだけの話
新作「ハンドレッド -ヴァリアント覚醒- 」キャラデザ&特典公開!
今井麻美さん、釘宮理恵さんほか共演のサウンドドラマ化情報!
新人賞受賞作「男子高校生のハレルヤ!」キャラデザイン公開!
GA文庫提供のWEB番組「大坪由佳のツボンジュ〜ル☆」開始
「俺修羅」裕時悠示先生の、台湾漫画博覧会参加レポート
「ぽよよん・ろっく画集」ギャラリー&鑑賞法ですよ!
コミック1巻&4巻発売の「のうりん」海を渡る!?
「神曲奏界ポリフォニカ」サウンドドラマ化決定! 他
夏コミにも這いよっちゃう!?GA文庫グッズ情報♪
いよいよ放送スタート!「織田信奈の野望」アニメ最新情報!
「妹は僕に手を出すなっ!」木緒なち先生インタビュー
GA文庫のお仕事事情。ライトノベルのカバーはこうしてできる!?
ニャル子さん&織田信奈の野望 アニメ最新情報!
GA文庫を売ってない書店さんがあってもいい、というお話
「俺修羅」5巻限定版と、TVアニメ「ニャル子」最新情報!
「ニャル子さん」「ご奉仕」「月見月理解」メディアミックス情報!
GA文庫に日日日先生が登場!そして第4回新人賞・第1弾!
アニメ「這いよれ!ニャル子さん」最新情報一挙公開!
ある出版社の売れ行きの見方と、ネット情報の見方
獲れたて!のうりん情報! ドラマCD新キャストも!?
「GA文庫マガジン Vol.2」&GA文庫電子書籍版情報!
「這いよれ。ニャル子さん」&「織田信奈の野望」アニメ情報。
GA文庫で去年一番売れた本は一体なに?
「俺修羅」小説&コミックで、しゅららら☆キャンペーン開催。
GA文庫のキャラクターグッズ情報&アニメイトフェア
信長は女の子。?「織田信奈の野望」TVアニメ企画進行中
SAN度目の真実。「這いよれ。ニャル子さん」TVアニメ化。
GA文庫「お前のご奉仕はその程度か?」2巻&ドラマCD情報
美少女いっぱい。夢いっぱい。カントクさんポリフォニカ画集。
GA文庫「俺修羅3」発売記念、裕時悠示先生ミニインタビュー
GA文庫「のうりん」 重版&ドラマCD化決定と絶好調。
9月はGA文庫新人賞受賞作が目白押し&新人フェア。
あなたの家に"等身大"サブリナをお届け。もちろん宅配便で。
GA文庫「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」の舞台裏

この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51395970