2013年06月13日

バイファム30周年 ラウンドバーニアン解説本「マスターファイル FAM-RV-S1バイファム」

銀河漂流バイファム30周年 「マスターファイル FAM-RV-S1バイファム」 「マスターファイル ラウンドバーニアン FAM-RV-S1バイファム」【AA】が、アキバでは12日に発売になった。オビによると『バイファム30周年!! 地球型ラウンドバーニアン・バイファムの開発経緯とメカニズムを独自解釈により考察!』で、裏表紙『豊富な描き下ろし画稿と独自解釈を含む詳細な解説文によって徹底紹介』みたい。
-

「マスターファイル ラウンドバーニアン FAM-RV-S1バイファム」【AA】発売
「バイファム30周年!! ――地球型RV(ラウンドバーニアン)・バイファム その開発経緯とメカニズムを独自解釈により考察する一冊!!」

ラウンドバーニアン・フォトファイル 「FAM-RV-S1は軌道上における機動性を充填に置いて設計された。要撃用RVであり、少なくとも全面戦争の開始初期にはその性能においてククト軍のRV(ARV)に対し完全に優勢であった」

FAM-RV-5(ネオファム)「最も早く制式配備されたRVであり、イプザーロン星系開拓初期における防衛任務を担った。その配備期間はすでに20年にも及び、運用現場の信頼も厚い。近代化改修を経て、現在なお稼働中の機体も多い」

ラウンドバーニアン開発経緯  「ベルウィック星地上基地で待機状態にある〈バイファム〉足下周辺には不用意に人が近づかないよう警告投影表示のサークルが見え、一部がスリングパニアーの主翼に映り込んでいるのが分かる」

1983年〜1984年に放送されたアニメ「銀河漂流バイファム」に登場するラウンドバーニアンの解説本「マスターファイル ラウンドバーニアンFAM-RV-S1バイファム」【AA】が、アキバでは12日に発売になり、メロンブックス秋葉原1号店で見かけた。

『銀河漂流バイファム』は、バンダイチャンネルの解説が『SF版「15少年漂流記」である。異星人の襲撃により親とはぐれてしまった13名の子どもたち。地球軍の練習艦ジェイナスに乗り込んだ子どもたちは、みんなで協力しながら艦を操縦して地球を目指す。危険に満ちた宇宙の大海原を越え、子どもたちは両親と再会することが出来るのか!?』という作品で、劇中に登場するロボット兵器「ラウンドバーニアン」は、Wikipediaには『形状的には特徴のない量産兵器というイメージで、その作品を代表するようなデザイン形状ではない。しかし、その兵器としての演出は秀逸で、宇宙空間での戦闘描写では機体各所に装備されている姿勢制御スラスターを頻繁に噴射させて空間戦闘を行う姿は非常にリアリティのあるものとなっており、この演出によって 特に特徴のないデザインの本ロボットを印象づけるものとなっている』とかが書いてある。

今回の「マスターファイル ラウンドバーニアンFAM-RV-S1バイファム」【AA】は、オビでは『バイファム30周年!! 遠き開拓の地に想いを馳せる――「銀河漂流バイファム」に登場した地球型RV(ラウンドバーニアン)・バイファム その開発経緯とメカニズムを独自解釈により考察する一冊!!』を謳い、裏表紙オビは『イプザーロン星系に開拓の手を伸ばした人類。遠き類縁との戦争に際し、地球連邦軍の主力として活躍したラウンドバーニアンとは、いかなる兵器であったのか? バイファムを中心とし、豊富な描き下ろし画稿と独自解釈を含む詳細な解説文によってこれを徹底紹介する』になってる。

ラウンドバーニアン バイファムを中心に地球製RVを徹底研究したマスターファイルシリーズ最新作。
アニメ・特撮メカを実在した兵器として考察するマスターファイルシリーズにラウンドバーニアン バイファムがラインナップ。地球製ラウンドバーニアンとはどのように開発され運用されたのか? その疑問を詳細なイラストと特撮カット、緻密なテキストで紹介。バイファム世界で発売されたラウンドバーニアン専門誌が出版したと言う世界設定のもと、ラウンドバーニアンを徹底解説します。 書籍情報

なお、「マスターファイル ラウンドバーニアンFAM-RV-S1バイファム」【AA】の刊行告知では『当時の作品設定は現在から見てもまったく色あせておらず、「リアルロボット」と呼ばれる作品世界観の本当の意味を教えてくれる。30年が経過した今、これを敢えて独自に考察するのはなぜかといえば、バイファムという作品の優れた部分を我々が再認識することで、作品が持つ可能性を広げることができるかもしれないと思うからだ。今回の書籍は30周年の節目に、読者とかつて抱いていた想いを再び共有する縁(よすが)になるだろう』、『異星系の開拓という一大事業に取りかかるにあたって、地球政府や軍はなにを必要としたか? 異星人の存在が見え隠れしていた入植開始直後、ラウンドバーニアンはいかにして戦線に投入されたのか? 遠く離れた異星系では配備にどのような困難があったか? 本書では、アニメで仄めかされていた情報や設定を掘り下げ、ラウンドバーニアンという存在を徹底的に検証する』、『画稿、CG、特撮写真、テキストのすべてがまったくの描き下ろしだ。あなたにとって未知の「バイファム」をマスターファイルで体感してほしい』とかになってる(刊行告知)。

「マスターファイル ラウンドバーニアンFAM-RV-S1 バイファム」書籍情報

ラウンドバーニアン脚部構造 「ラジアル/スラスト荷重の変化に対応する専用の駆動部」
緊急脱出用ポッド 「緊急時における機体からの離脱は前後のどちらへも可能」
スラスター
「化学ロケットモーターはポッドの4基もあわせて全16器」
FAM-RV-S1
〈バイファム〉
FAM-RV-5-S
〈スーパーネオファム〉
FAM-RV-L7
〈ディルファム〉地上運用機
ラウンドバーニアンの兵装
各種ビームガン
ツインムーバー
外装式推進補助キット
スリングパニアー
地球製RVの飛行機動ユニット


収録内容「ラウンドバーニアン・フォトファイル」「ラウンドバーニアン開発経緯」「ラウンドバーニアンの構造」「RV各機解説」「ラウンドバーニアンの兵装」「スリングパニアー」、「ラウンドバーニアンの運用」と、ショートストーリー「砂漠の雹」・「フェルナンディナの遭難」の約130ページ。

【関連記事】
太陽の牙ダグラム&銀河漂流バイファム超立体作品集 作例展示会 「眼福でした」
スコープドッグ21Cマスターブック 「メカフェチ最高のご馳走!」
防衛省協力 エースコンバットの戦闘機「ASF-X震電II」を実在するかのようにガチ解説
「"名機"可変戦闘機 VF-1バルキリーを味わい尽くす専門書籍」

ボトムズ30周年記念イベント 歴代ATの展示「ウェーブモデラーズミーティング5」開催
花の詩女 ゴティックメード ワールドガイド 「とんでもないガイドブックとなっています!」
1989年公開の国産SFX映画「ガンヘッド」展。撮影用1/8ガンヘッドや画コンテなど
「スコープドッグ分解マニュアル」 AT開発局整備曹長によるマニュアル本の地球語版
1989年公開の特撮映画「ガンヘッド」可変装甲戦闘車両の特設コーナー
サークル時祭組 「メガゾーン23」25周年記念同人誌 2325
ファンが作った「メガゾーン23」23周年同人誌 板野一郎・梅津泰臣インタビューも

【関連リンク】
ソフトバンク クリエイティブ
「マスターファイル ラウンドバーニアンFAM-RV-S1 バイファム」書籍情報
マスターファイル バイファム刊行! 遠き開拓の地に想いを馳せる
マスターファイル バイファムのCGを少しだけお見せしよう!
見本誌が到着!読み応えバッチリな一冊です。バイファム好きにオススメしたい
昨日届いた見本誌を事あるごとに眺めてる。いやーカッコいいなぁ〜
最近のプチバイファムブームって何がきっかけだったんだろう

「銀河漂流バイファム」公式サイト / 各話紹介
サンライズ「銀河漂流バイファム」作品紹介(第1話を視聴可能)
銀河漂流バイファム - Wikipedia
ラウンドバーニアン - Wikipedia
銀河漂流バイファムとは - ニコニコ大百科
銀河漂流バイファム・ジェネレーションズ  13人の冒険の旅を振り返っていきます
バイファム*マニア/sps-v 「銀河漂流バイファム」についてのあれこれサイト
バイファムコンペ バイファムの模型コンペを中心としたホームページ
アニメレビュー「銀河漂流バイファム」
銀河漂流バイファム感想その1
銀河漂流バイファム (83年版)[アニメ]: 感想(評価/レビュー)


マスターファイル ラウンドバーニアンFAM-RV-S1バイファム (マスターファイル シリーズ)マスターファイル ラウンドバーニアンFAM-RV-S1バイファム (マスターファイル シリーズ)
GA Graphic サンライズ

グレートメカニックDX(25) (双葉社MOOK) 宇宙戦艦ヤマト2199公式設定資料集<Earth> 機動戦士ガンダムUCメカニック&ワールドep4-6 (双葉社MOOK) HGUC 1/144 ARX-014 ドーベン・ウルフ (ユニコーンVer.) (機動戦士ガンダムUC) MODEL Art (モデル アート) 増刊 ダブルアール メカニクス 2013年 07月号 [雑誌]

by G-Tools

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51398797